2019年に新店オープンした京都ラーメン店 98店舗と注目新店まとめ

2019年年も京都ではたくさんのラーメン新店が開業しました。そこで今年も「2019年に新規開業した京都ラーメン店」を集めて一覧でまとめました。一覧は地区別で分けてあり、場所や営業時間等はリンク先の詳細記事で確認してください。

また、各地区で「注目新店」を厳選してありますので、皆様のラーメンライフの一助になれば幸いです。

記事の内容

京都市左京区のラーメン新店と注目新店(2019年 全10店舗)


左京区のラーメン注目新店は「こういうもん家 Ro-ji」

左京区のラーメン注目新店は「こういうもん家 Ro-ji」

左京区には「一乗寺」があり、京都の有名ラーメン店が集まるラーメンストリートがあるエリアでがあります。

2019年に開業したラーメン店の数は10店舗、前年が8店舗なので増加となりました。

2019年の注目新店は「こういうもん家 Ro-ji」です。出町柳駅の路地の奥に突如現れた屋台風ラーメン店で担々麺のお店です。その奇抜な立地が人気となりました。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

越後秘蔵麺 無尽蔵 洛北阪急スクエア店(2019年12月6日)
素食カフェRen 銀閣寺店(2019年11月14日)
秋華(2019年9月16日)
セアブラノ神 一乗寺風神(2019年4月12日開店~2019年8月31日一時休業)
こういうもん家 Ro-ji(2019年8月5日)
キラメキの豚(夕日のキラメキ・一乗寺)(2019年6月15日)
ティオペペ(2019年6月6日~ラーメンもメニュー化)
京野菜~和~ラーメンいたや(2019年2月27日)
麻辣湯麺 BAOBAO(2019年2月5日)
らーめん かさん(2019年2月1日)

京都市東山区のラーメン新店と注目新店(2019年 全9店舗)


東山区のラーメン注目新店は「Le sel organic」

東山区のラーメン注目新店は「Le sel organic」

東山区には「祇園」があり、観光地である東山の主力エリアであることから京都でも最大のラーメン激戦区です。

2019年に開業したラーメン店の数は9店舗、前年が6店舗なので増加となりました。

2019々の注目新店は「麺屋一乗」と「Le sel organic」の2店舗です。「麺屋一乗」は一乗寺で一番並ぶラーメン店でスープを作っていた達人が独立開業したお店。「Le sel organic」はコースでお料理とラーメンを提供する新進気鋭の注目店です。

もう1店舗「ラーメンの坊歩(ぼんぼ)」も侮れない存在! なかなかクセになるラーメンが美味しく、研究熱心なお店です。

さすが、京都最大のラーメン激戦区だけあってレベルの高いラーメン店が集中していますね!

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

DETAIL RAMEN(2019年9月14日)
京都 祗園 泉 麺家 三条花見小路店(URAIZUMI)(2019年7月10日復活オープン)
祇園 晩餐のあと(2019年6月7日)
麺屋 一乗(2019年5月1日)
祇園白川ラーメン(2019年4月28日)
Le sel(ルセル) organic(2019年4月1日)
拉麺 海老将軍(2019年2月1日)
ラーメンの坊歩(ぼんぼ)(2019年1月11日)
川奇 海鮮焼き中国料理(2019年1月8日)

京都市上京区のラーメン新店と注目新店(2019年 全4店舗)


上京区のラーメン注目新店は「麺屋坂本」

上京区のラーメン注目新店は「麺屋坂本」

上京区には「京都御苑、北野天満宮、京都府庁」があり、京都の中心エリアですが、古い町並みが多い京都らしいエリアです。

2019年に開業したラーメン店の数は4店舗、前年が3店舗なので増加となりました。

2019年の注目新店は「麺屋坂本」で、食材にこだわった鶏清湯のラーメンはマニアからも評価が高い逸品です。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

ラーメン京都てんぐ西陣店(2019年11月22日移転オープン)
油そば専門店ムジコ(2019年7月26日)
麺屋坂本(2019年4月14日)
中華料理 沁(2019年4月13日)

