大原の里 温泉@京都「紅葉の五右衛門風呂」レビュー

今回の「京都温泉」紹介は大原にある天然温泉で五右衛門風呂が楽しめる「大原の里」へ行って来ました。今の紅葉シーズンなら「紅葉の五右衛門風呂」に入ることができる天然温泉です。2004年に開業して天然温泉かけ流しのお宿です。

入浴料は1000円から、この値段で絶景の「紅葉の五右衛門風呂」が楽しめるんです!

広告

京都の温泉「紅葉の五右衛門風呂」がある大原の里


紅葉の五右衛門風呂が京都の大原にありました

紅葉の五右衛門風呂が京都の大原にありました

今回の「京都温泉」紹介は、紅葉の大原で入浴する「紅葉の五右衛門風呂」の紹介です。

大原の里」というお宿があり、そこの日帰り入浴で楽しむことができるのが紅葉の五右衛門風呂です。

紅葉の時期に行くと湯船に浮かぶ紅葉がとても美しい天然温泉です。

今回はちょうど紅葉の良い時期に、この「紅葉の五右衛門風呂」を楽しんできました。

大原の里 日帰り入浴の値段


京都は大原のお宿「大原の里」で入浴できます

京都は大原のお宿「大原の里」で入浴できます

大原の里は京都の奥座敷にあるお宿で、老舗の旅館です。

寂光院へと向かう道の途中にあり、日帰り入浴が1000円から楽しむことができます。

日帰りコースはドリンクから鍋が付くコースになっていて、最低料金が1000円からです。

・ドリンクコース 1000円
・おはぎコース 1000円
・白みそアイスコース 1000円
・おにぎりコース 1300円
・うどん、そばコース 1600円
・味噌鍋コース 3600円

大原の里 日帰り入浴「五右衛門風呂」レビュー


入店してすぐのカウンターで入浴料を支払います(大原の里)

入店してすぐのカウンターで入浴料を支払います(大原の里)

大原の里で日帰り入浴を使用する場合は、入店してスグ左のカウンターで入浴料を支払います。

貴重品は上の写真の貴重品ロッカーに必ず入れてください。

浴場にはロッカーがありません。

大原の里の天然温泉は弱アルカリ性の単純温泉です

大原の里の天然温泉は弱アルカリ性の単純温泉です

大原の里の天然温泉は弱アルカリ性の単純温泉ですが、ナトリウムイオンと炭酸水素イオンが含まれているので軽くスベスベする泉質になっています。

実際に入浴したところ、入りやすい温泉でした。

また、この辺りの泉質の特徴としては「ラドン量」が多い放射能泉となっているのが特徴です。

温泉は内湯と露天風呂があります(大原の湯)

温泉は内湯と露天風呂があります(大原の湯)

大原の湯の醍醐味といえば「五右衛門風呂」でしょう。

大きな鉄釜が露天風呂になっており、天然温泉が注がれているお風呂です。

紅葉の時期に行ったので、湯船には紅葉がたくさん浮かんでいました。

とても気持ちの良い温泉です(大原の湯)

とても気持ちの良い温泉です(大原の湯)

温泉というのは泉質も大事ですが、雰囲気もとても重要な要素です。

この「大原の湯」では紅葉を感じながら入浴ができるので、とても気持ちよく入浴することができました。

値段も1000円からなので、このレベルで1000円なら十分満足できる温泉だと思います。

大原の里へのアクセス方法


大原の湯へは自家用車か京都バスで行くことになります

大原の湯へは自家用車か京都バスで行くことになります

実はココ、2018年12月3日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』でも紹介された天然温泉です。

では、2004年に開業した「大原の湯」へ行くにはどうすれば良いのでしょうか。

基本的には自家用車で行くことになりますが、出町柳駅から京都バス「32系統」もしくは国際会館駅から京都バス「52系統」で行くことができます。

最寄りのバス停は「大原バス停」でそこから徒歩で10分ほどの場所です。

京都府京都市左京区大原草生町41
営業時間:
定休日:
公式サイト:http://www.oohara-no-sato.co.jp/


関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。