麺処丸昌 伏見稲荷店 @京都「上鳥羽のラーメン2号店」2018年5月末 新店オープン

麺処丸昌 伏見稲荷店(Kyoto Ramen MARUSHO)が2018年5月末に深草駅前に新店オープンするようでした。すでに建物は完成しており、ラーメンの写真などが店頭で掲載されています。駅からは徒歩2分ほどの立地で「京都府警察学校」や「龍谷大学」の目の前です。本店は上鳥羽の「麺処 丸昌」さんで、こちらは「Kyoto Ramen MARUSHO」というのが正式な屋号になりそうでした。

では、この「麺処丸昌 伏見稲荷店(Kyoto Ramen MARUSHO)」ではどんなラーメンを提供するのでしょうか。

最新情報:2018年6月20日18時に開店を確認していますが、当面の営業は夜のみということです。

広告

「麺処丸昌 伏見稲荷店」京都府警察学校前で2018年5月末 新店オープンか


京都府警察学校前で「麺」という看板を見逃さないで取り締まりしてきました

京都府警察学校前で「麺」という看板を見逃さないで取り締まりしてきました

京都の宇治市へ向かう師団街道沿いで、なにやら見たことがない「」という看板が一瞬目に止まりました。

京阪本線「深草駅」から徒歩数分という場所で、龍谷大学や京都府警察学校などがある学生の町なのでラーメン店は多い立地ですが、これまで見たことがない看板だったので、バイクを停めて確認してみると・・・・

Kyoto Ramen MARUSHO

と屋号が書かれており、間違いなくラーメン店のようでした。

麺という文字に反応したところ「麺処丸昌 伏見稲荷店」でした

麺という文字に反応したところ「麺処丸昌 伏見稲荷店」でした

MARUSHO」というのは漢字で書くと「丸昌」ですが、そうです2018年2月5日に上鳥羽に新店オープンした「麺処 丸昌」2号店だったのです。

以前の紹介記事では「丸昌」の読み方がわからず「まるしょう?まるまさ?」などと書いてしまいましたが、そんな無知な我々のために今度は英語で「MARUSHO」と書かれているので一発で「丸昌」さんだとわかりました。

さて、上鳥羽の「麺処 丸昌」では「醤油、塩、味噌」の3種類のラーメンを提供しており、第一旭になんとなく似ているラーメンを提供していましたが「麺処 丸昌 深草店」さんではどのようなラーメンを提供するのでしょうか?

麺処丸昌 伏見稲荷店のラーメンは2種類(伏見ブラック、塩ラーメン)


醤油ラーメンは黒いスープの「伏見ブラック」

醤油ラーメンは黒いスープの「伏見ブラック」

店頭にはすでにラーメンの写真があったので見てみると、醤油ラーメンは黒いスープの「伏見ブラック」となっています。

上鳥羽の店はの豚骨醤油で「よくある京都ラーメン」という感じでしたが、深草のお店は大学生も多い立地ということでガツンとした味わいの「ブラックスープ」になっていました。

ベースは見た感じでは「鶏」かなという感じでしたが、こればかりは食べてみなければ分かりません。

黒胡椒がかかっており、紫玉ねぎ(赤玉ねぎ)とネギのトッピングがされており、値段は未掲載でしたが、学生街なのでそんなに高くはならないかなと思われました。

塩ラーメンは鶏肉がトッピングされているようです

塩ラーメンは鶏肉がトッピングされているようです

塩ラーメンも写真があって、こちらは鶏肉(チャーシュー、つくね)がのっており、他に「白髪ねぎ豆苗糸とうがらしメンマ」がトッピングされたもののようです。

醤油も味噌も少しオシャレな感じのラーメンになっており、同じ「麺処 丸昌」でも屋号はローマ字の「Kyoto Ramen MARUSHO」だし、ラーメンも雰囲気が若い感じなので、別のラーメン店になるようですね。

麺処丸昌 伏見稲荷店 への行き方(アクセス方法)


麺処丸昌 伏見稲荷店、深草駅から徒歩2~3分です

麺処丸昌 伏見稲荷店、深草駅から徒歩2~3分です

さて「麺処丸昌 伏見稲荷店」への行き方(アクセス方法)です。

京阪本線「深草駅」の西口(1番出口)を出て師団街道まで行って右折、京都府警察学校の真正面にお店があります。

徒歩数分かからない場所に「深草駅、龍谷大学」もありますが、人通りはさほど多くない場所です。

京都府京都市伏見区深草ススハキ町24−3
営業時間:18時~22時
定休日:日曜日


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。