カルビーポテトチップスしば漬け味 を京都・大原で実食レビュー

カルビー様が京都・大原の味をポテトチップスにしています。その名も「カルビーポテトチップスしば漬け味」で、赤紫蘇の柴漬け発祥の地とされる大原の地名もパッケージで紹介されていました。今回はこの「カルビーポテトチップスしば漬け味」を大原で無料配布していたので、早速食べてみました。

さて、いったいどんな味なのでしょうか?

広告

カルビー様が京都・大原の味をポテトチップスに


カルビーポテトチップスしば漬け味を大原で入手

カルビーポテトチップスしば漬け味を大原で入手

先日のニュースでも報道されていた「カルビーポテトチップスしば漬け味」です。

地元のコンビニではまだ見かけなかったのですが、京都・大原の道の駅で先着60名様に無料配布されていたのでもらってきました。

というのも、この商品は大原にとても関係があるからです。

カルビーポテトチップスしば漬け味


裏面には「大原」が柴漬け発祥の地と書かれています

裏面には「大原」が柴漬け発祥の地と書かれています

しば漬けといえば京都、それも大原が発祥とされる漬物のことです。

大原は「赤紫蘇」の産地で、その赤紫蘇を茄子(なす)と塩で乳酸菌発酵させたものが「しば漬け」です。本来は発酵食品なのですが、スーパーなどで売られているものは酢漬けのものがほとんどで、乳酸菌発酵されたものは大原で一部作られているくらいです(生柴漬け)。

それを天下のカルビー様がポテチにしてくれたのが「カルビーポテトチップスしば漬け味」です。

実食レビュー


京都の味「カルビーポテトチップスしば漬け味」を食べてみましょう

京都の味「カルビーポテトチップスしば漬け味」を食べてみましょう

ということで、京都の味「カルビーポテトチップスしば漬け味」を食べてみましょう。

パッケージには「京都の味」と「赤しその豊かな風味とほのかな酸味があとを引くおいしさ!」と書かれています。

ほんのり酸っぱくて紫蘇の味がたしかにします

ほんのり酸っぱくて紫蘇の味がたしかにします

味わいは酸っぱめのポテチという感じで、赤紫蘇の味がほんのりとしていました。

パウダーが多くついている箇所を食べるとよく分かり、赤紫蘇特有の香りがしています。

京都の「しば漬け」ということなら赤紫蘇の良い香りを全面に出しても良かったかなという感じもしましたが、赤紫蘇は好き嫌いがあるので難しいかもしれませんね。

カルビーポテトチップスしば漬け味 まとめ


しば漬けの香りと酸っぱさがクセになる

しば漬けの香りと酸っぱさがクセになる

ということで「カルビーポテトチップスしば漬け味」の実食レビューでした。

コンビニでも販売されているはずなので、ぜひ京都の味「しば漬け」をポテチとして楽しんでみてください。

・赤紫蘇の香りがほんのりする
・味はスッパめ
・生柴漬けのような強烈な赤紫蘇の風味ではないので食べやすいかも


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。