松井山手 スパ&ホテル 水春 @京都「天然温泉スーパー銭湯」2018年12月新店オープン

京都の松井山手に新しいスーパー銭湯松井山手 Spa & Hotel 水春(松井山手 スパ&ホテル)」が開店するのが判明しています。公式情報にもまだ未掲載ですが、2018年5月時点で建設中になっていました。建物は3階建てくらいの高さ、広さは大きなショッピングモール級あり、そこに「ホテルスパレストラン」などが入るようです。この付近は大阪・枚方まで行かなければスーパー銭湯はないので重宝しそうですし、なんといってもベッドタウンなので利用者は多くなりそうです。

水春は関西で展開している天然温泉のスーパー銭湯で、この施設も天然温泉になる可能性があります(まだ未確定)。

広告

松井山手 スパ&ホテル 水春 が京都で建設中です


ぼんやり遠くに見える「水春」という文字を見逃さなかった!

ぼんやり遠くに見える「水春」という文字を見逃さなかった!

京都府のものすごい南にある京田辺市(松井山手)をなんとなく見て回っていたところ、遠くにぼんやり「水春」という看板を付けた大きなビルが建設中でした。

まさか!

水春といえば、関西圏で天然温泉のスーパー銭湯を展開しているグループですが、なんと松井山手に新しいスーパー銭湯「松井山手 スパ&ホテル 水春」を建設中だったのです。

SPA&HOTEL 松井山手 水春 が2018年12月に開店

SPA&HOTEL 松井山手 水春 が2018年12月に開店

松井山手 スパ&ホテル 水春」の建物は3階建てのようで、横にもかなり広い巨大な建物です。

スーパー銭湯にしてはかなり大きいですが、立体駐車場なんかもあるのかもしれません。

こちらの場所ですが、第二京阪道路の「京田辺PA」真上という立地で、すぐ隣は大きな家電量販店「ケーズデンキ松井山手店」があるという場所です。

すぐ近くには広大な新興住宅地が広がり、もしここにスーパー銭湯ができたら相当な客足が見込める立地です。

工事看板に書かれた正式名は「松井山手 Spa & Hotel 水春」

工事看板に書かれた正式名は「松井山手 Spa & Hotel 水春」

正式な店名は「松井山手 Spa & Hotel 水春」となるようで、スパとホテルが一緒になったものです。

ホテルが一緒なので、建物自体もかなり大きくなっているのだと思われました。

スパ」とあるので、天然温泉スーパー銭湯の他に「ホットヨガスタジオ」や「エステサロン」も併設して、さらにホテルもあるのでレストランなどもできるのかもしれません。

すぐ隣の大阪・枚方エリアにはスーパー銭湯は多いのですが、この京都南部ではまだまだスーパー銭湯がありませんので、期待の新店だと思います。

松井山手 スパ&ホテル 水春 への行き方(アクセス方法)


スパ&ホテル水春 松井山手

スパ&ホテル水春 松井山手

さて、この松井山手に開店する新しいスーパー銭湯「松井山手 スパ&ホテル 水春」の場所ですが、JR片町線「松井山手駅」から徒歩5分くらいの立地で、第二京阪「京田辺PA」の真上です。

真下には高速道路が通っており、側道で国道1号線も並んで走っています。

京都市内から京田辺PAで市街に入ると「第二京阪口東」の交差点に出るのですが、それを左折、一本目を再度左折して北に戻ると「ケーズデンキ」が見えるので、その建物の左側(西)になります。

高速バスの停留所もすぐ隣くらいで、交通手段は多いのですが、電車で京都市内からは行くことはできません。

開店日は2018年12月ということなので、もう少し詳しい情報が分かりしだい追記していきます(公式情報にもまだ掲載されていません)。

京都府京田辺市山手中央4付近
営業時間:9時~深夜2時(土日祝は朝6時~深夜2時)
定休日:年中無休(予測)
URL:http://suisyun.jp/


関西圏を中心に全国の有名・無名天然温泉や銭湯・スーパー銭湯およびホテル・旅館を紹介します。温泉の魅力を見つけ紹介することで、地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。