京都ラーメンとは?京都でラーメン店をオープンする際に知っておきたいこと

京都ラーメンというとひとつのブランドです。しかし、ネットでよく見かける京都ラーメンの情報は「食べる側から見た」まとめばかりで突っ込んだ記事は少ないのが実情です。そこで今回は京都でラーメン店をオープンするならという「出店者(オーナー)視点」で考えてみたいと思い、これまでメモしてきたことを公開することにしました。

また、京都のラーメンについてもあまり知られていないことを書けたと思います。

広告

京都でラーメン店など飲食店を新店オープンする際に知っておきたいこと


東京や大阪には店舗数で負けますが「京都ラーメン」は話題性が高いラーメンです

東京や大阪には店舗数で負けますが「京都ラーメン」は話題性が高いラーメンです

京都ラーメンブログ」や「京都案内」を書いていると、多くのお店に立ち寄る機会があります。

その際に気がついたことはすべてメモしていて「ラーメン店とはこうあれば良いのでは?」ということをメモしてきました。

また、新規オープンする京都のラーメン店の中には京都のことをよく知らずに出店している事例もあります。

そこで先に京都のラーメンについて軽くまとめた後に、気がついたことなどを書いていきたいと思います。

京都はラーメンが多様化している


京都ラーメンは多様化しています

京都ラーメンは多様化しています

いきなり「京都ラーメン」の話になりますが、一般的に「京都ラーメン」というと京都にあるラーメン店という意味合いで使われていることの方が多いと言えます。

つまり「京都ラーメン」というブランド化ですが「ラーメンの種類として使われることの方が少ない」ようです。

原因は京都ではラーメンの種類が多く、多様化しているからです。

ただし「味噌ラーメン」だけは京都にはほとんどありません。

京都ラーメンとはどんなジャンルのラーメンなのか


京都ラーメンというと鶏スープや背脂豚骨など

京都ラーメンというと鶏スープや背脂豚骨など

京都ラーメンの王道といえば背脂醤油ラーメンですが、ベースの出汁は「鶏ガラ・丸鶏」などの鶏系が基本です。「新福菜館」とか「珍遊」に「ますたに」なんかは鶏ガラですね。

第一旭(アキラ系)というのもあり、これは豚骨ベースのラーメンです。

鶏と豚を合わせたスープの系統もあり、京都でラーメン好きなら「宝屋系」などが思い浮かぶことでしょう。

ベースの味に違いはあれど、京都ラーメンといえば「背脂醤油」というのが定番と言えます。

背脂は油分が抜けた出がらしで、脂っこくないのが「京都ラーメン」の特徴です。

・ベースの味が強め
・カエシは薄口醤油でベースの味を損なわない味付け
・ベースの味は「鶏ガラ」が王道
・第一旭のように「豚骨」ベースもある
・鶏ガラと豚骨を合わせたラーメン店もある
・背脂は油分が抜けきったものであるのが特徴
・そのため「こってりだけどアッサリ」という場合もある
・清湯が多い
・白湯もあり「天下一品」とか「天天有」などコッテリも知られている
・丼の下にスープがこぼれないように皿があるのがかつての特徴だった
・一味でアクセントを付けているお店が昭和後期のお店に見られる
・明治大正からある中華そばには最初からコショウがかかっている

京都の老舗ラーメン店


京都の老舗ラーメン店

京都の老舗ラーメン店

京都にラーメン店をオープンするなら、京都ラーメンの歴史的なことを軽く頭に入れておくべきでしょう。

では、京都の老舗ラーメン店で有名どころといえばどこなのでしょうか?

・新福菜館(1938年に屋台、1945年に店舗)
・京都たかばし本家 第一旭(1947年 旭食堂、1956年「第一旭」に屋号変更、1977年から現・経営会社)
・ますたに(1949年)※屋台は1947年から
・本家第一旭たかばし(1986年)
・初代 珍遊(1940年代)

有名なのは「ますたに」背脂チャッチャ系とか言われています。

有名ではない京都のラーメン店「第一旭」とは?!