京都市中京区のラーメン新店と注目新店(2019年 全15店舗)


中京区のラーメン注目新店は「麺匠 一粒万倍」

中京区のラーメン注目新店は「麺匠 一粒万倍」

中京区には「河原町、烏丸」があり、京都経済を支えるビジネスの主力エリアで、2019年も最多出店エリアとなりました。

2019年に開業したラーメン店の数は15店舗、前年が15店舗なので前年並みとなりました。

2019年の注目新店は「麺匠 一粒万倍」です。京都でも人気のある淡麗系のラーメンで飯田商店インスパイアのラーメン店です。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

らーめん鱗 京都三条店(2019年12月21日)
酒とめし 錦食堂(2019年10月25日)
麺匠 一粒万倍(2019年9月20日)
小皿中華 桃天 錦小路店(2019年9月12日)
ラーメンKoyaji(こやじ)(2019年7月22日)
京都 祗園 泉 麺家 千本丸太町店(まぜそば部門)(2019年6月11日~2019年7月8日)
らぁ~めん京 河原町三条店(2019年6月6日)
中野屋 THE JIRO 四条烏丸店(2019年5月18日~2019年9月)
麺屋中る(ATARU)(2019年4月頃)
辛来人(2019年3月25日)
麺匠たか松 KAWARAMACHI(2019年3月22日)
担担麺 胡 円町店(2019年2月21日)
ホルモン丸 ラーメン部(2019年1月11日~2019年7月)
くっきんぐえくすぺりめんと番(2019年1月11日)
媽媽菜館 六花(2019年1月9日)

京都市下京区のラーメン新店と注目新店(2019年 全11店舗)


下京区のラーメン注目新店は「麺屋はなび 京都拉麺小路店」

下京区のラーメン注目新店は「麺屋はなび 京都拉麺小路店」

下京区には「JR京都駅、河原町(南側)、烏丸(南側)」があり、京都観光の玄関であることからホテルや飲食店が集中しているエリアです。

ラーメン店が新しく開業するには資金力が必要なエリアであり、新店が少ない場所だったのですが、2019年は新店が相次ぎました。

2019年に開業したラーメン店の数は11店舗、前年が6店舗なので大幅増となりました。

2019年の注目新店は「麺屋はなび 京都拉麺小路店」で、名古屋発祥の台湾まぜそば元祖店が京都初出店となりました。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

優光屋台(麺屋優光3号店)(2019年11月15日)
タンメンと餃子KIBARU(2019年8月5日)
台湾素食 無垢 Taiwan vegetarian food MUKU(2019年8月1日)
綱取物語 京都拉麺小路店(2019年7月19日)
麺屋はなび 京都拉麺小路店(2019年6月14日)
ラーメン酒場 アサヒ製麺(2019年6月3日)
Kowloon’s Dimsum Club(クーロンズディムサムクラブ)(2019年6月)
猪一(2019年5月1日)
スパイスガール(2019年3月29日)
青冥酒家 京都店(2019年3月16日)
麺匠つじや(2019年2月8日)

京都市北区のラーメン新店と注目新店(2019年 全2店舗)


雪の金閣寺で知られる北区はラーメン新店が少ないエリアです

雪の金閣寺で知られる北区はラーメン新店が少ないエリアです

北区は「北野天満宮、上賀茂神社、金閣寺、上賀茂神社」などの有名な社寺が多いのですが、交通の便が悪い場所が多いためラーメン新店が少ないエリアです。

しかし、大学が北大路駅より西に集中していることもあり、学生相手のラーメン店は繁盛する傾向にあります。

2019年に開業したラーメン店の数は2店舗、前年が1店舗なので微増となりました。

注目新店は特になく、既存店の2号店が若干進出しているのみです。

京都市右京区のラーメン新店と注目新店(2019年 全3店舗)


有名な鶏谷の隣で開業した「西院麺ism」さんは開業1年待たずに撤退となりました

有名な鶏谷の隣で開業した「西院麺ism」さんは開業1年待たずに撤退となりました

右京区には「嵐山」という一大観光地もありますが、住宅地も多くて大阪へ通勤する人々で賑わう円町や西院などの主要駅があります。そのため飲食店は多いのですが、なぜかラーメン新店は少なめです。

