2019年12月6日オープン らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店

京都市左京区、2019年12月6日に新店オープンした「洛北阪急スクエア」の2階フードコートに、京都・宇治に本店を構える創作料理店「らんちょす」の姉妹店があります。そこではカレーを食べることができるのですが、子供からお年寄りまで食べられるフルーティーなカレーが提供されています。

2019年12月6日オープン らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店


2019年12月6日オープン らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店

2019年12月6日オープン らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店

京都市左京区の「洛北阪急スクエア」2階にカレー専門店「らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店」があります。

開業は1年近く前の2019年12月6日のことです。

らんちょすキッチンは京都府宇治市にある創作料理店「らんちょす」の姉妹店にあたります。

創作料理店「らんちょす」はお子様からご年配までが安心して食べられる洋食のお店ですが、その精神を引き継ぎつつもっとカジュアル&リーズナブルに食べられるようにというコンセプトのお店が姉妹店の「らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店」です。

このお店のメニューは?


フルーティーなカレーの専門店です

フルーティーなカレーの専門店です

カレーはプレーンからフライをトッピングさせたものが用意されています。

誰が食べても美味しいと思うフルーティーな味わいのカレーです。

ほんのり酸味があり、辛口と甘口の2種類から選べます。

今回は甘口のプレーンカレーを注文しました。

らんちょすカレー(490円、税別)


らんちょすカレー(490円、税別)

らんちょすカレー(490円、税別)

今回食べたのはプレーンに該当する「らんちょすカレー(490円、税別、甘口)」です。

税別なので実質は500円ちょいくらいですね。

フルーツとか玉ねぎが多く使われている味わい、酸味の中に甘さを感じるカレーです。

とても自分好みで美味しいカレー

とても自分好みで美味しいカレー

個人的にはフルーティーなカレーが大好きで、最近流行りのスパイスカレーはあまり好きではありません。

家で作れるレベルのカレーもわざわざ外で食べるのもなぁと思うこともありますが、ここ「らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店」のカレーは家ではなかなか作れない味わいのカレーなので満足度が高いお店です。

手間暇かかっているのが分かるカレーで、これが500円なら十分満足できるお店でした。

メニューと値段


メニューと値段(らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店)

メニューと値段(らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店)

ハンバーグやフライに唐揚げなどのトッピングメニューもあります。

値段は790円~1000円ちょいくらい、海老フライつけても880円とかなので他店と比較するとリーズナブル感があります。

ただ、トッピングをするとフライなどにカレールーがかかるので「ご飯とルー」を楽しみたい人にはプレーンがお薦めでした。

このお店への行き方や営業時間は?


らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店

らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店

今回紹介した「らんちょすキッチン 洛北阪急スクエア店」は京都市左京区の高野交差点近くにある「洛北阪急スクエア」の2階フードコートにあるお店です。

駐車場もあるし行きやすいかと思いますが、電車とか市バスで行くのは大変です。

営業時間は「10時~21時」で、定休日は洛北阪急スクエアに準拠します。

イオン久御山にもあるし、MOMOテラスや枚方市のニトリモールにも出店しているので、近くの店舗で食べるのが良いですね。

〒606-8103 京都府京都市左京区高野西開町34−1(地図
営業時間:10時~21時
定休日:洛北阪急スクエアに準拠
公式サイト:https://www.ranchos.jp/information/rakuhoku.html

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。