京都たかばし本家 第一旭

京都たかばし本家 第一旭

ネット情報では「第一旭」といえば「京都たかばし本家 第一旭」のことを指しますが・・・・(上のストリートビュー参照)

この「第一旭」は、ガイドブックやネット情報に載っている京都駅東側の「京都たかばし本家 第一旭」です。「新福菜館」と並んでいるお店ですね。

でも、昔からの京都人が「第一旭」と聞くと思い浮かべるのは別の店です。

第一旭はいくつも存在する

「第一旭」は実はいくつかお店があって、京都に古くから住んでいる方は京都駅近くのガイドブックに載っている「京都たかばし本家 第一旭」ではなく支店がいくつかある「本家第一旭たかばし」が頭に思い浮かぶはずです。

(1)京都たかばし本家 第一旭(ガイドブックに載ってる京都駅東のお店)
(2)本家第一旭たかばし(昔から京都の町中で食べている支店の多いラーメン店)
(3)京都ラーメン豚骨たかばし醤油(比較的新しい系列)

京都の地図で「第一旭」と検索してもらいたいのですが(上の地図)、たくさん表示されますよね?

では、これらのお店が京都のガイドブックやネットの京都ラーメンまとめに掲載されている京都駅近くの「京都たかばし本家 第一旭」かといえば、流れは同じだけどまったく別の店なんです。

本家第一旭たかばし 京都で「第一旭」というと思い浮かべるのは支店が多い方の第一旭


「本家 第一旭たかばし 寺田店」

「本家 第一旭たかばし 寺田店」

京都で「第一旭」の名前を広めたのは「本家第一旭たかばし」の方です。

たとえば「第一旭寺田店」とか京都の方ならご存じですよね?

京都で「第一旭」というと私はこっちの系統の第一旭を思い浮かべます。

こっちの系統の「第一旭」がネットで全然紹介されないのがまったくもって不思議です。

この「第一旭」の歴史については別記事で詳細に記載してあります

京都府城陽市寺田垣内後49−1

京都ラーメン第二世代


京都の老舗「味の名門」 安い早い店

京都の老舗「味の名門」 安い早い店

・天下一品(1971年)
・天天有(1971年)
・ラーメン藤(1972年)
・ラーメン横綱(1972年)
・味の名門(1972年)

話はそれましたが、第二世代としては「天下一品(1971年)」「天天有(1971年)」「ラーメン藤(1972年)」「ラーメン横綱(1972年)」「味の名門(1972年)」などがあります。このあたりから白湯や濃厚系などが出てきます。

この世代まではお値段がリーズナブルで、京都の地元のラーメン屋さんというイメージです。

マルシン飯店 ここも安い早い店

マルシン飯店 ここも安い早い店

私の小さい頃には「マルシン飯店(1977年)」(中華料理)も創業します。ここは実家から近いのでたまに行きました。

天天有は4系統ある

実は京都のラーメン事情には、ネットのラーメンまとめ記事や雑誌の情報では知り得ないことがたくさんあります。

一乗寺で屋台から始まった「天天有」ですが、ここも少しややこしいのです。

ネットの「天天有」公式サイトに一乗寺のお店が掲載されていないですよね?

京都で「天天有」というと京都市内にいくつかお店があり、一乗寺に本店らしきお店があります。

これは別のお店です。

・一乗寺「天天有」(1971年)
・株式会社 未来の「天天有」(1991年)
・天天,有(大阪・住之江)
・天天,有(福岡県)

味は似たようなもんで、どちらもおいしいですが、株式会社 未来の「天天有」は姉妹店みたいなもので別の会社が運営されています。

大阪と福岡の「天天,有」は一乗寺の店の親戚筋のラーメン店です。

京都ラーメン第三世代

・ラーメン大中(1995年)
・高安(1999年)
・現・珍遊(1990年代?)

その後は「ラーメン大中(1995年)」「高安(1999年)」「珍遊(創業不明)」などが台頭してくるというか、現存する古めのラーメン店はこの時期のお店が多いです。

でも、ここでもネットや雑誌に掲載されている情報と地元の情報は違ったりします。そのひとつが「珍遊」さんです。

今の珍遊と昔の珍遊は違う


珍遊 一乗寺本店

珍遊 一乗寺本店

今の「珍遊」は創業半世紀と暖簾に書いてあって、それが京都ラーメン記事でよく紹介されていますが、記憶によれば、1990年代にオープンしたお店のはずです。

広告


最新!最強!究極のラーメン 2017 関西版 (ぴあMOOK関西)

