らぁ麺とうひち @京都・北区大宮の超人気ラーメン店で「鶏油まぜそば」を実食レビュー

今回の「京都ラーメンブログ」は京都・北区大宮の超人気ラーメン店「らぁ麺とうひち」さんです。何度も食べに行っているお店ではありますが、常に進化を続けるこだわりのお店で京都ナンバーワンの呼び声も高い超人気ラーメン店です。今回はまた少し進化した「鶏油まぜそば」を実食レビューします。

結論からいえば「やっぱ、とうひちさんはウマイ」です。

広告

らぁ麺とうひち @京都・北区大宮の超人気ラーメン店に行ってきました


らぁ麺とうひち ひさしぶりに食べに行ってきました

らぁ麺とうひち ひさしぶりに食べに行ってきました

今回の「京都ラーメンブログ」では、ひさしぶりに京都の北区大宮の超人気店「らぁ麺 とうひち」さんに実際に食べに行ってきたので実食レビューします。

食べたのは「鶏油まぜそば」で、レアの鶏肉と鶏油を混ぜていただくラーメンです。

常に行列のできるお店としても知られており、なかなか入れる機会がなかったのですが、店主さんから「食べに来てね♪」と年始に言われていたのを思い出して、急きょ食べに行ってきました。

行ったのは平日木曜の時間は20:30頃、さすがに閉店間近だったのでカウンターが空いていましたが、その後に閉店間近でも続々と後客が来て、みるみるうちに満席になるというスゴイお店です。

なお「らぁ麺 とうひち」さんといえば当ブログでネット最速記事(オープン前から密着)を書かせていただいたお店でもあります。

ウマイと噂の「まぜそば」を実食レビュー


鶏油まぜそば(750円)とトッピングの辛味ミンチ(100円)

鶏油まぜそば(750円)とトッピングの辛味ミンチ(100円)

食べたのは「鶏油まぜそば(750円)」です。

発売された頃は「すき焼き風味」な味だったのですが、今は改良が重なり鶏の風味が出ているものになっていました。

具材は「レア鶏肉ネギシナチク」という構成で、当初は「混ざるのかな?」と思いましたが、レアの鶏肉が想像以上に柔らかくすんなりと混ざってくれました。

※ちなみに、発売当初は鶏肉ではなく豚肉で、価格も700円でした。

左横にあるのは「辛味ミンチ(100円)」です。

ミンチは本来は白湯用ですが、これを混ぜることで「台湾まぜそば」のように食べることが可能なのです。

辛味ミンチは食べるラー油みたいで丁寧な仕事をする「とうひち」さんらしい逸品です

辛味ミンチは食べるラー油みたいで丁寧な仕事をする「とうひち」さんらしい逸品です

「らぁ麺とうひち」さんが京都でここまで流行っているのは、その丹念な職人気質の仕事ぶりにあります。

京都というのは、美味しいだけではダメな土地柄で、仕事の品の良さというものを大事にしているお店が流行っています。

「まぜそば」も「辛味ミンチ」も見ただけで分かる丹念な作業の上でのもので、ミンチも単なるミンチではなく「食べるラー油」のような複雑ながらも最終目的にまっしぐらと猛突進していくようなものになっていました。

麺はデフォルトだと「テイガク」のものですが自家製麺を指定することもできます

麺はデフォルトだと「テイガク」のものですが自家製麺を指定することもできます

らぁ麺 とうひち」さんといえば自家製麺ですが、一部で「テイガク」の麺が使われています。

「鶏油まぜそば」は何も言わなければ「テイガク」の麺で出てきますが、オススメはやっぱりこだわりの自家製麺です。(今回はテイガクの麺にしてあります)

最初はミンチを混ぜないで本来の味を楽しみましたが、やはり安定のおいしさは「まぜそば」でも健在で、高級店で食べる超優等生なラーメンとなっていました。

追加トッピングのミンチを混ぜると台湾まぜそばになります

追加トッピングのミンチを混ぜると台湾まぜそばになります

ミンチを混ぜることで「台湾まぜそば」にもなります。

ミンチは甘さよりも辛さが出ているので、結構辛いものになりますが、香ばしいミンチの味がさらに食欲を誘うので、この組み合わせは結構オススメだなと思いました。

らぁ麺とうひち「まぜそば」実食レビュー まとめ


らぁ麺とうひち「まぜそば」実食レビュー まとめ

らぁ麺とうひち「まぜそば」実食レビュー まとめ

ということで「らぁ麺とうひち まぜそば」の実食レビューでした。

実は「まぜそば」は2015年5月14日に一度食べているのですが、そのころから味がだいぶ洗練されて変わっていました。

以前は「甘味と辛さに油のコクが出たすき焼き風味」でしたが、今は「鶏の風味に上品な醤油の香り」というものになっています。

とうひちの最大の武器は「地鶏と生揚げ醤油」というベースがどの商品にもあって、そこからさらにバリエーションを広げたものであることです。そのため、進化しても味がブレないというのが、とうひちさんの最大の特徴であり人気の秘密なのです。

今回は、これに「辛味ミンチ」を追加して、台湾まぜそば風に変えて食べてみたのですが、ミンチも上品な高級料理店のようなミンチで優雅な台湾まぜそばを食べたような感覚になり満足いくものでした。

京都では一押しのラーメン店なので(遠いけど)、一度は行かれてみるのをオススメします。

http://osumituki.com/hack/38575.html


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。