金閣寺エリアのラーメンまとめ 京都・金閣寺エリアが新たなラーメン激戦区に!

今回の「京都ラーメンブログ」では、2016年からラーメン店の進出が目立つ「京都・金閣寺エリア」のラーメン店をまとめます。まだラーメン店は多くありませんが、観光客と学生が多いエリアでラーメン店の立地としては申し分ありません

この金閣寺エリアは、ターゲット客層を外国人と学生に絞った経営であれば長続きする可能性が高いエリアとも言えます。

広告

京都のラーメン激戦区


代表的な京都ラーメン(第一旭寺田店)

代表的な京都ラーメン(第一旭寺田店)

京都には古くから京都ラーメンと呼ばれるラーメンがあり、主に「第一旭ますたにラーメン藤」さんなどのラーメンがあります。

一番の激戦区はだいぶ前から「四条~河原町~祇園」などの四条エリアで、ラーメン店舗数で言えば京都ではダントツの出店数となっています。

もうひとつ古くからあるラーメン激戦区が有名な「一乗寺エリア」です。

京都を代表するラーメン激戦区

京都を代表するラーメン激戦区

四条エリア ※店舗数最大
一乗寺エリア ※有名な激戦区

細かいことをいえば、他にもラーメン店が軒を連ねるエリアはまだあるのですが、京都でラーメン店をウォッチしていると、ここ1年~2年でラーメン店の出店が目立つエリアがあります。

それが・・・・

金閣寺エリアです!

京都・金閣寺エリアが新たなラーメン激戦区に!


白く積もった雪の金閣寺

白く積もった雪の金閣寺

京都の金閣寺は京都市北区にあり、電車でのアクセスができないことから観光バスなどの団体客がツアーで訪れることが多いエリアです。

そのため「金閣寺北野天満宮平野神社今宮神社大徳寺」といった著名な寺社仏閣がありながら、観光地らしい雰囲気は金閣寺周辺に限定されてきました。

京都・金閣寺エリアと佛大エリアのラーメン店

京都・金閣寺エリアと佛大エリアのラーメン店

しかし、このエリア付近には古くから「ラーメンタンポポ」さんなどの老舗がある「佛大エリア」が存在し、京都のベストラーメンにも選出された「とうひち」さんがオープン(2015年)した頃から賑わってきているのが感じられます。

そんな中、金閣寺エリアも立命館大学があることから「等持院ラーメン 円満や麻婆家二代目あくた川」さんなどが続けて出店しているのです。

二代目 麺家 あくた川(2016年11月3日オープン)


濃厚な豚骨スープの家系ラーメン(二代目あくた川)

濃厚な豚骨スープの家系ラーメン(二代目あくた川)

京都の立命館大学東門徒歩5秒のところにある「二代目 麺家 あくた川」さんは、2016年11月3日にオープンしたばかりの新店です。

同支社前の本店と同じく、オープンから連日の行列ができるお店となっており、京都にも家系ラーメンが確実に根付いていると感じられます。

スープは関東から進出したため京都では濃口の濃厚さを残しつつ、以前よりもマイルドなものに変化しています。麺は酒井製麺です。

価格は650円~です。

駐車場はなし、自転車・バイクは隣の家屋前に駐車可能ですが行列が伸びているのでやや入れづらいかと思います。

京都府京都市北区小松原北町69−5(地図
営業時間:11:30~15時、17時~20時
定休日:日曜
Twitter:https://twitter.com/akutagawa_002

実食レビューは以下をご覧ください。


京都の家系ラーメン最新店「二代目 麺家 あくた川」が2016年11月3日にオープンします!現在は場所が決定したようで、なんと京都の立命館大学近く「馬代通」の「衣笠」のところです。


等持院ラーメン 円満や(2016年5月26日オープン)


京都ラーメンのかなり濃厚なタイプで他にあまりない味わいが特徴的です

京都ラーメンのかなり濃厚なタイプで他にあまりない味わいが特徴的です

京福電気鉄道北野線「等持院駅」すぐ近くにオープンした「等持院ラーメン 円満や」さんは、016年5月26日にオープンしました。

スープが特徴的で、京都ラーメンのようでそうではない濃厚なスープは甘みと辛さが同居するユニークな味わいになっています。

一度食べるとクセになる味で、場所的に空いていることも多く行けば食べられるのも魅力です。

価格は650円~700円です。

駐車場はありませんが、バイク・自転車は店前に2台ほど停めることが可能です。

京都府京都市北区等持院西町15−4(地図
営業時間:11時~22:30
定休日:水曜
URL:http://enmanya.grupo.jp/

実食レビューは以下をご覧ください。


等持院ラーメン円満やが2016/5/26に京都市北区の京福電気鉄道北野線「等持院駅」すぐ北側に新規オープンします。5/20時点で「等持院ラーメン円満や」の幕が張ってあり、メニュー表やオープン時間などが告知されていました。価格はラーメン650円です。


紫蔵(2011年10月6日オープン)