記憶が曖昧なので、調べてみると『究極のラーメン2017関西版』では、珍遊を「終戦後すぐにが一乗寺で屋台から始まった店」としていました。

しかし、今の「珍遊」と一乗寺で屋台から始まった「珍遊(初代)」は違うという主張もあります。

ネット掲示板では旧「珍遊」から営業権を買ったのが今の「珍遊」だとされており、今の「珍遊」さんは岩倉に店があった時期もあって後に一乗寺に移ったとあります。(元記事

独自に高齢のラーメンマニアなどにインタビュー調査したところ「今の珍遊と昔の珍遊は関係ない」という証言も得ています。

また、同じなのは店名だけで味は別物だとも言っていました。

京都の範囲ってどこからどこまで?


京都の範囲ってどこからどこまで?

京都の範囲ってどこからどこまで?

さて、京都ラーメンの基本的なことを書いてきましたが、ここからは新店オープンする場合に気をつけておきたいことなどを書いていきます。

まずは「京都」の範囲の話です。

京都というのは歴史的には「洛中」(らくちゅ)であり平安京のことです。

しかしそれだと狭いので、だいたいの感覚でいえば以下のとおりです。

東 清水寺付近まで
西 桂川より東側
南 頑張って宇治市までが限界だが京都駅周辺までが理想(ラーメンの歴史的には城陽市まで含めるべき)
北 鞍馬・大原

上の地図は少しおおざっぱですが、京都の範囲というと桂川よりも東側で、南は桃山御陵付近までで頑張っても宇治市まで京都ラーメンの歴史的には城陽市まで、東は東山を越えず山科は入らず、北は大原付近までと言えます。

木津川市の無鉄砲本店

木津川市の無鉄砲本店

よく「木津川市」や「城陽市」付近のラーメン店も紹介されていますが、京都市内に住んでいると(感覚では)「そこはもう奈良」です。

ちなみに京都ラーメンとしてよく紹介される「無鉄砲」はこのブログではあまり評価していませんが、場所が「木津川市」であること、そして発祥の地が奈良だからという理由があります。

ただ、手前の城陽市は「本家第一旭たかばし」もあるんで京都ラーメンのエリアであると考えるべきなのですが、新店を出す場合は京都駅より北でないと新店として認知されるのが遅くなる場合もあります。

あと京都市には「山科区」というのがあるのですが「そこはもう滋賀」です。

理想的なのは「青」の範囲です

理想的なのは「青」の範囲です

ラーメン店として理想的な出店範囲は上の青枠の範囲内でしょう。

東 清水寺付近まで
西 桂川より東側
南 京都駅より北
北 一乗寺が最北

京都でラーメン激戦区はどこ?


一乗寺はたしかにラーメン店が多いですが・・・・

一乗寺はたしかにラーメン店が多いですが・・・・

では、この範囲で「ラーメン激戦区」はどこでしょうか?

一乗寺ではありません

京都で最大のラーメン激戦区は「河原町~祇園」です。

・河原町~祇園(中京区)
・烏丸周辺(中京区)
・一乗寺(左京区)
・京都大学周辺
・今出川駅周辺(同志社周辺)
・京都駅周辺
・下鴨の北大路通沿い(左京区)

河原町・祇園」と「烏丸」は繁華街なので集客力は一乗寺の比ではありません。外国人観光客も多くサラリーマンもここに集中します。飲食店の数も半端なく多いエリアです。

次に「一乗寺」「京大周辺」「同志社周辺」などの学生が多いエリアです。ここも集客力があります。

下鴨の北大路通沿い

下鴨の北大路通沿い

京都駅」と「下鴨の北大路通沿い」もラーメン店は多いですが、このあたりで出店しても、なぜかあまり話題になりません。

そのため、これらのエリアに新規出店しても目立たなくなる可能性があります。(家賃も高くなります)

京都でラーメンを新店オープンする場所として穴場はどこ?


有名店になった「とうひち」があるのは紫野・御薗橋エリアです

有名店になった「とうひち」があるのは紫野・御薗橋エリアです

では、京都でラーメンを新規出店する場合、穴場的な場所はどこでしょうか?

