二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」テークアウト(京都ラーメン)

京都市北区のラーメン店「二代目 麺家 あくた川」さんでテークアウトのラーメン(まぜそば)を850円で販売中です。全粒粉の極太麺にトッピングたっぷりのまぜそば、卵に〆ご飯まで付いています。

二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」テークアウト


二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」テイクアウ

二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」テイクアウ

京都市北区にある家系ラーメン店「二代目あくた川」さんでラーメンのテークアウトが始まっています。

商品名は「二代目式 ぶっかけまぜそば

値段は850円で、卵と〆ごはんも付いてテークアウトできるようになっています。

注文は入口の券売機で、食券渡して外で待っていればOK

注文は入口の券売機で、食券渡して外で待っていればOK

注文は入口の券売機で「二代目式 ぶっかけまぜそば」の食券を購入(850円)。

それを渡して、店の外で待っていれば大丈夫です。

すぐ隣は立命館大学衣笠校舎ですが、今は大学が休校なので学生さんはいません。

二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」内容


二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」のテークアウト内容

二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」のテークアウト内容

二代目あくた川「ぶっかけまぜそば」のテークアウト内容は「まぜそば〆ごはん」の3点セットです。

味は2種類から選べて「(焦がしニンニク)」と「(辛味ダレ)」から選べます。

今回は辛くない「黒」でチョイスしました。

トッピングがたくさん入っていました(二代目あくた川テークアウト)

トッピングがたくさん入っていました(二代目あくた川テークアウト)

トッピングは「ほうれん草かつお節粉末にんにく背脂ミンチ海苔白ネギ」と豊富。

麺は全粒粉の極太麺です。

それに焦がしニンニクのタレがかかっていました。

久しぶりにラーメン食べた気もしますが、とても良い味で、お店で食べるものと内容は変わりませんでした。

背脂の補給が全くできていなかったので、背脂たっぷりなのも良かったです!

二代目 麺家 あくた川 営業情報


二代目 麺家 あくた川

二代目 麺家 あくた川

では「二代目 麺家 あくた川」さんの営業情報についてです。

京都市北区の馬代通で小松原北町のところにある郵便局の脇道を西へ入ったところにお店があります。

立命館大学衣笠キャンパスの東門目の前、営業時間は「11時~15時、17時~22時」となっていますが、昨今は時短営業もありえますので公式Twitterなどでチェックしてから行ってください。

〒603-8341 京都府京都市北区小松原北町64−4
営業時間:11時~15時、17時~22時
定休日:日曜日、月曜日
Twitter:https://twitter.com/akutagawa_002

このお店の口コミは?


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。