六傳屋(ろくでんや)@京都ラーメン・先斗町で担々麺を実食レビュー

今回の「京都ラーメン」は京都先斗町(ぽんとちょう)で「紅麻辣担々麺 880円」と「汁無し担々麺 880円」を食べてきましたので実食レビューしたいと思います。お店は「六傳屋(ろくでんや)」さんという所で夜営業のみの中華系飲み屋さんです。

すっぽん鍋もある和風のお店ですが中華料理店というカテゴリーの不思議なお店でした。

広告

京都・先斗町にある「六傳屋(ろくでんや)」で担々麺を食べてきました


薄暗い京都の裏通り(先斗町)でキラリと光る組み合わせの看板

薄暗い京都の裏通り(先斗町)でキラリと光る組み合わせの看板

今回の「京都ラーメンブログ」は、我々が一番苦手としている御池通より南で繁華街である「河原町先斗町」で京都ラーメンを食べてきました。

食べたのは「担々麺・すっぽん鍋」と店頭に書かれているお店で「どんな組み合わせ?」という感じですが、先斗町の飲み屋さんです。

お店の名前は「六傳屋(ろくでんや)」さんと言います。

中華料理の飲み屋なのでラーメンもあります

中華料理の飲み屋なのでラーメンもあります

中華料理の飲み屋さんなので小皿もありメインは「すっぽん鍋・モツ鍋」のようですが「担々麺ラーメンチャーハン餃子」もあったりするのです。

今回は「紅麻辣担々麺 880円」と「汁無し担々麺 880円」を実食レビューします。

担々麺・汁なし担々麺 実食レビュー


紅麻辣担々麺 880円

紅麻辣担々麺 880円

紅麻辣担々麺 880円」はミンチ・ニラ・ゴマが入った平打ち麺の担々麺になっていました。

紅・黒の二種類あり、こちらは麻辣醤(マーラージャン)を使った辛いタイプと思いきや、意外に辛くなくあっさりした味付けになっていました。

お客さんの多くは外国人観光客ということもあり、場所が木屋町であることから辛すぎるものは出しづらい立地ではありますので、こういう味付けなのかなと思いました。

汁なし担々麺 880円

汁なし担々麺 880円

汁なし担々麺 880円」は「もやし・ピーナッツ・ニラ・ミンチ・にんにくチップ・黒ゴマ・白ゴマ」などが入ったものです。

底に辛いタレが入っており混ぜて食べるのですが、こちらもそんなに辛いものではなく食べやすいものでした。

ミンチも甘味があっておいしいのですが、ピーナッツはそのまま入っており風味などはあまり感じません。ピーナッツは砕いたものが良いかもしれません。

卓上の麻辣醤(マーラージャン)で辛さは調節できます

卓上の麻辣醤(マーラージャン)で辛さは調節できます

辛さが物足りなければ、卓上の麻辣醤(マーラージャン)で辛さは調節できます。

これは焦がしたネギゴマで作られた食べるラー油のようになっていました。

お焦げが好きな方だと結構気に入るかもしれない感じで、私はおこげが好きなのでこれは気に入りました。

六傳屋(ろくでんや)先斗町店 基本情報


六傳屋(ろくでんや)先斗町店 基本情報

六傳屋(ろくでんや)先斗町店 基本情報

ということで、今回は「六傳屋(ろくでんや)先斗町店」さんに行ってきましたので実食レビューしてみました。

辛さはさほどないので西洋人や子供でも食べられますが、基本飲み屋で夜営業だけです。

場所は外国人観光客が多い「先斗町(ぽんとちょう)」で、お客さんもほとんどがアジア系の外国人観光客でした。

バイクはすぐ近くに「先斗町バイク駐車場」があり1日250円で駐輪できます。自転車も「先斗町自転車駐車場」が木屋町通沿いにありますのでそちらを使ってください。

京都府京都市中京区下樵木町199
営業時間:17時~23時(LO22時)
定休日:無休
URL:http://kiwa-group.co.jp/restaurant/304/
Facebook


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。