昔からのラーメン店が生き残り、ラーメン新店が閉店していく傾向にあるのが右京区の特徴とも言えます。

2019年に開業したラーメン店の数は3店舗、前年が4店舗なので減少となりました。

2019年の注目新店はありませんでした。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

中華や だいどこ(2019年12月24日)
天下一品 イオンモール京都五条店(2019年4月25日)
西院麺ism(2019年1月17日~2019年11月30日閉店)

京都市南区のラーメン新店と注目新店(2019年 全7店舗)


南区のラーメン注目新店は「ラーメンあじくん」

南区のラーメン注目新店は「ラーメンあじくん」

南区には「吉祥院、西大路、桂川、東寺、JR京都駅南側エリア」があり、大きな工場があるエリアです。また、国道171号などの主要幹線にはロードサイド店も見られるなど京都の中心部とはまた違った雰囲気があります。

2019年に開業したラーメン店の数は8店舗、前年が2店舗なので大幅増となりました。

2019年の注目新店は吉祥院の「ラーメンあじくん」で、京都の昔ながらのラーメンを今に伝える豚骨ベースのラーメンを食べることができます。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

ラーメン八起(2019年11月25日)
麺処 丸昌 吉祥院店(2019年6月9日開店~2019年10月27日閉店)
べじかふぇ wo’s(ウーズ)(2019年9月18日)
老上海 焼き小籠包(2019年9月14日)
横浜中華 華星 イオン洛南店(2019年9月2日)
ラーメンあじくん(2019年6月10日)
鴨LABO(2019年5月15日)
ラーメン剛力(2019年1月11日)

京都市伏見区のラーメン新店と注目新店(2019年 全13店舗)


伏見区のラーメン注目新店は「ら~麺処 克享」

伏見区のラーメン注目新店は「ら~麺処 克享」

伏見区はラーメン新店が13店舗と京都では二番目にラーメン新店が多いエリアです。世界的な観光エリア「伏見稲荷大社」付近は賑わうのですが、そういったところに新店があるのではなく、大学が多いエリアでの出店が目立ちます。

2019年に開業したラーメン店の数は13店舗、前年が6店舗なので大倍増となりました。

2019年の注目新店は「ら~麺処 克享 (KATSUKYO)」で、東京の町田から移転してきたという異色の新店です。京都ではなかなか味わえない関東風の味付けですが、関西の出汁文化にマッチした和風出汁が京都人からも一定の評価を得ています。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

味美中国米粉 (あじみビーフン)(2019年12月)
ら~麺処 克享 (KATSUKYO)(2019年10月9日)
醤油ラーメン専門店 陽はまた昇る(2019年10月1日リニューアル)
町田商店 京都醍醐店(2019年9月12日)
ラーメン健龍園(2019年5月3日開店~2019年7月25日閉店)
秀吉ラーメン(2019年5月18日~期間限定販売)
CHINA TABLE eSora(エソラ)(2019年5月)
中国料理 水仙閣(2019年5月1日)
肥羊 烧烤涮(2019年3月頃)
百歳牛肉麺(2019年4月22日)
餃子屋 壱番(2019年4月6日)
総本家 ラーメン名門(2019年3月29日)
拉麺へんてこ(2019年3月5日)

京都府宇治市のラーメン新店と注目新店(2019年 全4店舗)


宇治市のラーメン注目新店は「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」

宇治市のラーメン注目新店は「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」

宇治茶で知られる日本茶の産地である宇治市は住宅街が多いエリアで、地元密着型のラーメン店が多いエリアです。

2019年に開業したラーメン店の数は4店舗、前年が2店舗なので増加となりました。

2019年の注目新店は「ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店」で、このエリアでは少ない二郎インスパイアの新店です。そのため、ラーメンマニアや学生に注目され、また味も良いので人気店となっています。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

