にぼ玉 @京都・らぁ麺とうひち「限定!にぼしラーメン」実食レビュー

京都のラーメン店「らぁ麺とうひち」さんが10月23日限定で「にぼ玉」のまぜそばをメニューにしていたので食べてきました。「にぼ玉」というのは、煮干しのペーストのことで、これ自体はよくある料理です。

今回はこの「にぼ玉」を使ったまぜそばを食べてきました。

広告

らぁ麺とうひち「限定!にぼしラーメン」


煮干しのペースト「にぼ玉」を使った混ぜそば

煮干しのペースト「にぼ玉」を使った混ぜそば

10月23日限定で、京都のラーメン店「らぁ麺とうひち」さんの「にぼ玉」を食べてきました。

1杯300円なのですが、麺量が150gあるので結構な食べごたえがありました。

にぼ玉」というのは、煮干しのペーストのことで、漁港近くの料理店なんかでも見ることがあるものです。

今回食べたのは、これを混ぜそばに使ったもので、他店でも見ることがありますが、とうひちさんの「にぼ玉」はかなり濃厚なペーストになっていました。

にぼ玉 実食レビュー


にぼ玉の混ぜそば

にぼ玉の混ぜそば

ということで、こちらが「にぼ玉」です。

お値段300円。

お安いので、これだけ食べるというのも気が引けたもので「まぜそば」も頼んだのですが、「にぼ玉」で麺量150gなのでラーメン二杯食べたことになります。

どんぶりの底にタレが入っていました

どんぶりの底にタレが入っていました

そのまま混ぜて食べたり、ラーメンの替玉として使ったりと食べ方はあるのですが、そのまま食べても煮干しが濃厚で、タレも濃口なので「そのまま」がオススメです。

今回は「まぜそばにぼ玉」だったので、同じようなものになってしまいましたが、「にぼ玉+ラーメン」とか「にぼ玉+唐揚げ+ライス」という食べ方の方が良さそうでした。

麺はパツパツした固めの麺で、玉ねぎとネギがアクセントになっています。

にぼ玉は柔らかく食べやすいものでした

にぼ玉は柔らかく食べやすいものでした

生醤油を使っているので、醤油味も強めで、魚が苦手でもたぶん気にならないと思います。

煮干しのペースト「にぼ玉」は、煮干しの味が濃厚にでており、細かく砕いてあるので口の中で引っかかるようなこともなく食べやすいペーストになっていました。

私の年齢になると、どうしても「カルシウム不足」という言葉が気になるのですが、これを食べていたらカルシウム不足になることもないでしょう。

らぁ麺とうひち 基本情報


らぁ麺とうひち 外観

らぁ麺とうひち 外観

ということで、今回は「らぁ麺とうひち 」さんの「にぼ玉」を食べてきました。

食べ終わった後に袖岡さんと、また少し話したのですが、年末に「すまたん」のラーメンイベントに出店されるということでした。

11月は名古屋の「ラーメン女子博」にも出店され、今後は「らぁ麺とうひち」単独出店を増やしていくようです。

店舗情報や他のレビューは本編をご覧ください

京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33−6
営業時間:11時~14:30、18時~21:30
定休日:火曜
Twitter:https://twitter.com/touhichi_ramen


今回の「京都ラーメンブログ」は、京都で一番の有名ラーメン店「第一旭」について、あまり知られていないことをまとめました。以前も「第一旭」については詳細記事を書いていますが、今回はもっと分かりやすくした「第一旭まとめ」になります。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。