タンポポ @京都・紫野「一味のかかったラーメン」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、北区紫野にあるラーメン店「タンポポ」さんです。一味唐辛子が大量にかかったラーメンは辛くないという珍しいラーメンです。伊丹十三監督作品「タンポポ(1985年)」とは関係ないのですが同じ名前です。

佛大エリアで、この辺りは中堅のラーメン店が多い場所でもあります。

広告

京都・紫野「一味のかかったラーメン」実食レビュー


京都市北区紫野にある老舗ラーメン店「タンポポ」さん

京都市北区紫野にある老舗ラーメン店「タンポポ」さん

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都市北区紫野にある老舗ラーメン店「タンポポ」さんへ行ってきました。

創業は1947年だそうですが、現在の店舗はマンション「UKハイム北山」の1階にあります。

京都に来てラーメンを食べ歩き始めてから結構最初に来たお店のひとつで、一味唐辛子がたっぷりかかったラーメンはインパクトがありました。

一味唐辛子がたっぷりかかったラーメンはインパクト大

一味唐辛子がたっぷりかかったラーメンはインパクト大

唐辛子といっても色々あって、辛くないものもあります。

こちらで使われている一味唐辛子は見た目と全然違って辛くないので、汗をかくこともありません。

スープは豚骨ですが一味の苦みが効いており独特のスープになっています。

京都ラーメンらしく下にはお皿がありました

京都ラーメンらしく下にはお皿がありました

京都ラーメンらしく下にはお皿が敷いてあります。(最近のお店では見ません)

麺は写真だとわかりませんが細麺です。一般的な京都ラーメンの中太ストレート麺よりもかなり細く感じます。

チャーシューは沈んでいました。

トッピングは「チャーシューネギ一味唐辛子メンマ」と色々入っています。

味は苦めなので、メンマの甘みがちょうど良い口休めになりました。

タンポポ 基本情報


タンポポ 外観

タンポポ 外観

タンポポというと伊丹十三さんの脚本・監督で監督作品としては2作品目の「タンポポ(1985年)」が思い浮かびます。

実際に映画のモデルになったのは「荻窪ラーメン」で、東京のラーメン店「佐久信」と「春木屋 軽井沢店」ですが、伊丹十三さんは京都のラーメン店も食べ歩いていたようです。

伊丹十三監督は、主演の宮本信子さんをバイクの後ろに乗せてラーメンを食べて、お店の雰囲気を宮本さんに感じ取ってもらっていたという映画記事もあります。

壬生にあるラーメン店「珍元」さんにも伊丹十三さんが取材に来たとされますが、紫野の「タンポポ」さんは特に映画とは関係ないようです。

京都府京都市北区紫野西蓮台野町57
営業時間:11:30~23時(LO 15分前)、11:30~15時(日曜)、17時~21時(日曜)
定休日:元旦


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。