銀福 @京都・銀閣寺「名代 にしん丼」をテークアウト実食レビュー

京都の銀閣寺にある名店「銀福」さんで、名物の「名代 にしん丼」のお持ち帰りを2020年4月から始めています。つぎたしされた煮込みダレで炊いた「にしん」は優しい甘さで柔らかく煮込まれており、ご飯にもタレがかかった逸品です。

京都・銀閣寺「名代 にしん丼」をテークアウト


京都の銀閣寺にある名店「銀福」

京都の銀閣寺にある名店「銀福」

京都の銀閣寺にある名店「銀福」さんで、名物の「名代 にしん丼」のお持ち帰りを始めています。

いわゆる「テークアウト」ですが、元々お弁当も販売していました(名代のにしん丼テークアウトは最近始めました)。

知恩寺の御用達店で、創業は半世紀以上と老舗。

京都のグルメ雑誌にもたびたび登場する有名店です。

店内飲食も可能ですがテークアウトしてみます

店内飲食も可能ですがテークアウトしてみます

店内飲食も可能ですが、今回もテークアウトしてみます。

なお、お値段は「にしん」の数と添え物で変わります。

テークアウトの場合は税込み650円で、にしん2枚が付いたものになっています。

にしん丼(松 3枚)1200円+消費税(汁物、煮物付き)
にしん丼(竹 3枚)1000円+消費税(汁物、漬物付き)
にしん丼(3枚)800円+消費税(漬物付き)
ミニにしん丼(1枚)300円+消費税(漬物付き)
にしん丼(テークアウト 2枚)650円(税込み)

京都・銀閣寺「名代 にしん丼」実食レビュー


京都・銀閣寺「名代 にしん丼」実食レビュー

京都・銀閣寺「名代 にしん丼」実食レビュー

今回は「にしん丼(テークアウト)」を買って帰りました。

値段は消費税込みで650円、にしんは 2枚入っています。

創業よりつぎたしされた煮込みダレで炊いた「にしん」は優しい甘さで柔らかく煮込まれたものです。

タレはご飯にもかかっています

タレはご飯にもかかっています

タレはご飯にもかかっているので「タレご飯」だけでも十分いけます。

本当なら観光客で賑わう銀閣寺も今はヒッソリとしており、銀福さんもお客さんも少ないので持ち帰りしやすいかと思います。

銀閣寺名物の「にしん丼」のお持ち帰りはお値段も気軽だし、有名店のテークアウトだし、今のようなご時世にはお薦めです。

このお店への行き方や営業時間は?


場所は銀閣寺道から鹿ケ谷通り(ししがたにどおり)を少し南へ行ったところ

場所は銀閣寺道から鹿ケ谷通り(ししがたにどおり)を少し南へ行ったところ

では「銀福」さんはどこにあるお店なのでしょうか?

銀閣寺道から鹿ケ谷通り(ししがたにどおり)を少し南へ行ったところです。

鹿(シカ)と書いて「しし」と読むのは古い読み方ですね。

すぐ隣は京都市観光駐車場ですが、今は閉鎖中。北隣にコインパーキングがあるので、そちらを利用できます。

営業時間は「11時~21時」となっていましたが、このご時世なので明るいうちに買いに行くのが良いでしょう。

〒606-8406 京都府京都市左京区浄土寺石橋町65
営業時間:11時~21時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.eonet.ne.jp/~ginpuku/

このお店の口コミは?


主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。