ラーメン横綱 外大前店 担々麺 @京都で期間限定メニュー 実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都のラーメン横綱さんで期間限定メニュー「担々麺」を食べてきました。「麻辣担々麺(まーらーたんたんめん)」と「濃厚胡麻担々麺」があり、どちらも790円です。

今回は「濃厚胡麻担々麺」を食べてきましたので実食レビューします。

広告

京都でラーメン横綱「期間限定メニュー」実食レビュー


「ラーメン横綱」さんの期間限定メニュー「担々麺」

「ラーメン横綱」さんの期間限定メニュー「担々麺」

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都が発祥のラーメン店「ラーメン横綱」さんの期間限定メニュー「担々麺」を食べてきましたので、実食レビューします。

京都以外の方だと、京都ラーメンといえば「天下一品」と「ラーメン横綱」が思い浮かぶと思いますが、どちらも京都では本流の京都ラーメンではなく、京都ラーメンの歴史の中では後発組にあたる存在です。

そのため、どちらも限定メニューなど工夫をこらしたメニューを期間限定で販売して頑張っていたりします。(天下一品の限定メニュー例はこちらです

担々麺 実食レビュー


濃厚胡麻担々麺 790円

濃厚胡麻担々麺 790円

今回は京都の「ラーメン横綱 外大前店」さんに食べに行ってきました。

担々麺は2種類あって「麻辣担々麺(まーらーたんたんめん)」と「濃厚胡麻担々麺」があり、どちらも790円という価格設定です。

麻辣担々麺(まーらーたんたんめん) 790円
濃厚胡麻担々麺 790円

当然ですが「麻辣担々麺」の方が辛いはずなので、辛くなさそうな「濃厚胡麻担々麺」の方を選んでみることにしました。

ミンチは思ったより少なめで、黒ゴマが意外でした

ミンチは思ったより少なめで、黒ゴマが意外でした

出てきた感じの見た目では「担々麺」っぽい雰囲気のラーメンで、普通のラーメンに辛みとゴマペーストが追加されたものでした。

ミンチは少な目で、スープに沈んでしまうためか、ミンチ専用のスプーンが付いているのが特徴的です。

あとは「黒ゴマ」が使われているのが珍しいですね。

ものすごく辛いスープでした

ものすごく辛いスープでした

さて、スープなのですが「ゴマ」の香りのするスープで担々麺らしい味わいなのですが、これ実はかなり辛い刺激の強いものになっていました。

汗はさほど出ないのですが、舌がヒリヒリするタイプの辛さで、もうひとつの「麻辣担々麺」はたぶん食べられないほど辛いのかもしれません。

麺はいつものストレート麺でした

麺はいつものストレート麺でした

とはいえ、横綱はスープがおいしいので、ゴマ風味との相性もなかなか合っていると感じました。

これでもう少し辛味を抑えてあれば食べやすいと思いました。

そのため、スープを全部飲むのはちょっと無理な辛さだったのが少々残念でした。

ラーメン横綱といえばネギ入れ放題


ラーメン横綱といえばネギ入れ放題

ラーメン横綱といえばネギ入れ放題

ラーメン横綱といえばネギ入れ放題です。

今のところ京都では「ラーメン横綱」さんと「ラーメン魁力屋」さんが、ネギ入れ放題になっています。

ネギ好きなので、このサービスはかなり嬉しいサービスです。

ラーメン横綱 外大前店


ラーメン横綱 外大前店 外観

ラーメン横綱 外大前店 外観

今回は「ラーメン横綱 外大前店」さんで実食レビューとなりました。

こちらは駐車場がないので行きづらいお店なのですが、京都って市内の下半分にしか「ラーメン横綱」はないので、ここが最寄りということだけです。

自動車で行くのであれば、駐車場のある「桂五条店」か「吉祥院店(本店)」まで足をのばした方が良いでしょう。

広告


キンレイ お水がいらないラーメン横綱X12袋 冷凍食品

京都府京都市右京区西院東貝川町19
営業時間:11時~朝5時
定休日:元旦
URL:http://www.4527.com/shop/gaidai.html


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。