麺屋 猪一 @京都「ミシュラン2018獲得」も長期休業中!理由は?

京都のラーメン店「麺屋 猪一」さんが2017年11月2日から「長期休業」となっています。『ミシュランガイド2018 京都・大阪』でも「ビブグルマン」に選ばれた有名店ですが、なぜ「長期休業」なのでしょうか。実は、新店オープンと関係があるのです。

ということで「麺屋 猪一」さんを見に京都・四条まで行ってきました。

広告

麺屋 猪一 長期休業中!理由は?


麺屋 猪一 長期休業中、訪れた客も途方に暮れる事態に

麺屋 猪一 長期休業中、訪れた客も途方に暮れる事態に

2017年11月7日に発表があった『ミシュラン2018』ですが、京都ラーメンでは「麺屋 猪一」さんと「らぁ麺 とうひち」さんが「ビブグルマン」に選出されました。

しかし、このタイミングで長期休業中のお店があります。

それが「麺屋 猪一」さんです。

麺屋 猪一
らぁ麺 とうひち実食レビューあります

2017年11月7日、京都・四条の「麺屋 猪一」さんの前には、お昼時に訪問してきたお客さんが「あれ?」と途方に暮れる姿が多くみられました。

では、なんで「麺屋 猪一」さんは長期休業しているのでしょうか?

それには理由があります。

麺屋 猪一 長期休業の理由


麺屋 猪一 長期休業のお知らせ

麺屋 猪一 長期休業のお知らせ

実は店頭に「麺屋 猪一 長期休業のお知らせ」という貼紙があります。

それによると・・・・

本日もご来店ありがとうございます。
新店オープン準備のため営業時間が下記の通りになります。
お客様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、
何卒ご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

平たくいうと・・・・

新しいラーメン店をオープンするから、その準備で本店も閉めないと間に合わないのですます

ということです。

なんとなく「本末転倒」な気もしますが、そういうことらしいです。

では、この長期休業の期間はいつまでなのでしょうか?

麺屋 猪一 いつまで休みなの?


新店「麺屋 猪一 離れ」で聞いてきました

新店「麺屋 猪一 離れ」で聞いてきました

ということで、新店まで聞きに行ってきました。

すると・・・・

お店の方 「今週にはオープンさせたいです」

というご返答でした。

つまり、新店「麺屋 猪一 離れ」がグランドオープンするまでは、本店「麺屋 猪一」も休みなので・・・・

「2017年11月11日までは休業の可能性がある」

ということになります。

だが、しかし・・・・

実は、この後日(麺屋 猪一 離れオープン日)にまた確認したところ・・・・

お店の方 「2018年の年明けの再開になりそうです」

とのことで、2018年までは「麺屋 猪一 離れ」のオペレーションが上手になるまで本店はお休みとのことでした。

※新店「麺屋 猪一 離れ」の実食レビューもあります。


京都でも人気のラーメン店の2号店「麺屋 猪一 離れ(めんやいのいちはなれ)」が、2017年11月4日から新店オープンしています。「麺屋 猪一 離れ」さんの場所は佛光寺の前で高辻通沿いになります。「京都のもち豚」をベースに「カツオ or サバ」を合わせたラーメンのお店とのことでした。


麺屋 猪一 基本情報


麺屋 猪一 外観(ただし休業中)

麺屋 猪一 外観(ただし休業中)

さて、「麺屋 猪一」(本店)の場所ですが、河原町の繁華街にある「寺町通」のアーケード商店街の南端に「藤井大丸」の脇を通る道(これも寺町通)があるのですが、その道を南に徒歩5分くらいの所です。

業務スーパーを越えてスグです。

いつも行列ができている超人気店で、昨年も「ビブグルマン」には選出されていました。

新店も徒歩5分くらいの所です。(別途紹介記事があります

京都府京都市下京区恵美須之町528
営業時間:11:30~14時、17:30~22時
定休日:月曜


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。