京都最強家系ラーメン「紫蔵」 並700円

京都最強家系ラーメン「紫蔵」 並700円

家系ラーメンの雄である「紫蔵」さんは、2011年に平野神社北西角に移転してから行列が続く家系ラーメンの代表的なお店です。

マイルドでバランスの良いスープはバラつきがあるものの京都の方に合わせたものになっています。麺は酒井製麺です。

価格は700円~です。

駐車場はありません(店頭には停めないでください)。ミニバイク・自転車は店左横に若干停めることが可能です。

京都府京都市北区平野宮北町14(地図
11時~15時、18時~22時
定休日:水曜
Twitter:https://twitter.com/shikuraxkyoto

実食レビューは以下をご覧ください。


京都の紫蔵(しくら)で家系ラーメンを食べてきたので評価・実食レビューします。これまでも紫蔵は紹介していますが単体記事で紹介するのは初めてです。紫蔵は京都最強家系ラーメンと言われる有名店で行列ができることでも知られています。


ラーメンKAZU 金閣寺店(2005年8月オープン)


観光地・金閣寺にある「ラーメンKAZU 金閣寺店」

観光地・金閣寺にある「ラーメンKAZU 金閣寺店」

あっさりとコッテリのラーメンがある「ラーメンKAZU 金閣寺店」さんは、2005年から金閣寺の南100メートルほどのところで営業しているお店です。

京都ラーメンというよりも京風ラーメンのお店で、観光客がターゲットなのでビジュアルには気を使っている感があります。餃子や焼き飯のセットもあります。

価格は600円~です。

駐車場はありません(北の氷室道の西や店の南にコインパーキングがあります)。ミニバイク・自転車は駐車はできません。

京都府京都市北区衣笠総門町10−3(地図
11時~15時
定休日:無休
URL:http://kazu-no1.seesaa.net/

麻婆家 麻婆豆腐と担々麺(2016年11月15日オープン)


京都・金閣寺の近くにある「特濃旨辛クリーミー担々麺」

京都・金閣寺の近くにある「特濃旨辛クリーミー担々麺」

本格的な四川マーボー豆腐の専門店「麻婆家」さんは、2016年11月15日にオープンしたばかりで、ラーメン(担々麺)もありオススメのお店です。

特濃旨辛クリーミー担々麺」はスープの完成度が高く、マイルドな辛さにゴマペーストとピーナッツに刻みネギの香りがヤミツキになる一杯となっています。

価格は900円~ですが、雨の日は割引だったり、食事の写真をSNSに投稿したりすると半額券が会計時にもらえるなどのキャンペーンが多いので「Twitter」はこまめにチェックすると良いでしょう。

駐車場はありません(北の氷室道の西や店の南にコインパーキングがあります)。バイク・自転車は入口手前のスペースに若干置けます。

京都府京都市北区北区衣笠総門町9-1(地図
営業時間:11:30~15時、17時~20時
定休日:不定休(大雨の日は休むことあり)
URL:http://ameblo.jp/ayuma1108/
Twiter:https://twitter.com/bt4Vpg6U6Mr2R9P
Facebook:https://m.facebook.com/mabotantan/

実食レビューは以下をご覧ください。


ピーナッツ香る極上の担々麺京都・衣笠は金閣寺の近くにあります。それが四川麻婆豆腐専門店麻婆家さんの「特濃旨辛クリーミー担々麺」です。毎日限定15食というグルメで、平日の昼過ぎにはすでに7食もでており人気のほどがうかがえます。


金閣寺エリアラーメン まとめ


金閣寺エリアは学生と観光客がメインターゲットとなる場所です

金閣寺エリアは学生と観光客がメインターゲットとなる場所です

金閣寺エリアは、昼間は観光客が多く、昼~夜は学生が多いエリアです。

これまであまりラーメン店の進出はありませんでしたが、2016年になってから金閣寺界隈で3店舗のラーメンを提供するお店が新店オープンし始めています。

観光地ということもあり、近隣住民がこの付近で食事をするというのはあまり見かけないのですが、ターゲット客層を外国人と学生に絞った経営であれば長続きする可能性が高いエリアです。

少し北の佛大エリアでは有名店で2015年オープンの「とうひち」さんに、映画「タンポポ」のモデルにもなった老舗「タンポポ」もあります。

また、少し南には2016年12月3日にオープンしたばかりの「麺屋MIYAKO」さんに、老舗の「ラーメン親爺」もある花園エリアもあります。

2016年~の新店オープンという視点でいえば、この金閣寺エリアはラーメン店の新規進出が期待できるエリアとも言えます。

また「紫蔵 vs あくた川二代目」という家系ラーメン戦争も金閣寺が舞台になっていたりします!


2016年末から京都で熾烈な争いを繰り広げているのが「紫蔵」(しくら)さんと「二代目 麺家 あくた川」さんです。京都の家系ラーメン王者の地位を賭けた負けられない戦いが始まっており、京都の金閣寺・平野神社前エリアはにわかに賑わっています。


このエリアには他にもラーメンが食べられるお店がありますので、以下に列記しておきます。

・麺屋MIYAKO(実食レビュー
・北京亭 西店(地図
・美濃屋(地図
・天下一品 白梅町店(地図
・まあご(地図
・ラーメン大てつ(地図


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。