京都の高級料亭がつくる「たいざバーガー」を発見!

京都・五條楽園の奥深くで「たいざバーガー」を発見しました。高級料亭「日本料理 讃」さんが提供しているテークアウト商品で、今なら1000円で購入可能です(通常価格1500円)。これ「間人(たいざ)」の海産物で作ったハンバーガーなんです。

京都の高級料亭がつくる「たいざバーガー」って何?


京都の高級料亭がつくる「たいざバーガー」を発見!

京都の高級料亭がつくる「たいざバーガー」を発見!

京都の五條楽園で、ものすごく気になるグルメを見つけました。

それが・・・・

たいざバーガー

です!

間人の「たいざ」です!(写真は間人の海)

間人の「たいざ」です!(写真は間人の海)

この「たいざ」というのは「間人(たいさ)」で京丹後の地方のことです。

ほら「間人がに」で有名なあの港があるところです。

この「たいざバーガー」は京都の日本海側、丹後半島のある間人漁協から取り寄せた新鮮な魚で作ったフィッシュバーガーなんです。

たいざバーガーは五條楽園の高級料亭で売られています

たいざバーガーは五條楽園の高級料亭で売られています

この「たいざバーガー」は五條楽園にある高級料亭「日本料理 讃」で売られています。

値段は通常1500円のところを今なら1000円で購入可能!

ちなみに「日本料理 讃」さんは昼会席が6000円~、夜会席は15000円~というお店でなかなか行けなかった料亭です。

間人の魚で作った「たいざバーガー」実食レビュー


間人の魚で作った「たいざバーガー」1000円

間人の魚で作った「たいざバーガー」1000円

ということで、こちらが間人の魚で作った「たいざバーガー」1000円です。

添え物に「まいたけフリットフレンチフライ」が付いてきました。

ドリンクは「コーラ紅茶コーヒーカフェオレスパークリングワイン」から選ぶことができます。

これ全部コミコミで1000円なんです(税込み)。

白身魚のフィッシュバーガーです

白身魚のフィッシュバーガーです

たいざバーガーの中身は「白身魚のフライ、オムレツ、タルタルソース、レタス」です

たいざバーガーの中身は「白身魚のフライ、オムレツ、タルタルソース、レタス」です

たいざバーガーの中身は白身魚のフライです。

それに「オムレツタルタルソースレタス」も入っています。

京都の高級料亭らしい上品な味わいで、なかなか面白い商品だと思いました。

たいざバーガーはどこで買える?


高級料亭「日本料理 讃」さんで「たいざバーガー」は購入できます

高級料亭「日本料理 讃」さんで「たいざバーガー」は購入できます

では「たいざバーガー」は京都のどこで買えるのでしょうか?

前述のように高級料亭「日本料理 讃」さんで購入でき、場所は五條楽園の奥深くです。

地図では「京都 六条河原院 讃」さんで登録されています。

テークアウトは「8時30分~12時」までの午前中営業です。9時以降は店内でも食べることができます。店内は普段は入れない高級なバーという雰囲気のお店でした。

〒600-8117 京都府京都市下京区南京極町78番地
公式サイト:https://san.shintaro.me/


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。