ラーメンあかつき @京都「深夜営業の安い旨いラーメン店」実食レビュー

今回の「京都ラーメン」は、銀閣寺エリアで深夜営業しているラーメン店あかつき」さんのチャーシューメンを実食レビューします。気温がグッと下がった京都で、深夜もラーメン店を探してバイクでウロウロしていると、遅くにもかかわらず看板が明るく頑張って営業されています。

スープは鶏ガラ豚骨で、いかにも「京都ラーメン」というに相応しいラーメンです。

広告

京都で深夜営業のラーメン店「あかつき」でチャーシューメン


深夜でも頑張って営業しているのが偉いなといつも思う「ラーメンあかつき」

深夜でも頑張って営業しているのが偉いなといつも思う「ラーメンあかつき」

京都・銀閣寺エリアの有名なラーメン店といえば「あかつきますたに」です。

ますたには老舗で京都ラーメンの創世記を担ったラーメン店、今回紹介する「あかつき」さんは1996年創業で、今の京都ラーメンの基盤を作った「京都ラーメン革命」と言われる時代のラーメン店です。

今でもラーメン650円深夜営業対応で、私のように0時過ぎにお腹が空く人には便利なお店です。

京都ラーメン革命 とは


京都のラーメン好きなら「京都ラーメン革命」といえば3店舗のラーメン店が思い浮かびます。

それが「あかつきいいちょ高安」です。

2000年に結成されたグループで、自ら「京都ラーメン革命 御三家」として売り出していました。

・京都ラーメン革命 御三家として2000年にグループ結成
・あかつき、いいちょ、高安 のこと
・濃厚こってり系ラーメンが特徴

チャーシューメン(あかつき)実食レビュー


ラーメン650円の「あかつき」※写真はチャーシューメン

ラーメン650円の「あかつき」※写真はチャーシューメン

こちらがチャーシューメン(並、750円)です。

メニューは「ラーメンチャーシューメン」で、麺量を細かく選べるのが特徴です。

見た目は「京都ラーメン」そのもので、白湯に青ネギ、ほんのり背脂が浮かんでいます。

スープについて(あかつき)


スープは鶏ガラを感じる鶏ガラ豚骨です(あかつき)

スープは鶏ガラを感じる鶏ガラ豚骨です(あかつき)

スープは「鶏ガラ」を感じるスープです。

確認はしなかったのですが、食べた感じでは「豚骨」も使っているはずです。

醤油ダレが出汁の風味より主張しないのも京都ラーメンの特徴で、あかつきさんのラーメンもベースの風味を損なわない醤油ダレになっています。

麺について(あかつき)


麺は中細麺で茹で方は普通くらいです(あかつき)

麺は中細麺で茹で方は普通くらいです(あかつき)

麺は「中細ストレート麺」で、かんすいで香りよいものです。

このスープなら固めより、これくらいの普通がいいかなと思いましたが、基本的に京都ではパツパツ感のある固めが多いです。

麺量が「チビ(0.5玉)、並(1玉)、1.5玉、大(2玉)」と選べるようになっており、値段は50円ずつ差があります。

花びらチャーシュー


チャーシューは少し厚切りになっています(あかつき)

チャーシューは少し厚切りになっています(あかつき)

京都では、チャーシューが薄切りで、チャーシューメンだと「花びらチャーシュー」になるのも京都ラーメンの特徴です。

しかし、あかつきさんのチャーシューは少し厚切りになっています。

ラーメン丼の端に花びらのように並ぶのは、他の京都ラーメンの老舗と同じです。

少し脂身が多かったのですが、食べごたえのあるチャーシューだと思いました(脂身の加減は年齢で感じ方変わります)。

これで750円なので、今でもお安く頑張っているラーメン店です。

ラーメンあかつき メニューや値段


サイドメニューや定食もあります(ラーメンあかつき)

サイドメニューや定食もあります(ラーメンあかつき)

・ラーメン 650円
・チャーシューメン 750円
・旨辛ラーメン 800円
・あかつきスペシャル 950円

ラーメンは4種類、他にも「唐揚げ、餃子、ライス」があり、それらの定食(900円~)もあります。

麺量は「チビ(0.5玉)並(1玉)1.5玉大(2玉)」で、基本価格から50円ずつ下がったり上がったりします。

メニューの「あかつきスペシャル」だけは「並(1玉)、1.5玉、大(2玉)、特(2.5玉)」から追加料金なしで選べるようになっています。

ラーメンあかつき 営業時間や定休日


銀閣寺エリアのラーメン「あかつき」

銀閣寺エリアのラーメン「あかつき」

さて、ラーメンあかつき 営業時間や定休日です。

営業時間は「11時30分~深夜3時」で、定休日は「月曜日」です。

深夜3時まで営業しているので「そろそろ眠くなってきたな、ラーメン食べようo(。’▽’。)o」と思った時に行けるので便利です。

京都府京都市左京区北白川別当町13(MAP
営業時間:11時30分~深夜3時
定休日:月曜日

ラーメンあかつき アクセス方法

ラーメンあかつき への行き方は銀閣寺への行き方と同じです。

銀閣寺道から「白川通」を少し北へ行った場所にあります。

公共機関はバスしかないので、タクシーの場合なら「白川通今出川」とか「銀閣寺道の入口」とか言えば分かるような場所です。

駐車場も駐輪場もないので、近隣のコインパーキングを使うなどするしかありません。

ラーメンあかつき への行き方(京都市バス)


京都のバスは後ろから乗車です(京都駅)

京都のバスは後ろから乗車です(京都駅)

公共機関で行く方法は「京都市バス」もしくは「出町柳駅から徒歩」ということになりますが、駅から歩くと距離があります。

確実なのは京都市バスで、JR京都駅からだと「5系統」が「銀閣寺道バス停」まで行きます

もしくは、北大路駅まで地下鉄で移動してから京都市バス「204系統」でいくこともできます。その場合は「高野・銀閣寺」行きに乗車してください。


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。