2020年10月5日オープン くらしゴトLabo (京都府亀岡市、農産物直売所)

京都府亀岡市千歳町、田園広がる長閑な場所に自家栽培の米や野菜を販売する直売所「くらしゴトLabo」さんが2020年10月5日から新店オープンしています。畑で採れたばかりのサツマイモや、目の前の田んぼで収穫された亀岡・千歳産のキヌヒカリを販売しています。塩おにぎりも2個で100円で販売したりしています。

2020年10月5日オープン くらしゴトLabo


2020年10月5日オープン くらしゴトLabo

2020年10月5日オープン くらしゴトLabo

京都府亀岡市の亀岡園部線(府道25号)を園部方面に北上していると、七谷川の桜の名所を越えたくらいのところに農産物直売所「くらしゴトLabo」さんが新店オープンしていました。

2020年10月5日から試験的に平日週2日くらいの頻度で直売所を運営するそうです。

お店は畑の中のテントで行われていて、その畑で採れた野菜などを販売していました。

畑で採れた野菜をその場で販売(くらしゴトLabo)

畑で採れた野菜をその場で販売(くらしゴトLabo)

野菜はその時々で変わると思いますが「サツマイモ、こかぶ、万願寺唐辛子」など敷地の畑で採れたものを販売していました。

目の前の田んぼで収穫された令和2年産の新米(キヌヒカリ)を販売

目の前の田んぼで収穫された令和2年産の新米(キヌヒカリ)を販売

また、目の前の田んぼで収穫された令和2年産の新米(キヌヒカリ)も販売しており、そのお米で今朝むすんだ「塩むすび」も売られていました。

今回はこの「塩むすび」を買って、近くの田んぼで食べてきました。

塩むすび(2個入り100円)


塩むすび(2個入り100円)

塩むすび(2個入り100円)

塩むすびは2個入って100円、ゴマがのったおむすびでほんのり塩味です。

今年の新米でモッチリして、粒もピカピカ光っていました。

粒もピカピカ光っています

粒もピカピカ光っています

クセのないスッキリとした味わいの「キヌヒカリ」なので、添えられた沢庵(たくわん)を引き立たせています。

お値段も2個100円とお手軽などがいいですね!

新米なので粒がたってて美味しくいただくことができました。

このお店への行き方や営業時間は?


くらしゴトLabo

くらしゴトLabo

こちらの「くらしゴトLabo」さんの場所ですが、亀岡駅の東側を通る亀岡園部線(府道25号、サンガスタジアムの東側を通る高架)を園部方面に北上しているとお店があります。

黄色いテントに水色の看板があるので目立ちました。

住所でいえば「〒621-0002 京都府亀岡市千歳町千歳横井20」で「さくら公園」のすぐ北です。

お店はまだ試験営業。

週に2日くらい平日のみ営業するとのことで、公式Twitterがあるので、それを見れば営業日は分かるはずです。

営業時間は「11時~15時」くらいだそうです。

〒621-0002 京都府亀岡市千歳町千歳横井20(地図
営業時間:11時~15時くらい
定休日:週2日くらい平日のみ営業
公式Twitter:https://twitter.com/kurashi_kamado

このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。