コムギノキラメキ〈小麦〉@京都・桂にラーメン店が11月21日新規オープン

京都のラーメン店「キラメキ」グループさんが5店目となる「コムギノキラメキ〈小麦〉」を2016年11月21日 18時に上桂(国道9号沿い)に新店オープンするそうです。台湾まぜそばや鶏スープのラーメンのお店ですが一乗寺や京大近くにあるお店で、最近では右京区の山ノ内の葛野大路にもお店があります。新店「コムギノキラメキ〈小麦〉」さんは小麦とあるので麺に特徴があるのでしょうか。

9号線はかなり頻繁に通るので立ち寄ることが多くなりそうです。

広告

コムギノキラメキ〈小麦〉@京都・桂にラーメン店が11月21日新店オープン


コムギノキラメキ〈小麦〉@京都・桂にラーメン店が11月21日新店オープン

コムギノキラメキ〈小麦〉@京都・桂にラーメン店が11月21日新店オープン

京都のラーメン店「コムギノキラメキ〈小麦〉」さんが2016年11月21日 18時に新店オープンすると告知されていました。

場所は国道9号(山陰道)の下り側で阪急嵐山線「上桂駅」から徒歩圏になります。近くには「中華そば専門店 東東(とんとん)」さんもありますが、丸源ラーメンや横綱に新福菜館に大勝軒などもあるロード店が多い激戦区です。

オープン日は18時からのオープンと告知されていました。

この界隈にはキラメキグループがなかったので、待望の新店かもしれません。

キラメキグループとは


キラメキグループ

キラメキグループ

キラメキグループは京都に多くの店舗を構える大きなグループです。

本社は吉祥院にあり、京都発祥のラーメン店です。

鶏白湯と自家製麺にこだわったり、台湾まぜそばを京都に持ち込んだりしています。

キラメキノトリ(本店)
夕日のキラメキ・一乗寺
キラメキJAPAN
キラメキ☆チキンハート
コムギノキラメキ〈小麦〉今回の記事
麺屋キラメキ 京都三条
麺屋キラメキ 京都三条 綾部安国寺店
キラメキノ屋台
コムギノキラメキ店内の様子

コムギノキラメキ店内の様子

コムギノキラメキ〈小麦〉さんは「キラメキグループ」の5店目の店舗です。

お店によって個性はありますが、鶏白湯台湾まぜそば鶏とんこつなどのラーメンを各店で提供しています(自家製麺です)。

この場所ですが、元々和食屋さんがあった場所ですがしばらくはやってなかったと記憶しています。隣りの老舗「東東(とんとん)」はややピンチですが相乗効果はありえるかもしれません。

コムギノキラメキ 実食レビュー


鶏白湯ラーメン

鶏白湯ラーメン

鶏白湯ラーメンは、鶏のみを煮込んで作るスープで鶏100%が特徴です。

京都では基本的には「鶏ガラ+昆布」が多いのですが、コムギノキラメキさんでは鶏だけにこだわっています。

麺はいくつかの店舗で製麺工房を持っており、コムギノキラメキさんでも店内奥に製麺工房を構えています。

長野北海道オーストラリア産小麦のブレンドで、小麦は4種類使った切刃18番の太めの麺を使っていました。

鶏の風味が当然出たスープになっており、京都でもおいしいと言われるラーメン店のひとつです。

コムギノキラメキ 基本情報


コムギノキラメキ 外観

コムギノキラメキ 外観

コムギノキラメキさんの場所ですが、国道9号線を洛西方面へと走っていくと道沿いにあります。

ちょうど「阪急嵐山線」の下を通る少し手前の所です。

駐車場もあるので便利ですが、駐車台数は少なめなので、ランチ時などは駐車できない可能性はあります。

京都府京都市西京区上桂前田町51−1
営業時間:11時~23時
定休日:不定休
URL:http://kiramekinotori.main.jp/

Twitterの口コミや感想


京都のラーメン新店案内をメインに、関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新規・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。