ラーメン食堂 麺ごころ(2019年10月29日)
らーめんつるぎ(2019年10月5日)
鶏豚骨,麺屋かがり(2019年8月10日)
ラーメン野郎 一龍 宇治小倉店(2019年6月13日)

京都市西京区のラーメン新店と注目新店(2019年 全1店舗)


今年の西京区は「天下一品 五条桂店」の閉店が話題を集めました

今年の西京区は「天下一品 五条桂店」の閉店が話題を集めました

西京区は洛西など新興住宅街や畑が多く飲食店は少なめです。桂などは通勤で賑わうので飲食新店が集中しているもののラーメン新店はほぼありません。

逆に西京区では「天下一品 五条桂店」の閉店が話題を集めた1年でした。

2019年に開業したラーメン店の数は1店舗、前年が2店舗なので微減となりました。

2019年の注目新店はなく、今後のラーメン店の進出を期待したいところです。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

炭火焼 ぜろ(2019年5月10日)

京都府亀岡市のラーメン新店と注目新店(2019年 全2店舗)


亀岡市のラーメン注目新店「令和食堂 正福」

亀岡市のラーメン注目新店「令和食堂 正福」

京都の田園地帯である亀岡市は歴史のある城下町です。京都市内から峠を越えると田園が広がり、国道9号線が通っているのでロードサイドには飲食店が多数並びます。しかし、ラーメン新店は少ないのですが、今年は注目すべきラーメン新店が続きました。

2019年に開業したラーメン店の数は2店舗、前年が1店舗なので微増となりました。

2019年の注目新店は「令和食堂 正福」と「ゲンコツ火山らーめん」です。亀岡駅前の「令和食堂 正福」さんは四条大宮にある「餃子の王将(発祥店)」で店長をしていた方の独立店で安くて美味しいのが特徴。「ゲンコツ火山らーめん」さんも安いのにボリュームがあるラーメン新店としてマニアに注目されました。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

令和食堂 正福(2019年9月8日)
ゲンコツ火山らーめん(2019年7月29日)

京都市山科区のラーメン新店と注目新店(2019年 全3店舗)


山科区のラーメン注目新店は「麺ばる サンテボーテ」

山科区のラーメン注目新店は「麺ばる サンテボーテ」

山科区は昔から東海道で京都に入る最後の難所として知られていたエリアです。国道1号線にはロードサイド店が多くあり、京都の中心部とはまったく雰囲気が異なる町です。

2019年に開業したラーメン店の数は3店舗、前年が3店舗なので前年並みとなりました。

2019年の注目新店は「麺ばる サンテボーテ」で、椥辻駅から徒歩数分のところに開業したお洒落なラーメン店で「ブロススープで食べるラーメン」を提供しています。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

台湾素食無垢 麺屋(2019年9月30日)
ラーメン魁力屋 山科小野店(2019年5月27日)
麺ばる サンテボーテ(2019年5月20日)

京都府久御山町のラーメン新店と注目新店(2019年 全5店舗)


久御山町のラーメン注目新店は「麺屋 勇三郎 久御山 本店」

久御山町のラーメン注目新店は「麺屋 勇三郎 久御山 本店」

久御山町は国道1号線沿いにラーメン店が多く建ち並ぶエリアです。そのため、毎年一定数のラーメン新店があり、京都の有名グループが進出するなど注目を集めています。

2019年に開業したラーメン店の数は5店舗、前年が6店舗なので微減となりました。

2019年の注目新店は「麺屋 勇三郎 久御山 本店」で、コクのある二郎インスパイアを提供して話題となりました。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

京都府八幡市のラーメン新店と注目新店(2019年 全1店舗)


京都府八幡市は住民の高齢化が進んでおりラーメン新店はほぼありません

京都府八幡市は住民の高齢化が進んでおりラーメン新店はほぼありません

八幡市は京都から大阪へと向かう国道1号線が通り、石清水八幡宮のような地元では初詣で人気の神社があるエリアです。しかし、石清水八幡宮以外は田園地帯で、住宅街は男山の南部にある古い住宅地くらいです。

