風ラーメン @京都・山ノ内「風ラーメン部 土日季節限定ラーメン」実食レビュー

今回紹介するラーメンは、ほとんどの方がご存知ではないかもしれません。でも、かなり美味しいので一度食べてみていただきたいラーメンです。そのラーメンとは「風ラーメン」で、風ラーメン部で土日限定でしか食べられないラーメンなんです。

広告

風ラーメン部 土日季節限定ラーメンを食べて来た!


これが京都の「風ラーメン」さて?どこで食べられるのか!?

これが京都の「風ラーメン」さて?どこで食べられるのか!?

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都のラーメンの中でもここほど知られていない美味いラーメンはないという「風ラーメン」を紹介したいと思います。

風ラーメン、京都のラーメンマニアでもほとんどご存知ないでしょう。

というのも、土日限定で、さらに寒い時期にしか食べることができないからです。

作っているのは「風ラーメン部」というところ?!

作っているのは「風ラーメン部」というところ?!

作っているのは「風ラーメン部」なのですが、この「風ラーメン」が、また美味しいのです。

お店は京都の山ノ内(右京区)というところにあるので、早速食べに行ってみましょう!

病みつきになる?「風ラーメン」実食レビュー


風ラーメンは、香ばしい醤油味の背脂醤油ラーメン

風ラーメンは、香ばしい醤油味の背脂醤油ラーメン

ということで、風ラーメンを食べに京都市右京区山ノ内まで行って来ました!

実は昨年の2018年1月22日に一度食べに来て売り切れていたので、それから1年以上ぶりの訪問です。

背脂醤油の京都ラーメン

背脂醤油の京都ラーメン

スープは「背脂醤油」で、ジャンルとしては「京都ラーメン」そのものです。

でも、このスープが美味しい

一味のピリッとした辛味に、出汁のほんのり甘味、醤油の香ばしさの絶妙な合わせ具合が絶品なのです。

さらに、香味野菜の香りが食欲をそそります。

中細麺でコシのあるパツンとした麺

中細麺でコシのあるパツンとした麺

麺は中細麺。

コシのあるパツンとした食感が良く、濃いめの醤油味によく合っているので美味しくいただくことができました。

この風ラーメン、値段は税込み700円。

そして、実はラーメン屋さんではないお店で食べるラーメンなんです。

山ノ内マンマル 営業情報


京都市右京区の山ノ内にある「マンマル」

京都市右京区の山ノ内にある「マンマル」

では、この風ラーメンが食べられるお店とはどこなのでしょうか?

ちょうど「太秦天神川駅~西大路御池駅」の中間くらいの御池通沿いにある「山ノ内マンマル」さんという居酒屋さんで食べることができます。

ラーメンは土日の昼夜にメニューに掲載され、ある場合は店頭に貼紙が出されるので分かります。

土日限定ではありますが、美味しいラーメンなのでぜひ一度食べてみてください。

※ラーメン以外にもカレーもあり、そちらの実食レビューもあります。

京都府京都市右京区山ノ内御堂殿町20
営業時間:11:30~14時(LO13:30)※ランチは平日のみ、18時~23時
定休日:水曜日、不定休


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。