餃子歩兵 銀座店 @東京「京都一有名な餃子店」2018年12月10日新店オープン

京都一有名な餃子店「餃子歩兵」が東京・銀座に初出店します。オープン日は2018年12月10日で、営業時間は「17時~深夜3時」のみですが土曜日のみ昼も営業します。新橋の「博品館トイパーク」の真北で新橋駅からの方が近い場所ですが、地理的には銀座です。

では「餃子歩兵 銀座店」では、どんな京風餃子が食べられるのでしょうか。

広告

京都一有名な餃子店「餃子歩兵」が東京・銀座に初出店


有名な祇園の餃子専門店「歩兵」は開店前から大行列です

有名な祇園の餃子専門店「歩兵」は開店前から大行列です

京都で一番並んでいるかもしれない餃子店「餃子歩兵」さん、連日のように開店前の夕方に外国人観光客が道にあふれるように開店を待っているのを見かけます。

その「餃子歩兵」があるのは京都の祇園ですが、本日(2018年12月10日)に東京の銀座で「餃子歩兵 銀座店」が開業することになっています。

場所は銀座といってもほぼほぼ新橋の「博品館トイパーク」の真北です。

餃子歩兵の京風餃子とは


京都らしい小さめサイズのひとくち餃子です(餃子歩兵)

京都らしい小さめサイズのひとくち餃子です(餃子歩兵)

京都の餃子は大きく2系統に別れます。

ひとつは大衆的な「餃子の王将」のような激安餃子、そしてもうひとつが「サイズが小さくニンニクの代わりに生姜が入った」餃子です。

餃子歩兵の餃子は「サイズ小さめ」で「にんにく、生姜の2種類」を提供しているので「いかにも京都餃子」という特徴があります。

柔らかい餡の餃子でかなり脂っこいです(餃子歩兵)

柔らかい餡の餃子でかなり脂っこいです(餃子歩兵)

ただ、この餃子歩兵の餃子は「餡はかなり柔らかく」て、それでいて脂っこいので、ちょっとクドい味がするのが特徴です。

並んでまで食べるほどではないのですが、京都では外国人観光客が毎日列を作っている有名店です。

・ぎょうざ 480円
・生姜餃子 480円

餃子歩兵 銀座店 営業時間と定休日


餃子専門店「歩兵」(祇園店)

餃子専門店「歩兵」(祇園店)

「餃子歩兵 銀座店」の営業時間と定休日についてです。

京都も夜だけの営業ですが、銀座店の営業時間は「17時~深夜3時」で、土曜日のみ「11時~15時、17時~21時」の2部営業となっています。

定休日も京都と同じで「日曜祝日」です。

なお、京都では「餃子の歩兵」はまだまだ新参です。

京都の人が昔から食べている京風餃子のお店は他にもありますので、詳しいことは別記事「京都餃子の独創的な文化について」をご覧ください

東京都中央区銀座8丁目7−9
営業時間:17時~深夜3時(土曜日は11時~15時、17時~21時)
定休日:日曜祝日
公式サイト:https://gyozahohei.com/

餃子歩兵 銀座店 アクセス方法

では「餃子歩兵 銀座店」への行き方(アクセス方法)です。

銀座八丁目の交差点を「博品館トイパーク」のある高架沿いへ、一本目を右折したらすぐの場所です。

「GINZA NINE」の北側で徒歩1分ほど、この界隈は新橋のサラリーマンがランチを食べたりできるほど新橋寄りですが、東京の方だと「ここから銀座」という場所ですね。

そのため、平日の昼営業はないのでしょう。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。