2020年6月1日オープン くつろぎダイニング てげてげ

京都市伏見区の大手筋西詰のところを北に上がったところに宮崎料理のお店「つろぎダイニング てげてげ」が2020年6月1日に新店オープンしています。オーナーさんの郷里が宮崎県なのだそうです。宮崎県といえば地鶏、九州の地酒などですね。お店は1階はカウンター、2階はお座敷でランチは定食が600円ほどというお店です。

2020年6月1日オープン くつろぎダイニング てげてげ


2020年6月1日オープン くつろぎダイニング てげてげ

2020年6月1日オープン くつろぎダイニング てげてげ

京都市伏見区「大手筋」へ西側から入る直前の道を北に歩いていたところ、宮崎料理のお店「くつろぎダイニング てげてげ」が2020年6月1日に新店オープンしていました。

方言で「てげてげ」は「まあまあ」という感じの意味。

この「くつろぎダイニング てげてげ」もハードルを高くせずに「ほどほど」にという意味あいがあるようです。

宮崎料理のお店です

宮崎料理のお店です

前述のように宮崎料理のお店で、宮崎といえば地鶏ということもあり「宮崎地鶏鶏たたきチキン南蛮」などが当然のようにあります。

あと「がね」がありますね。

がねとは南九州地方(天草)の郷土料理で、芋の天ぷらのことです。

人参と一緒に揚げて「かき揚げ」にして食べたりするもので「がね揚げ」って呼ばれています。

また「ゆで落花生」もありますが、これも宮崎ではよく食べられているものです。前に住んでいた落花生が特産の千葉県ではかなりポピュラーな食べ物でした。

冷汁(ひやじる)も宮崎の郷土料理です。

焼いた味をすり鉢ですって、それに麦味噌とゴマを入れた汁物です。キュウリ入れたりしますね。

京都って、他地方のお料理を専門に出すお店って多くなくて(ないわけではない)、郷土料理を調べるためによく探していても見つからない立地なんですが、このお店があれば「宮崎料理」は問題なく食べられそうなお店です。

このお店のランチメニューは?


ランチメニューは一般的だが安い!

ランチメニューは一般的だが安い!

ランチ営業もしていて、ランチメニューは宮崎にこだわる感じではありませんが、値段が650円~700円とお手軽に定食が食べられるお店です。

「牛焼肉(700円)、天ぷら(700円)、唐揚げ(650円)、焼魚(650円)、ミックスフライ(650円)、チキン南蛮(650円)」と嬉しい価格帯になっています。

宮崎名物のチキン南蛮定食も650円

宮崎名物のチキン南蛮定食も650円

ランチメニューには宮崎名物の「チキン南蛮」があるのがいいですね。

でも、店頭には宮崎色があまりないみたいです。

逆にそういうほうが京都では良いのかもしれません。

このお店への行き方や営業時間は?


くつろぎダイニング てげてげ(店舗外観写真)

くつろぎダイニング てげてげ(店舗外観写真)

では「くつろぎダイニング てげてげ」はどこにあるお店なのでしょうか。

場所は前述しましたが、京都市伏見区「大手筋」へ西側から入る直前の道を北に歩いていたところです。

三菱UFJ銀行の東側の道を北ということです。

営業時間はランチが「11時~14時」で、ラストオーダーは30分前となっていました。

〒612-8055 京都府京都市伏見区伯耆町1−2(地図
営業時間:11時~14時、18時~22時30分
定休日:日曜日
公式Twitter:https://twitter.com/tege_tege_kyoto
公式Instagram:https://www.instagram.com/tege_tege_kyoto/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。