あかひげ葱 @京都・園部町「白い部分が赤くなるネギ」を購入

今回は京都府南丹市園部町で見つけた白い部分が赤くなるネギ「あかひげ葱」を紹介します。京都の食材というわけでもなく、品種としては最近のものでトキタ種苗株式会社さんで品種改良した葱なのだそうです。

広告

白い部分が赤くなるネギ「あかひげ葱」


白い部分が赤くなるネギ「あかひげ葱」

白い部分が赤くなるネギ「あかひげ葱」

白い部分が赤くなるネギ「あかひげ葱」が産直で売られていたので買ってみました。

上の写真がその「あかひげ葱」で、軟白部が赤紫色になっているネギです。

軟白部というのはネギでいえば白い部分のことですが、関西ではこの白い部分が少ないネギを栽培しているということは以前の記事「関東と関西のネギの違い」で書きました。

葉鞘(ようしょう)部分が赤紫色になる品種が「あかひげ葱」

葉鞘(ようしょう)部分が赤紫色になる品種が「あかひげ葱」

この白い部分、正確には「葉鞘(ようしょう)」と呼ばれている部位で、本来は葉になる部分ですが土の中に埋まっていたため葉のように緑色にはならない箇所のことです。

緑色の葉の部分、これは正確には「葉身(ようしん)」と呼ばれています。

葉鞘(ようしょう)部分が赤紫色になる品種が「あかひげ葱」なのです。

京都・園部町で買った「あかひげ葱」


京都・園部町で購入した京都・園部町で買った「あかひげ葱」100円

京都・園部町で購入した京都・園部町で買った「あかひげ葱」100円

では、この「あかひげ葱」はどこのネギなのでしょうか?

どこかの伝統野菜かなと調べてみると、トキタ種苗株式会社さんで品種改良した葱なのだそうです。

その公式サイトによると「赤い軟白部が目を引く。独特風味と軟らかさのおいしい分けつ葱。」とのことで、土寄せとし低温環境で育てることで葉鞘(ようしょう)が赤くなるそうです。

楽天市場などでも販売されていないし、産直などでもあまり見かけることはありません。

そのため流通量はさほどないものと思われました。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。