2019年1月25日新店オープン 壱々零参 (滋賀県石山)

今回の「京都ラーメン速報」は番外編として滋賀県大津市にある「壱々零参(1103)」さんへ行ってきました。2019年1月25日に新店オープンしたばかりで、バーのような内装が特徴的なラーメン専門店です。

石山駅近くにあるバーみたいなラーメン専門店「豚骨ラーメン 壱々零参」


滋賀の石山駅近くにあるラーメン店「豚骨ラーメン 壱々零参」

滋賀の石山駅近くにあるラーメン店「豚骨ラーメン 壱々零参」

今回の「京都ラーメン速報」は番外編で滋賀県からお届けします。

行ったお店は「豚骨ラーメン 壱々零参」さん、これで「1103」と読みます。

滋賀県ではめったに見かけないユニークなラーメン店で、見た目はバーです。

しかし、バーではなくラーメン専門店というのが「壱々零参」さんというラーメン店なのです。

バーみたいですがラーメン専門店です

バーみたいですがラーメン専門店です

オーナー様は「麺屋 風火」の店長をしていた方なのでラーメン専門店と言って問題ありません。

こちらでは濃厚豚骨のスープで食べるラーメン、貝出汁と豚骨のアッサリラーメンなどを食べることができます。

ラーメンメニュー

ラーメンメニュー

ラーメンは5種類、濃厚からあっさりまである基本メニューに、まぜそばとつけ麺もあり本格的です。

豚骨ラーメン 800円
貝だし豚骨 800円
あっさり豚中華そば 700円
ピリ辛味噌まぜそば 880円
麻婆つけ麺 900円

豚骨ラーメン 実食レビュー


濃厚豚骨スープのラーメンです

濃厚豚骨スープのラーメンです

今回はお薦めの「豚骨ラーメン(800円)」を食べてみました。

写真がちょっと失敗気味ですが、トッピングは「青梗菜、ねぎ、チャーシュー」でチャーシューは沈んでいますが何枚も入っています。

かなり濃厚な豚骨スープで、ドロッとした食感が特徴的です。

麺はちぢれ or 細麺が選べます

麺はちぢれ or 細麺が選べます

醤油ダレも結構強めですが、これは京都ラーメンばかり食べているのでそう感じているだけでしょう。

バリバリジョニーのラーメンに似た感じだなと思いました。

麺はちぢれ or 細麺が選べましたので、今回はちぢれ麺を選択。

麺けっこう美味しいもので、濃厚スープによく合っていたと思います。

豚骨ラーメン 壱々零参 営業情報


豚骨ラーメン 壱々零参(外観)

豚骨ラーメン 壱々零参(外観)

では、この「豚骨ラーメン 壱々零参」さんどこにあるラーメン店なのでしょうか。

最寄り駅はJR琵琶湖線「石山駅」もしくは京阪石山坂本線「唐橋前駅」で、後者の方が若干近いです。

駐車場や駐輪場はなく、細い道の途中にあるので自家用車で行く場合は石山駅近辺のコインパーキングを利用したほうが良いでしょう。

滋賀県大津市栄町16−10
営業時間:11時30分~14時(L.O.13時45分)、18時~24時(L.O.23時)
定休日:日曜日


今回は、これまで数多く紹介してきたラーメンの中から「至極の一杯」を選びました。珍しくランキング形式を採用、本当にウマい京都のラーメン店を10店舗厳選してあります。2018年の「実食評価」で候補店を選び、その中から「リピートしたい&記憶に残った」店のみという選りすぐりの店ばかりです。



京都はラーメン店が多いと言われ、おいしいお店も多くあります。一乗寺のようなラーメンストリートもメディアで紹介されて有名なのですが、地元民であればネットやメディアで話題のラーメン店よりも「600円以下で食べられるラーメン」のような地元密着型のラーメン店をよく利用していることでしょう。



この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。