そのためラーメン新店はなく、国道1号線のロードサイドに中華料理店が開業しただけでした(ただしすぐに閉店)。

唐庄酒楼(2019年5月6日開店~2019年11月閉店)

京都府城陽市のラーメン新店と注目新店(2019年 全1店舗)


陽市のラーメン注目新店は「龍仙 麺屋 京都」

陽市のラーメン注目新店は「龍仙 麺屋 京都」

城陽市は駅も多く、ラーメンの老舗も多い場所です。しかし、ラーメン新店は少なく、最近開発されている城陽ジャンクションの近くに新店が1店舗のみでした。

2019年の注目新店は「龍仙 麺屋 京都」さんで、長岡京市にあるラーメン店の2号店です。

色々な種類のラーメンを取り揃えるお店で、インスパイアでありながら独自性も出すなどしているラーメンを提供しています。

龍仙 麺屋 京都(2019年5月3日)

京都府綴喜郡と木津川市のラーメン新店と注目新店(2019年 全1店舗)


もう食べましたか? 京都府南部のご当地ラーメン「井手じゃんめん」

もう食べましたか? 京都府南部のご当地ラーメン「井手じゃんめん」

綴喜郡と木津川市は奈良県に隣接する山間部の多いエリアです。

新興住宅地も多いのですが、ラーメン新店はありませんでした(前年は2店舗)。

しかし、2019年オープンのカフェで京都府南部のご当地ラーメン「井手じゃんめん」を食べることができます。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

むすび家カフェide(2019年3月29日)

京都府南丹市より北側のラーメン新店と注目新店(2019年 全5店舗)


京丹後市のラーメン注目新店は「鶏そば ふじ田」

京丹後市のラーメン注目新店は「鶏そば ふじ田」

南丹市より以北は国道9号線で日本海側へと向かう途中にある城下町だったエリアです。歴史もあり住宅も田園地帯も多く、飲食店は駅前もしくは国道9号線沿いに集中しています。

2019年に開業したラーメン店の数は5店舗、前年が2店舗なので増加となりました。

ラーメン店は多いものの開業は少ないのですが、2019年の注目新店はダントツで京丹後市の「鶏そば ふじ田」でしょう。有名店出身のオーナーによるラーメンは地元でも大人気ですぐに大行列店となりました。

場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください。

台湾料理 豊味園(ほうみえん)網野店(2019年6月22日)
鶏そば ふじ田(2019年6月18日)
愛宕菜館(2019年6月14日)
台湾料理 豊味園(ほうみえん)福知山店(2019年4月頃)
京都なお道 綾部店(2019年4月1日)

2019年に新店オープンした京都ラーメン店と注目新店 まとめ


ということで、2019年に新店オープンした京都ラーメン店と注目新店のまとめ記事でした。

2019年の京都ラーメン新店は98店舗、最多出店エリアは「中京区」となりました。

今年の傾向としては京都市中心部でラーメン新店は多いものの注目新店は少なく、京都府南部で話題になるラーメン新店が多いという年でした。

エリアとしては「宇治市久御山町」といったところに注目新店が多いようです。

逆に京都市北区や右京区では新店らしい新店もほぼなく、新たなラーメン店開業が望まれるエリアです。

来年2020年はどんなラーメン店が開店するのか、そしてその場所はどこにするべきなのか、そういったことも読み取れる記事なのでラーメン事業者の方は参考にしてみてください。

・2019年内に京都で開業したラーメン新店を98店舗まとめました
・2018年の新店が73店舗だったので、2019年は25店舗増加となっています
・2019年の最多出店エリアは前年と同じく「京都市中京区」です
・2019年は八幡市と城陽市と綴喜郡でラーメン新店が2年ぶりに開業
・2019年は向日市と長岡京市と京田辺市でラーメン新店はありませんでした。
・場所や営業時間等は各リンク先の詳細記事をご覧ください
・日付は開業日です
・リニューアルの場合は店名変更があれば含めました
・ラーメン専門店以外でもレギュラーメニューにあれば含めました
・一時的にラーメンがあっただけでは含めませんでした


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。