京都ネオアキラ系ラーメン @らぁ麺とうひち 限定ラーメンを実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都ネオアキラ系ラーメンの実食レビューです。アキラ系といえば「第一旭」の豚骨醤油(背脂入り)ですが、それを京都のラーメン界のトップランナー「らぁ麺とうひち」さんが作るとどうなるかというチャレンジ企画です。

結論からいえば「第一旭がビックリするほど高級ラーメンになっちゃった!」という驚きの味になっていましたよ!

広告

京都ネオアキラ系ラーメン


らぁ麺とうひち「京都ネオアキラ系ラーメン」実食レビュー

らぁ麺とうひち「京都ネオアキラ系ラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都市北区の人気大行列ラーメン店「らぁ麺とうひち」さんへ行ってきました。

実は限定で「京都ネオアキラ系」が2017年8月24日夜と25日昼のみに販売されるということで、「とうひち」さんの作るアキラ系(旭系)とはどのようなものになるのか興味津々だったのです。

京都市北区の玄琢下にある「らぁ麺とうひち」さんというお店は行くたびに「驚きと発見」があるお店で、まさに京都ラーメン界の龍とも言えるお店ですが、その妥協のないラーメン作りと、アイデアを考えつくしたラーメンにはいつも尊敬するものがあります。

なお「らぁ麺とうひち」さんとはオープン前からのお付き合いで、ネットで初めてお店を紹介したのは「osumituki.com」です。

実際にオーナーの袖岡さんに色々とお話を聞きながら食べてきましたよ。

※とうひちの記事一覧はこちらでご覧ください。

限定ラーメン 実食レビュー


8/24~25限定「京都ネオアキラ系豚清湯醤油らぁ麺 800円」

8/24~25限定「京都ネオアキラ系豚清湯醤油らぁ麺 800円」

さて、18時くらいの平日でも「らぁ麺とうひち」さんは行列のできるラーメン店です。

いわゆる行列のできる人気店ですが、今日は8/24~25限定「京都ネオアキラ系豚清湯醤油らぁ麺 800円」の販売日でもあります。

券売機で800円のチケットを買って、店員さんに「限定で」と発注することで食べることができます。

京都ネオアキラ系豚清湯醤油らぁ麺 800円

京都ネオアキラ系豚清湯醤油らぁ麺 800円

行列は数名でしたので待ち時間は10分ほどでした。

店内は明るくおしゃれな雰囲気なので女性ひとりでも食べててまったく違和感がなく、かつラーメンすべてが上品であるため老若男女に愛されるお店です。

当日もラーメンマニアから近所のご家族ご年配の方々まで多くの方がラーメンを楽しんでいらっしゃいました。

豚・豚骨100%のベースに特徴ある生醤油がめぐり合いました

豚・豚骨100%のベースに特徴ある生醤油がめぐり合いました

ベースは豚肉・豚骨100%の清湯スープです。

これは第一旭が「豚骨スープ」であるためですが、第一旭のケモノ臭が特徴のスープからいらない部分だけをサッパリ取り除いた極上の清湯になっていました。

やはり単純な「アキラ系インスパイア」で済ましてくるわけがないと思いましたが、スープを飲んでその美味さにビックリしてしまいます。

アキラ系は「五光醤油」を使いますが、とうひちでは生醤油を使います

アキラ系は「五光醤油」を使いますが、とうひちでは生醤油を使います

さらに、カエシは「らぁ麺とうひち」のオリジナルで生醤油を使っています。とうひちさんといえばオープンから生醤油を使っていますので、これで「らぁ麺とうひち」のDNAがアキラ系に注がれたと言えるでしょう。

アキラ系というのは「五光醤油」を使うのですが(袖岡さんに教えてもらいました)、それだと味が似すぎてしまうので、コクと香ばしさのある「生醤油」を使うことでオリジナリティを確保したということです。

この組み合わせがまたかなり美味しくて、今まで味わったことのないオンリーワンのスープになっていました。

コクのあるスープには固めの麺が合うという鉄板組み合わせ

コクのあるスープには固めの麺が合うという鉄板組み合わせ

生醤油を使うので味は濃いめになりますが、となると合うのはコシのある細麺です。

今回は自家製麺で加水率29%という低加水麺を使っていました。(通常は35%くらい)

これがスープとよく合っており、お世辞抜きで「う、うまい・・・・」と言わざるをえない組み合わせになっていました。

ちなみに麺のブレンドは「近藤製麺(ラーメン藤)」のインスパイアで、オーナーの袖岡さん曰く・・・・

袖岡さん 「近藤製麺インスパイアすぎて、食べると(分かる人は)笑っちゃうくらいだと思います」

とのことでした。

チャーシューはかなりでかく、大小あわせて4かたまりほど入っていました

チャーシューはかなりでかく、大小あわせて4かたまりほど入っていました

さて「アキラ系」といえば薄切りチャーシューです。

豚肉の香りがものすごくするチャーシューが定番ですが、とうひちさんではあえて・・・・

ビッグチャーシューになっていました。

それも豚肉の良い部分だけの香りを出すという相変わらずのテクニックで、上品すぎるチャーシューになっていました。

うーん、やっぱり「らぁ麺とうひち」さんというのはスゴイ店というのが再確認できました。

らぁ麺とうひち 基本情報


らぁ麺とうひち 外観

らぁ麺とうひち 外観

ということで、なにをとっても「ネオ」だと言い切って良いラーメンでした。

京都ネオアキラ系ラーメン

食べ終わった後に袖岡さんに「これはレギュラーでいけますよ」とプッシュしておきました。

なお、この後にものすごい情報を彼にいただくのですが・・・・

これはまたの機会にでもお話しましょう。

店舗情報や他のレビューは本編をご覧ください

京都府京都市北区大宮北箱ノ井町33−6
営業時間:11時~14:30、18時~21:30
定休日:火曜
Twitter:https://twitter.com/touhichi_ramen


今回の「京都ラーメンブログ」は、京都で一番の有名ラーメン店「第一旭」について、あまり知られていないことをまとめました。以前も「第一旭」については詳細記事を書いていますが、今回はもっと分かりやすくした「第一旭まとめ」になります。



京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。