2020年5月オープン 店名がないタコス店 (京都・修学院)

京都・修学院で2020年5月にオープンした「店名(名前)がないタコス店」でテークアウトをしてきました。場所は修学院駅から東大路通を下がったところにある上田酒店に併設された料理店「欧和雅店(オウワガミセ)」のところです。

2020年5月オープン 店名がないタコス店 (京都・修学院)


2020年5月オープン 店名がないタコス店

2020年5月オープン 店名がないタコス店

京都の修学院に突如現れたタコス屋さんです。

2020年5月に新店オープンしたばかりで、お店は上田酒店さんに併設されて開業しています。

店内にはテーブル席とカウンターがありますが「お持ち帰り(テークアウト)」も出来るようになっていました。

店内飲食とテークアウトに対応

店内飲食とテークアウトに対応

タコスとブリトーがあり、値段はどちらも480円(税込み525円)

タコスとブリトーがあり、値段はどちらも480円(税込み525円)

タコスとブリトーがあり、値段はどちらも480円(税込み525円)です。

内容は日替わりみたいですが「牛肉豚肉豆とソーセージ」が当日のメニューにありました。

ソーセージは自家製だそうで、単品で購入することもできるようになっています。

店名がないタコス店 実食レビュー


店名がないタコス店のタコス(豚肉使用)

店名がないタコス店のタコス(豚肉使用)

今回は豚肉を使ったタコスをテークアウトしました。

綺麗な色の玉ねぎ、トマト、豚肉が包んであり、結構な汁っ気があります。

とはいえ、タコスの皮は弾力と固さがあるのでフニャフニャにならずに食べることができました。

ライムも付いているのでサッパリした味。

クセがないので食べやすいタコスです。

名前がないタコス屋さんはどこにある?


名前がないタコス屋さんは京都・修学院にあります

名前がないタコス屋さんは京都・修学院にあります

では「店名(名前)がないタコス店」はどこにあるのでしょうか?

場所は京都・修学院で、上田酒店さんと同じ場所です。

地図で見ると建物が別のようにも見えますが、中でも外でもつながっている建物にあります。

実はここ「欧和雅店(オウワガミセ)」という料理屋さんがあったのですが、今はやってなくて「店名がないタコス店」さんになっています。

ちなみに、事務的には店名は「欧和雅店(オウワガミセ)」のままですが、タコス屋さんとしての店名は一切書かれていませんでした。

〒606-8003 京都府京都市左京区山端川原町7
営業時間:
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。