京都・一乗寺「美味しい・おすすめラーメン」厳選まとめ【2018年版】

今回の「京都ラーメンブログ」のテーマは「おいしいおすすめラーメン」を一乗寺エリアから厳選して紹介します。京都のラーメン最新情報をウォッチするマニアが厳選した2018年版「一乗寺にある美味しい・おすすめラーメン 厳選まとめ」です。

他のメディアと違って、地元発信の情報なのでややマニアックな内容になっています。

広告

2018年最終版!京都・一乗寺の「美味しい・おすすめ」ラーメン


京都には「一乗寺」という夢のようなラーメン街道があります

京都には「一乗寺」という夢のようなラーメン街道があります

今回の「京都ラーメンブログ」は、京都のラーメンストリート「一乗寺」エリアラーメンを食べるならドコのお店がお薦めなのかという話です。

これは、さすがに個人の好みがあるということで、うちのラーメンマニアも「おいしいかどうかは個人の主観だから」と難色を示していたテーマなのですが「接客雰囲気素材価格」などを総合的に考慮すれば客観的な評価になると考え公開することになりました。

本ブログのラーメン記事は、よくある提灯記事などは一切なく「見て食べて感じた」ことを率直に書くのがポリシーなので、有名だけど「どうってことないよね」というラーメン店の紹介ではありません。

京都でラーメンを食べ歩くウォッチャーが、また食べに行きたいなと思ったお店のみを厳選しています。

今回は「おいしさ」以外にも「ユニークさ」のあるお店など再訪したいと思うラーメン店から選別しました。

つけめん 恵那く (おすすめ!)


得製つけめん(つけめん 恵那く)

得製つけめん(つけめん 恵那く)

オープンして1年ほどはお客さんもあまり入ってなかったお店ですが、うちのラーメンウォッチャーが「まぢで旨いから」と太鼓判を押していたのに(混むと嫌だから)レビューを書かなかったというつけ麺専門店が「つけめん 恵那く」さんです。

今は知られているので人気店のひとつですが、甘みのある濃厚なつけ汁は京都ではまだ珍しいタイプのつけ麺です。

極太の麺は、たとえ450gもある大盛でもペロリと食べてしまうほどの味わいで、汁に漬けないでそのまま食べても美味しい麺です。

京都府京都市左京区一乗寺高槻町20−2
営業時間:11:30~15時、18時~20:30
定休日:火曜、不定休
Facebook:https://www.facebook.com/enak.kyoto/

ラーメン池田屋


たまに食べたくなる魔性の一杯

たまに食べたくなる魔性の一杯

東京で本場の「ラーメン二郎」を食べていた本ブログのラーメンウォッチャーが、京都に移住して食べたインスパイアの中では断トツで旨いと言ったのが「ラーメン池田屋」です。

味付けが少し濃いめなので、シッカリとした味の「ラーメン二郎 インスパイア」で、それがちょうど食べやすいのです。

ラーメン池田屋さんは、夜まで行列ができる一乗寺の人気店で、いつも学生が並んでいます。

麺量が180gの「プチ」というサイズでも食べきれるかどうか分からないほどお肉や野菜が入っていますので、注文する時は十分考えてからの方が良いでしょう。(ちなみに上の写真は麺量300gで野菜少なめです)

京都府京都市左京区高野玉岡町33−10
営業時間:11:30~14時、18時~24時
定休日:不定休
Twitter:https://twitter.com/ikedayakyoto

天天有 (おすすめ!)


甘くて濃厚な鶏ポタスープ(天天有)

甘くて濃厚な鶏ポタスープ(天天有)

一乗寺で食べるなら「天天有のラーメン」という方は、地元の方だったら多いことでしょう。

こちらは、地元のラーメン好きが食べに来るお店で、夜営業だけなので「一見さん」はあまり知らないラーメン店でもあり、うちのラーメンウォッチャーが京都で一番好きなラーメンを出すお店です。

甘みのある鶏ポタスープが特徴で、ご飯と一緒に食べたくなるような味わいのスープがなんとも言えない深い味わいがあります。

京都ラーメンの中には「鶏ポタ系」のお店っていくつかあるのですが、食べて記憶に残るのはこの「天天有」さんだけです。

ちなみに「天天有」ってたくさんあるのですが、こちらが「元祖」のお店で、よく見かける同じ名前のロードサイド店は、レシピと屋号が同じで別会社が経営する「のれん分け」です。

大阪と福岡にある「天天,有」さんは親せきの方が経営されている「のれん分け」店ですが、うちのラーメンウォッチャー曰く「昔の味で食べたいなら大阪の店がいいよ」と言っていました。

京都府京都市左京区左京区一乗寺西杉ノ宮町49
営業時間:19時~深夜2:30(日祝は18時~深夜1:30)
定休日:水曜

ラーメンてうれ


450円の味噌ラーメン(ラーメンてうれ)

