麺麓 京都祇園店 🦆🍜「店名が絵文字の鴨ラーメン専門店」新店オープン

京都の祇園で「店名が絵文字の鴨ラーメン専門店」が新店オープンです。お店の名前は「🦆🍜」(Gion Duck Noodle)で、鴨とラーメンの絵文字です。分かりやすく言うと「麺麓 京都祇園店」で、大阪の枚方市にある鴨出汁ラーメン店が京都に進出ということになります。

では「🦆🍜」さん、何時どこに新店オープンするのでしょうか。

広告

京都祇園にラーメン店「麺麓」の支店が2018年12月26日に新店オープン


京都祇園にラーメン店「麺麓」の支店が開店

京都祇園にラーメン店「麺麓」の支店が開店

2018年12月26日に京都祇園に新しいラーメン店が新店オープンです。

お店は「麺麓 京都祇園店」で、麺麓(めんろく)というのは大阪の枚方市にある鴨出汁ラーメン店のことです。

その鴨出汁ラーメン店「麺麓」が京都へ進出というのが今回のトピックスになります。

この告知自体は2018年前半からあったのですが、開業するまで時間がかかっており、ようやく2018年12月26日に開店となります。

パスタのような洋風ラーメンの「つけ麺」

パスタのような洋風ラーメンの「つけ麺」

パスタのような洋風ラーメンの「つけ麺」がメインのお店で、メニューは普通のラーメン1種とつけ麺が2種となります。

鴨を使ったり、食材にもこだわって、それをフレンチのような仕立てで提供するラーメン店だと思ってもらえると分かりやすいかと思います。

しかし、それ以上に注目すべきは店名でしょう。

実は「麺麓 京都祇園店」というのは正式な店名ではないのです。

正式な店名は絵文字「🦆🍜」のラーメン店


店名が絵文字の鴨ラーメン店「🦆🍜」がオープンする京都祇園の雑居ビル

店名が絵文字の鴨ラーメン店「🦆🍜」がオープンする京都祇園の雑居ビル

さて、店名を「麺麓 京都祇園店」と書きましたが、これは分かりやすく表記しただけで正式名称ではありません。

正式な店名は「🦆🍜

絵文字だけの店名のお店なのです。

京都には「名前のないラーメン店」もありますが、今回は「絵文字だけのラーメン店」ということになります。

この絵文字は「Unicode」で定義されたものなのでスマホや最近のブラウザであれば表示されるはずです。

ちなみに、正式店名である「🦆🍜」という絵文字は、どのようにして表示するのでしょうか?

Unicodeで定義された絵文字をブラウザで表示する場合はHTML文字参照のコードを使うのですが「🦆」が「🦆」です。

🦆(🦆
🍜(🍜

HTMLで表示する場合はこのコードを使うのですが、Wordpress4.2以降は絵文字対応されているので、絵文字ではなくコード文字列自体を表記したい場合は、コードの先頭の文字列「&」は「&」と記述しないと絵文字に変換されてしまいます。

絵文字を入力したいのであれば、コピペで絵文字を入力するのが一番カンタンな方法です。上のコード部分のリンクからコード取得ページにリンクを付けておきます。

麺麓 京都祇園店 🦆🍜 メニューと値段も絵文字


店名と同じ「🦆🍜」のラーメンは890円から

店名と同じ「🦆🍜」のラーメンは890円から

この「麺麓 京都祇園店 🦆🍜」さんですがメニューと値段も絵文字です。

さっぱりわかりませんが(笑)「🦆🍜」は鴨出汁の汁ありラーメンのことです。

リンゴとさくらんぼの絵文字が使われているのが「つけ麺」で、「🦆🍊」は有田みかんを使ったもの、「🦆🍒」はチェリーを使っています。

ラーメン 🦆🍜 めっちゃ飾ってあります

ラーメン 🦆🍜 めっちゃ飾ってあります

上の写真のめっちゃ飾ったラーメンが汁ありの「🦆🍜」です。

見てのとおり、ものすごくキレイに盛られています。

ラーメン 🦆🍜 並890円 大990円
つけ麺(有田みかん) 🦆🍊 小+たまご 980円、並980円、大1030円、特大1080円
つけ麺(チェリー) 🦆🍒 小+たまご 980円、並980円、大1030円、特大1080円

※チャーシューは「鴨もも肉、鴨ロース、鶏ささみ昆布じめ」から選択可能。

🦆🍊 つけ麺(有田みかん)実食レビュー


🦆🍊 つけ麺(有田みかん)

🦆🍊 つけ麺(有田みかん)

今回は「つけ麺」で有田みかんを使ったメニュー「🦆🍊」を紹介します。

どのメニューも鴨を使っているのですが、この鴨は和歌山県湯浅の「太田養鶏場」から直送された「紀州鴨」を使っています。

麺の見た目はほぼパスタで茶色い平打麺です。色はライ麦を配合してあるからで、ドイツ製石臼で挽いたものを使っていました。

手前の白い泡が「エスプーマ(ムース)」で、これは有田みかんを使っています。

麺の皿のフチにかかっているソースはワインを使ったマデラソースで、ほんのり甘いソースでした。

ちなみに店員さんが「ありたみかん」と言っていたのですが、正しくは「ありみかん」です。「有田(ありた)」だと「有田焼(ありたやき)」の方で佐賀県有田町のことになります。和歌山県有田市(ありだし)のミカンだから正しくは「ありだみかん」なのです。

麺麓 京都祇園店「🦆🍜」への行き方


麺麓 京都祇園店「🦆🍜」の場所

麺麓 京都祇園店「🦆🍜」の場所

では、この麺麓 京都祇園店「🦆🍜」の場所はどこなのでしょうか。

先日紹介した「らーめん錦」さんの近くで、祇園といっても八坂神社にかなり近い所です。

雑居ビルと雑居ビルの間にある「辻子(ずし)」という通り沿いにあります。

京都ではこういった細い道が多いのですが、一般には「路地」と呼ばれることが多いようです。

ただし「路地(ろおじ)辻子(ずし)」は別物で、路地は行き止まり、辻子は突き抜けている道のことです。

路地(ろおじ) 行き止まり
辻子(ずし) 反対側の道へ突き抜けている

京都では区画の中に入る細い道がたくさんありますが、それらを「路地(ろおじ)辻子(ずし)」と呼んでいます。

上の写真は「和家みつる」さんという飲み屋さんがあった場所ですが、麺麓 京都祇園店「🦆🍜」の場所はココです。

麺麓 京都祇園店 🦆🍜の四条通の方からはここを入ります(八坂神社交差点すぐ西)

麺麓 京都祇園店 🦆🍜の四条通の方からはここを入ります(八坂神社交差点すぐ西)

京都府京都市東山区祇園北側329(MAP
営業時間:12時~15時
定休日:月曜日、火曜日
URL:http://menroku.com/
Twitter:https://twitter.com/gionducknoodle

※地図に登録申請しておきました。

麺麓 京都祇園店 🦆🍜 SNSの口コミや評判(感想)


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。