しみだれ豚饅 @京都 祇園祭の前祭限定グルメが「膳處漢ぽっちり」でテークアウト販売中

京都・祇園祭の前祭限定グルメ「しみだれ豚饅」が2020年4月4日からテークアウトで緊急販売されています。場所は四条烏丸から近い「膳處漢ぽっちり」さんで、値段は税込み1個500円のワンコインで購入できます。2020年は新型コロナウイルスの影響を鑑みて祇園祭は中止、本来なら前祭4日間限定販売の「しみだれ豚饅」です。

京都 祇園祭の前祭限定グルメ「しみだれ豚饅」がテークアウトで緊急販売


京都 祇園祭の前祭限定グルメ「しみだれ豚饅」がテークアウトで緊急販売

京都 祇園祭の前祭限定グルメ「しみだれ豚饅」がテークアウトで緊急販売

2020年4月4日から、京都・烏丸にある「膳處漢ぽっちり」さんで、祇園祭の前祭限定グルメである「しみだれ豚饅」がテークアウト販売中です。

ちょうど販売日初日に仕事で通った際に、本来なら販売していないはずの「しみだれ豚饅」が売られていたので1個買ってみました。

値段は1個500円、大きな豚まんに醤油ダレが浸みまくっているという名物グルメです。

この豚まん、本来は祇園祭の前祭4日間(7月13日~16日)にしか販売されないものですが、なぜこの時期に販売されているのでしょうか?

厄災除去を願って「しみだれ豚饅」を販売したと書かれています

厄災除去を願って「しみだれ豚饅」を販売したと書かれています

この「しみだれ豚饅」は祇園祭の前祭4日間(7月13日~16日)にしか販売されないと書きましたが、そもそも「祇園祭」というのは京都に疫病が流行した際に66本の鉾を立て、祇園に神を迎えて厄災除去を祈願したことに由来するお祭りです。

2020年の祇園祭は新型コロナウイルスの状況を鑑みて中止が予告されていますが、看板には厄災除去を願って「しみだれ豚饅」を販売したと書かれていました。

なお、本来であれば販売日に記事にしたかったのですが、この「しみだれ豚饅」はとても人気があって祇園祭の時は大行列ができる京都の名物グルメです。今の時期、購入のための行列ができるかは疑問でしたが、念のため少し期間をずらしての掲載となりました。

しみだれ豚饅 は醤油ダレが染みた大きな肉まん


しみだれ豚饅、包装はシッカリしてくれます

しみだれ豚饅、包装はシッカリしてくれます

さて「しみだれ豚饅」は1個500円と豚まんにしてはかなり高額です。

でも、大きさは通常の倍ほどあって、中には大量の豚肉が入っているので満足度の高い京都グルメです。

醤油ダレが皮に浸み込んで、中には大量のお肉が入っています

醤油ダレが皮に浸み込んで、中には大量のお肉が入っています

醤油ダレが皮に浸み込んで皮はフニャフニャです。

個人的にはこれ違和感がすごいあるのですが、中に大量に入ったお肉は美味しいです。

しみだれ豚饅 はどこで買える?


しみだれ豚饅 は烏丸の「膳處漢ぽっちり」で販売中

しみだれ豚饅 は烏丸の「膳處漢ぽっちり」で販売中

この「しみだれ豚饅」ですが、期間限定で烏丸の「膳處漢ぽっちり」で販売中です。

ちなみに膳處漢は「ぜぜかん」と読みます。

販売は外で行われており、お店の左にある厨房の勝手口から購入が可能です。

店内に入らず、左の厨房勝手口で販売しています

店内に入らず、左の厨房勝手口で販売しています

テークアウト販売は11時30分~20時で行われています。

500円は税込みなのでワンコインで買うことができますね。

〒604-8221 京都府京都市中京区天神山町283−2
営業時間:11時30分~20時
定休日:
公式サイト:https://kiwa-group.co.jp/zezekan/

しみだれ豚饅の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。