450円の味噌ラーメン(ラーメンてうれ)

ラーメンてうれ」さんがあるのは、一乗寺エリア南端から50メートルほど田中町に入ったところです。

一乗寺ではありませんが(近隣です)「安くて・お腹いっぱいになる」というラーメン店です。

なんと!「味噌ラーメン 450円醤油ラーメン 400円」という昔の価格なのです。

最近の「素材で勝負」という高級ラーメンとは真っ向から違うお店で、味はそういうお店には敵わないのですが、50年近く前に食べてたスタンドラーメン店の「味噌ラーメン」の味がして、ちょっとノスタルジックに浸れるラーメンなんです。

京都府京都市左京区田中東高原町33
営業時間:11:30~14時、17:30~22時
定休日:火曜
URL:http://www.eonet.ne.jp/~teure/

ラーメン岡本屋


いかにも京都ラーメン!動物系スープが強烈な一杯(岡本屋)

いかにも京都ラーメン!動物系スープが強烈な一杯(岡本屋)

最後の紹介は、一乗寺ラーメンストリートからは少し離れますが「一乗寺エリア」にあるマニアしか知らない「ラーメン岡本屋」さんです。

こちら、京都の超有名なラーメン店「ますたに」の名物おばあちゃんが今でもラーメンを作っているお店なのです。

今の「ますたに」はいまいち味が評判ほどではないのですが、こちらの「ラーメン岡本屋」さんは「昔ながらのますたに系ラーメン」を食べられるということで、京都の古参ラーメンマニアが通うお店になっています。

中細ストレート麺に鶏ガラの香りがツーンと鼻につきぬける「昔ながらの京都ラーメン」の味がします。

京都府京都市左京区一乗寺西水干町32
営業時間:9時~18:30
定休日:月曜
URL:http://x71.peps.jp/okamotoya/

京都駅から一乗寺へ行く方法(電車編)


一乗寺は電車で行く場合は叡電「一乗寺駅」が最寄りになります

一乗寺は電車で行く場合は叡電「一乗寺駅」が最寄りになります

さて、最後に「京都駅から一乗寺へ行く方法」を載せておきます。

地元の方以外(他府県の方)だと分かりづらい場所にあるからです。

電車で行く場合は最寄り駅は叡電「一乗寺駅」になりますので、京都駅からだと3本の路線を乗り換えて行く必要があります。

京都駅からJR奈良線で奈良方面へ1駅戻って京阪本線に乗ると楽です

京都駅からJR奈良線で奈良方面へ1駅戻って京阪本線に乗ると楽です

・京都駅からJR奈良線「東福寺駅」へ向かう(8番~10番線乗り場、1駅、140円)
・東福寺駅で京阪本線に乗り換え「出町柳駅」へ向かう(5駅、270円)
・出町柳駅で叡山電鉄に乗り換え「一乗寺駅」へ向かう(3駅、210円)

この経路が「電車で京都駅から一乗寺駅へ行く安い方法」です。

・京都駅から地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」へ向かう(3駅)
・烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換え「三条駅」へ向かう(1駅、ここまで210円)
・三条駅で京阪本線に乗り換え「出町柳駅」へ向かう(2駅、210円)
・出町柳駅で叡山電鉄に乗り換え「一乗寺駅」へ向かう(3駅、210円)

地下鉄でも「電車で京都駅から一乗寺駅へ行けますが少し乗り換えが多く」なります。

京都駅から一乗寺へ行く方法(バス編)


京都のバスは後ろから乗車です(京都駅)

京都のバスは後ろから乗車です(京都駅)

京都駅前から市バスを使って(乗り換えなしで)行くことが出来るのが「206系統」というバスです。

循環バスなので方向を間違えないように「三十三間堂清水寺 祇園・北大路バスターミナル行き」というのに乗車します。

・京都駅から京都市バス「206系統」に乗車(30分、230円)
・高野バス停で下車

この経路が「京都駅から一乗寺駅へ行く最速・最安の方法」です。

ただし、混むし座れないし大渋滞になることもあります。

京都駅と一乗寺の往復だけなら不要ですが、あると便利な「京都市バス1日乗車券」

京都駅と一乗寺の往復だけなら不要ですが、あると便利な「京都市バス1日乗車券」

その他の京都ラーメン・ランキング&まとめ記事


他にも京都ラーメンをジャンル別にまとめた記事(ランキング等)がありますので、ぜひご覧ください。


この記事は京都のラーメン新店調査や実食レビューに定評のある記者「ノーディレイ(@nodelayworks)」により書かれています。関西・京都の知られざるラーメン店を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくし京都観光やグルメの発展を目指すことが目的です。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。