串龍(くしたつ)@京都・嵯峨嵐山駅前に「くじら料理と串カツの店」が開業していた

京都市右京区の嵯峨嵐山駅前に「くじら料理と串カツ 串龍(くしたつ)」が新店オープンしていました。「鯨のお造り盛り合わせ(赤身、ベーコン、鹿子、本皮、切舌)」が1900円で食べられるみたいで、営業は17時からの夜だけとなっていました。

京都・嵯峨嵐山駅前に「くじら料理と串カツ 串龍(くしたつ)」が新店オープン


京都・嵯峨嵐山駅前に「くじら料理と串カツの店」が開業していた

京都・嵯峨嵐山駅前に「くじら料理と串カツの店」が開業していた

JR嵯峨嵐山駅前に新しく「くじら料理と串カツ」のお店が新店オープンしていました。

お店の名前は「串龍(くしたつ)」さん、京都でクジラ料理って珍しいのですが、それも嵐山の観光地に出店ということに興味津々です。

元はタピオカティーとホットサンドのお店「プ.ティーモ(P.teamo)」があった場所です。

駅の南口から徒歩1分という好立地(くじら料理と串カツ 串龍)

駅の南口から徒歩1分という好立地(くじら料理と串カツ 串龍)

駅の南口から徒歩1分という好立地で、駅から渡月橋へと向かう道の途中右側にお店があります。

この界隈は観光地なのですが、昼間営業していないお店です。

営業は17時から、この界隈にはスノーピークも出来るしゲストハウスもあるので、その宿泊者をターゲットにした飲食店であるのは間違いなさそうです。

このお店のメニューは?


鯨のお造り盛り合わせ(赤身、ベーコン、鹿子、本皮、切舌)

鯨のお造り盛り合わせ(赤身、ベーコン、鹿子、本皮、切舌)

料理は「くじら料理串カツ」で、クジラは「鯨のお造り盛り合わせ(赤身、ベーコン、鹿子、本皮、切舌)」です。

5品盛りで値段は1900円となっています。

串カツ8本セット(1500円)

串カツ8本セット(1500円)

串カツは8本セットで1500円でした。

串龍(くしたつ)メニュー

串龍(くしたつ)メニュー

串カツは単品でもあり、種類は約30種類「和牛ロース(350円)、天使の海老(350円)、豚ロース(200円)、くじら(250円)、ササミ(150円)、ホタテ(230円)、野菜いろいろ(120円~)」となっていました。

天使の海老

天使の海老

クジラの串カツがあるのと、天使の海老がありますね。

これブランドエビのことで「究極の刺身」とか「世界最高の美味しさ」とキャッチコピーが付いていました。

串カツのメニュー(一品料理もあります)

串カツのメニュー(一品料理もあります)

観光地なので夜はひっそりとしたエリアですが、そこに17時から深夜まで営業している飲み屋さんというのが面白いですね。

このお店への行き方や営業時間は?


JR嵯峨嵐山駅前(京都市右京区)の目の前です

JR嵯峨嵐山駅前(京都市右京区)の目の前です

このくじら料理と串カツの店「串龍(くしたつ)」さんがあるのはJR嵯峨嵐山駅前(京都市右京区)の目の前です。

南口を出て真っすぐ、すぐ右側のお店です。

営業時間は「17時~24時」で夜営業のみ、定休日は「水曜日」となっていました。

このテナントは奥が少し広い簡易的なスペースになっていて、そこで食べられるようになっているようでした。

〒616-8373 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺車道町8−2(地図
営業時間:17時~24時
定休日:水曜日
公式Instagram:https://www.instagram.com/p.teamokyotoarashiyama/
Facebook


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。