家系ラーメンのつけ麺 @京都「二代目 麺家 あくた川」実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、家系ラーメンの「つけ麺」を食べてきましたので実食レビューします。関西は家系ラーメン店がまだ少ないので、家系ラーメンのつけ麺もまだ珍しいメニューです。

ということで、家系ラーメンのつけ麺がある京都「二代目 麺家 あくた川」さんへ行ってきました。

広告

家系ラーメンのつけ麺


京都にある「二代目 麺家 あくた川」さん

京都にある「二代目 麺家 あくた川」さん

今回の「京都ラーメンブログ」は、家系ラーメンでは珍しい「つけ麺」を食べてきました。

お店は、京都の立命館大学東門ダッシュで0.5秒の「二代目 麺家 あくた川」さんで、こちらでは出身ラーメン店(武蔵家)で仕事の終わりに食べていた「しめそば」を参考にした「家系ラーメンのつけ麺」を限定メニューとして販売しています。

券売機に「小次郎(限定麺)」と書かれたメニューで、さっそく食べてみることにしましょう。

家系つけ麺 実食レビュー


限定麺 小次郎(800円)

限定麺 小次郎(800円)

こちらが「限定麺 小次郎(800円)」です。

要するに・・・・当たり前ですが

家系ラーメンの「麺・トッピング」と「スープ」が別々に出てくる「つけ麺」です。

こちらがスープです

こちらがスープです

あくた川」さんは東京の武蔵家出身オーナーですが、関東風の味付けが京都風にアレンジされています。

関西はお出汁文化なので、ベースのコクを上手に出した濃厚な「つけ汁」になっており、醤油辛さも控えめになものになっています。

つけ麺は、本来のラーメンよりやや辛め(濃いめ)に作られていますが食べやすくコクのあるスープです。

麺は家系の定番「酒井製麺」です

麺は家系の定番「酒井製麺」です

あくた川」さんは、吉村家からの流れをくむ家系ラーメン店なので、麺はもちろん「酒井製麺」を使っています。

平打ちの太麺を水でしめており、水切りもきちんとされている麺でした。

夏になると「つけ麺」を食べたくなりますが、夏には普通の家系ラーメンよりも食べやすいと思います。

二代目 麺家 あくた川 基本情報


二代目 麺家 あくた川 基本情報

二代目 麺家 あくた川 基本情報

さて「二代目 麺家 あくた川」さんの場所ですが、平野神社北野天満宮金閣寺といった観光名所から少し歩きますが、ついでに寄れそうな場所にあります。

京都市バスでも「立命館大学前」で下車すれば、そんなに遠くありません。

有名な観光名所「龍安寺」も徒歩5分くらいなので、観光ついでに立ち寄れると思います。

京都府京都市北区小松原北町69−5
営業時間:11:30~15時、17時~21時
定休日:日曜
Twitter:https://twitter.com/akutagawa_002


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。