金閣寺ラーメン 京都「KAZU」がPayPayの加盟店になりました

京都・金閣寺のラーメン店「KAZU (カズ)」さんが今超話題のキャッシュレス決済「PayPay (ペイペイ)」の加盟店になっています。PayPay キャッシュレス決済で「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」などを食べるとサービスポイントが20%もらえるキャンペーンが始まっています。

いまネットで話題の「100億円あげちゃうキャンペーン」を上手に活用しましょう!

広告

京都・金閣寺のラーメン店「KAZU (カズ)」がPayPay対応の加盟店になりました


京都・金閣寺のラーメン店「KAZU (カズ)」がPayPay対応の加盟店に

京都・金閣寺のラーメン店「KAZU (カズ)」がPayPay対応の加盟店に

京都・金閣寺のラーメン店「KAZU (カズ)」がPayPay対応の加盟店になりました。

2018年12月4日から「100億円あげちゃうキャンペーン」がネットで話題のキャッシュレス決済「PayPay」です。

京都の金閣寺では、こちらのラーメン店「KAZU (カズ)」さんや、隣りの「麻婆家」さんが「PayPay」加盟店になっています。

・ラーメン「KAZU (カズ)」
四川麻婆豆腐専門店「麻婆家」

PayPay キャッシュレス決済で「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」がお得に


金箔一枚のせの衝撃!金色の器で食べる「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」

金箔一枚のせの衝撃!金色の器で食べる「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」

金箔一枚のせの衝撃「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」で知られるラーメン店「KAZU(カズ)」さん。

金閣寺から徒歩2分の場所にあるラーメン店です。

こちらで通常1500円の「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」を食べると、今ならキャンペーン期間中(2018年12月4日9時~2019年3月31日23時59分)につきPayPay決済で支払いするだけでサービスポイントが20%もらえるお得な期間になっています。

この「ゴールド・ドラゴン・ラーメン」の詳細は「金閣寺黄金ストリートメニュー公式情報」にて公開していますので、ぜひご覧ください。

キャンペーン内容:PayPay決済利用金額の20%相当のPayPayボーナス
キャンペーン期間:2018年12月4日9時~2019年3月31日23時59分
利用上限金額:10万円相当まで
還元上限金額:PayPayボーナス付与上限はお一人様につき月額5万円相当
決済の翌月10日前後にPayPayボーナスを付与
キャンペーンサイト:https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/


京都の金閣寺周辺グルメ「金閣寺黄金ストリートメニュー」が2018年10月29日から参加店でスタートします。金閣寺をモチーフにした黄金メニューで、カレー、スイーツ、ラーメンなどのグルメが提供されます。【KYOTO KINKAKUJI GOLDEN STREET MENU


ラーメンKAZU 金閣寺店への行き方(アクセス方法)


京都・金閣寺前のラーメン店「ラーメンKAZU 金閣寺店」

京都・金閣寺前のラーメン店「ラーメンKAZU 金閣寺店」

さて「ラーメンKAZU(一)金閣寺店」さんへの行き方(アクセス方法)ですが、ずばり金閣寺から徒歩2分です。

きぬかけの路沿いで、氷室道の少し南側「麻婆家、KAZU、おむらはうず、バニーマタル」などの飲食店が集まっているエリアです。

JR京都駅からだと「205系統」が金閣寺前まで行く京都市バスになります。速い行き方だと地下鉄烏丸線で「北大路駅」まで行き、そこから京都市バス「204系統205系統」で行くことができます。

コインパーキングは周辺にたくさんあり、これは別記事でまとめてありますのでご覧ください。

京都府京都市北区衣笠総門町10−3(MAP
営業時間:11時30分~15時頃まで(売り切れ終了)
定休日:不定休
公式サイト:http://kazu-no1.seesaa.net/
お問い合わせ電話番号:075-467-8282


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。