ラーメン店がまだ少ないところとも言えますが、その中でも注目のエリアは以下の場所です。

紫野・御薗橋エリア(地図
嵯峨嵐山周辺(地図
宝ヶ池・岩倉エリア(地図
西陣エリア(地図
船岡山エリア(地図

このエリアで共通点があるのは「駐車場が確保しやすい」という点と「ラーメン屋はまだ少ない」という点です。

京都では繁華街や大学近郊エリア以外では駐車場がないと集客は見込めないからです。

紫野・御薗橋エリア」は京都市内でナンバーワンと評される「とうひち」さんがある場所ですが、元々から佛教大学周辺にはラーメン店が集中していました。「とうひち」さんの場所から「御薗橋」まではかなり穴場で場所の確保がしやすい上に住宅も多いので集客ができるエリアなのです。

嵯峨嵐山周辺」は嵐山からの観光客が流れてくるエリアで、有料ですが駐車場やバイク駐輪場があるので飲食店が多いのにラーメン店がないエリアです。

宝ヶ池・岩倉エリア」は住宅街で需要があるエリアです。しかし、大通り沿いは飲食店が多くあるのにラーメン店がないのです。

西陣エリア」は駐車場の確保ができないのですが、あまり知られていないラーメン店がここ数年で出店しているエリアです。車やバイクで行きづらいのですが、結構人が住んでいる(マンションが多いので)エリアで、観光客がブラブラ歩きするエリアです。

船岡山エリア」もここ2年ほど前からずっと新店が増えているエリアです。駐車場は確保は一切できないのですが、ミシュランガイドに載った店なんかもあり京都のガイドブックに載りやすいエリアです。ゲストハウスもあるので外国人観光客がブラブラと歩いていたりします。

京都でラーメンを新店オープンする場所として穴場っぽいけどダメそうな場所はどこ?


北山はラーメンを食べるよりパスタ食べる土地です?

北山はラーメンを食べるよりパスタ食べる土地です?

次によさげな場所だけどやめた方が良い場所の話です。

北山駅周辺(地図
立命館大学周辺(地図
常磐・嵯峨野エリア(地図

北山駅周辺」は洒落たお店が多く並木道があるので集客が見込めそうなのですが、ここら辺のラーメン店はあまり話題になりません。理由はたぶん一乗寺に近いからです。

次に大学の近くでも「立命館大学」周辺もオススメできません。理由は立命館大学周囲は道が超複雑で細い路地ばかりで立命館大学生以外の集客が見込めない上に駐車場も確保できないからです。近くには家系ラーメンの雄「紫蔵」と「あくた川二代目」がありますが(どちらも家系ラーメン)、あくた川さんのある方は大学が休みのシーズンは集客力がびっくりするほど落ち込みます。

常磐・嵯峨野エリア」は丸太町通沿いにラーメン店が多いエリアです。しかし「ラーメン嵐」さんのように美味しいお店があるのですが、なぜか話題になりません。実はこの丸太町通より北は人家が少なくなってくるのと、南はJR山陰本線を越える道が少ないので集客力が低いのではないかと推測されます。

ラーメン店の店名はどんな名前が良い?


「来来軒」なんて店名では誰にも知られません

「来来軒」なんて店名では誰にも知られません

次に店名の話です。これは京都ラーメンに限らず一般的にも言えることです。

店名はオーナーさんの思いがこもったもので「この店名は駄目」と言えるものではありません。

しかし、お店に不利益をもたらす店名では意味がありません。そういう店名は利用者から見ていくつかの特徴があるようです。

(1)漢字が読めない
(2)覚えづらい
(3)他にもある
(4)禁止ワードが入っている

読めない=覚えられない」とも言えますが、記憶に残らない名前はラーメンが食べたい時に思い出してもらえません。

また「店名が被る」と検索エンジンの上位に表示されないため「SEO」的に問題があります。

ラーメン店で使っていけない店名は?


