らーめんや たみん @京都・深草「濃厚鶏ラーメン」2018年2月新店オープン

2018年2月、京都・深草で「らーめんや たみん(ラーメンたみん)」さんが新店オープンしていたようです。営業は確認できていないのですが、ラーメン店であるのは確かです。ラーメンは濃厚鶏出汁、それに鯛を合わせたスープのようでした。

では「らーめんや たみん」さんは何処にあるどんなラーメン店なのでしょうか。

京都・深草「らーめんや たみん」が新店オープンか


京都・深草で「らーめんや たみん」が新店オープン

京都・深草で「らーめんや たみん」が新店オープン

2018年2月時点で、京都の深草駅すぐ近くに新しいラーメン店が新店オープンしています。

屋号は「らーめんや たみん(ラーメンたみん)」となっており「ラーメン」という暖簾がかかっているのが確認できました。

ただし、何度行っても営業しているが確認できていない状況です。

調べてみると、ラーメンは鶏の濃厚タイプで鯛を使った出汁をベースにしたもののようで、値段は並が750円となっていました。

並(麺量210g)700円
小(麺量150g)550円
大(麺量350g)850円

※値段は2018年8月時点のものです。

ラーメン一杯が500円に価格改定(らーめんや たみん)

ラーメン一杯が500円に価格改定(らーめんや たみん)

ただし、2019年4月に再訪したところ、なんとラーメン一杯500円に価格改定されていました。

濃厚ラーメン(中太麺)500円
しょうゆラーメン 500円
替え玉(細麺)100円
賄い丼(日替わり)200円
唐揚げ1個 100円
白メシ 50円

濃厚ラーメンは一杯500円


濃厚ラーメン(中太麺)500円

濃厚ラーメン(中太麺)500円

では「らーめん たみん」さんのラーメンとはどのようなラーメンなのでしょうか。

濃厚と醤油の2種類ありますが、濃厚ラーメンの写真を掲載します。

トロッとした豚と鶏のスープに胡麻のような色あいで醤油ダレを使ったラーメンです。

濃度は結構あります(極鶏の5割程度)

濃度は結構あります(極鶏の5割程度)

濃度は結構あり、風味もよく出ていて、チャーシューは厚切りのものが3枚、キムチの味付けのメンマと多めのネギがはいっています。

一杯500円とは思えないクオリティで、ラーメン専門店で800円くらいで出てきてもおかしくありませんでした。

麺も味わいのあるもので美味しいと思います。

らーめんや たみん 営業時間とアクセス方法

さて、このラーメン新店「らーめんや たみん」さんなのですが、営業時間が不定期でしたが、現状ではTwitterで告知されており「12時~14時、17時~21時18時30分~21時30分」くらいでの営業となっています。

定休日は「木曜日、土曜日~月曜日」で、つまり営業日は「火曜日~水曜日、金曜日」のみでしたが、こちらもTwitterにて営業日をご確認ください。

京都府京都市伏見区深草直違橋10丁目163−1
営業時間:Twitterで要確認
定休日:Twitterで要確認
公式Twitter:https://twitter.com/msKWm5lPlwGCcxA
公式Blog:https://blog.goo.ne.jp/tamin_men


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。