札幌すみれ @京都・大丸「歳末大北海道市」で食べられるぞ!

札幌の超有名なラーメン店「すみれ」が大丸京都店の「歳末大北海道市」で食べられるようになっています。期間は「2018年12月15日~22日」のみですが、普段行けないラーメン店「すみれ」の味噌ラーメンが食べられるということで食べに行って来ました。

今回は「行列の並び方」や「値段」など詳細に実食レビューしたいと思います。

広告

札幌すみれ が大丸京都店の歳末大北海道市へやって来た


2018年12月15日~22日は「札幌すみれ」で23日~29日は「利尻らーめん味楽」

2018年12月15日~22日は「札幌すみれ」で23日~29日は「利尻らーめん味楽」

2018年12月15日~22日の期間で、札幌にあるラーメン店「すみれ」さんが大丸京都店の「歳末大北海道市」へやってきます。

セブンイレブン限定のカップ麺にもなっている有名な味噌ラーメンの店であることはご存知の方は多いと思いますが、さすがに札幌まで食べに行くのことはなかなかできません。

しかし、この期間は京都でも食べられるということで、早速行って来たわけです。

札幌すみれ は12月15日~22日の期間で食べることができます(大丸京都店)

札幌すみれ は12月15日~22日の期間で食べることができます(大丸京都店)

歳末大北海道市は「2018年12月15日~29日」まで、7階の催事場で開催されています。

後半の12月23日~29日までは以前も京都へやってきて実食レビューもした「利尻らーめん味楽」さんが出店することになっています。

・札幌すみれ(12月15日~22日)
利尻らーめん味楽(12月23日~29日)

混雑状況や入店システムについて


入店するためには整理券を受け取る必要があります

入店するためには整理券を受け取る必要があります

今回の大丸「歳末大北海道市」では、前回の「利尻らーめん味楽」さんの行列騒ぎで対策を練ったのか、入店するためのシステムが導入されていました。

金曜日ということもあって混雑はしていなかったのですが、この入店システムのために館内で少し時間を潰すことになりました。

(1)整理券を受け取る(13:16)
(2)店頭モニタに表示される番号の整理券であればチケットを購入(13:35)
(3)行列に並ぶ(13:37)
(4)着丼(13:43)
WEB上でも見られる画期的なシステムっぽいモニタ画面

WEB上でも見られる画期的なシステムっぽいモニタ画面

到着から食べるまでの流れは上記の通りで、カッコ内の時間を見ると到着からチケット購入まで約14分、そこから着丼まで約7分という結果となっています。

整理券番号は10刻みで、モニタにその番号が表示されたらチケットが購入可能になります。ただ、思ったより早く順番は回ってきました。

待ち時間は他のテナントを見ていれば良く、整理券番号が通り過ぎてもチケットは購入可能なので、このシステムは上手に機能しそうだなと思いました。

札幌すみれ(大丸京都店)のメニューと値段


メニューと値段

メニューと値段

札幌すみれ(大丸京都店)のメニューは4種類です。

値段は味噌ラーメンで税込み896円、少々お高い設定になっています。

今回はチャーシューが入っていない「味噌ラーメン(896円)」を注文してみることにします。

・特製味噌ラーメン 1296円(各日150食限定)
・味噌ラーメン 896円
・醤油ラーメン 896円
・塩ラーメン 896円

味噌ラーメン(896円)実食レビュー


すみれ 味噌ラーメン(896円)

すみれ 味噌ラーメン(896円)

上の写真が「すみれ 味噌ラーメン」です。

白ねぎが入ったラーメンは京都では非常に珍しい上に、東京に住んでいた頃を思い出します。

トッピングは「メンマ白ねぎひき肉」とシンプルです。

油でアツアツの味噌スープは甘味があります(すみれ)

油でアツアツの味噌スープは甘味があります(すみれ)

スープはアツアツで、ひとくち飲むと味噌と出汁の甘味がほんのり香ってきました。

やや薄い気がしたのですが、味付けも濃くはないのでマイルドな味わいです。

まぁでも美味しい味噌ラーメンだと思います。

麺はおなじみの手もみ麺

麺はおなじみの手もみ麺

は太麺で縮れたタイプ、味噌ラーメンでは定番のスタイルです。

京都でよく使われる麺と違って、スープはさほど吸わないものになっていました。

そのため「もう少しスープが濃ければ合うかな」というのが正直な感想でした。

大丸京都店への行き方(アクセス方法)


四条河原町にある「大丸京都店」

四条河原町にある「大丸京都店」

今回の「歳末大北海道市」は、京都・四条河原町にある「大丸京都店(だいまるきょうとみせ)」の7階催事場で行われています。

2018年12月15日~29日までの期間で、10時~19:30まで(最終日のみ16:30まで)開催されています。

大丸京都店の開店時間は10時から、その15分前から駐車場や駐輪場がオープンします。

バイクや自転車なら「3時間無料の駐輪場」があるので気楽に行けるのが良いところです。

阪急京都線「烏丸駅」から徒歩3分ほど、「河原町駅」からなら徒歩10分ほどで行くことができます。

京都府京都市中京区西魚屋町79番地
営業時間:10時~20時
定休日:年中無休


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。