ラーメンの材料といえば「豚」 組み合わせしだいではダメ

ラーメンの材料といえば「豚」 組み合わせしだいではダメ

禁止ワード」はブログなどに含まれると検索エンジンにインデックスされないことがあったりTwitterでも表示されないことがあります。不幸を少しでも連想するような言葉や相手を不快にさせるワードを店名に使うとブログなどで紹介してもらえる機会がグンと減ります。

たとえばラーメンの材料である「豚」は単体であれば問題ありませんが、とある他のワードがつながると使えなくなります。

実際に存在する店名です。

営業時間や定休日の理想系


時は金なり

時は金なり

お店をオープンする上で営業時間は重要な要素です。

これまでメモしてきた中から抜粋するとこんな感じです。

・繁華街では朝から集客できる
・通し営業が望ましい
・深夜24時頃に開いている店は京都市北部にはほとんど存在しない
・定休日は最低1日はあるべき

よく京都で話題になるのが「朝からやっているお店」と「深夜でもやっているお店」です。

京都では、朝からやっているのは喫茶店で、深夜でもやっているのはラーメン店です。

しかし、どちらも河原町や京都駅周辺だけです。

そのため、京都市北区や左京区の北側のように人が住んでいるのに夜はどこもお店が早く閉まるエリアでは営業時間というのはすごく気になる項目だったりします。

あとラーメン店は仕込みがあるので無理かもしれませんが、お客さん第一で「通し営業」が理想です。

ただし、体のことを考えれば定休日は1日はあるべきです。ラーメン店で無休のお店が結構あるのですが休んだ方が良いと思います。

京都のラーメンは細麺だけど中太麺と呼んでいる


京都のラーメンは中太麺

京都のラーメンは中太麺

京都と東京で明確に違うのが「」です。

これは何度もこのブログでは話題にしている話です。

東京では太い麺が主流ですが、東京で言う「細麺」が京都ではラーメンで使われています。

しかし、その麺を「中太麺」と呼んでいます。

つまり京都で「細麺」というと、東京では「極細」になります。

プロは「~号」とかで太さを考えるので良いのですが、一般人の感覚では上記のようになります。

京都ラーメン店には唐揚げがサイドメニューにある


京都のラーメン店では唐揚げがサイドメニューにある

京都のラーメン店では唐揚げがサイドメニューにある

この「京都のラーメン店には唐揚げがある」という話は、このブログで何度も書いている話です。

他ではあまり話題にならないのですが、最近やっとこの話が広まってきているようです。

実際に京都のラーメン店には唐揚げがほとんどのお店でメニューにあります。

関西では唐揚げは安く早くできる食べ物でオヤツ的な存在で、そのため昔から京都ラーメン店には唐揚げがあると推測されます。

京都ラーメン店には餃子がサイドメニューにないことがある


関東ではラーメン店に餃子がないとかありえません

関東ではラーメン店に餃子がないとかありえません

これも前々から話題にしている話ですが・・・・

関東ではラーメン店に餃子はほぼ100%メニューにあります。

それが当たり前なのですが、京都では餃子のないラーメン店も結構あります。

大阪と京都は餃子が安く2010年頃までは210円程度、最近でも260円程度です。関東だと平気で400円近くするのにです。(ただし餃子の満州は関東では200円台です)

そうです「餃子の王将」です。

餃子の王将が餃子を安く看板メニューにしていることから、京都では餃子を扱わないラーメン店もあるのです。

まとめ


京都ラーメンまとめ!

京都ラーメンまとめ!

ということでかなり長文でしたが「京都でラーメン店など飲食店を新店オープンする際に知っておきたいこと」として大事な点だけを今回は記事にしました。

まだまだ書き足らない部分もあり、主観の部分もありますので、いろいろとご意見もあるとは思いますが、京都ラーメンの基本的なことは書いたつもりです。

・京都は色々なラーメンの種類が集まっている
・京都ラーメンは「鶏清湯・鶏白湯・豚骨背脂」に分類される
・麺は細麺だが「中太麺」だと京都人は思っている
・九条ネギを使うと京都ラーメンになるっぽい
・味噌ラーメンはほぼない
・担々麺はあまり流行らない
・一乗寺よりも河原町の方が激戦区
・オーナーなら京都ラーメンの歴史は知っておきたい
・京都ラーメンの穴場的な出店場所は最近のトレンドだと京都市北区や西陣エリア
・店名はよく考えてつけないと集客にかかわる
・京都の繁華街では朝までラーメン店が開いている
・京都の繁華街以外では24時以降にラーメンを食べるのは難しくなる
・唐揚げがサイドメニューにある
・餃子は関東の半額程度で売られている


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。