Yakiniku221 @京都・河原町今出川「焼肉とワインの店」新店オープン

2018年6月1日新店オープンする焼肉とワインの店「Yakiniku221」さん、5月28日に見に行ったら店舗ができておりオシャレな焼肉バルのようなお店でした。前から工事していたので気になっていた店舗で、国産ワインと「黒毛和牛未経産牛熟成肉」のお肉を楽しめる焼肉店ということでした。場所は河原町今出川です。

では「Yakiniku221」さん、どんな焼肉店なのでしょうか。

広告

河原町今出川に新しい焼肉店「Yakiniku221」さんが2018年6月1日新店オープン


河原町今出川の新しい焼肉店「Yakiniku221」さん

河原町今出川の新しい焼肉店「Yakiniku221」さん

2018年6月1日新しい焼肉店「Yakiniku221」さんが新店オープンすると告知されています。

場所は河原町通で「河原町今出川」を南へ200mほどのところです。

5月初旬頃にテナント工事をしていたので確認したところ「焼肉屋になります」とのことでしたので、5月28日に再度見に行ったところ「Yakiniku221」という看板が掲げられており、すでに店舗が出来上がっていました。

焼肉屋さんですが焼肉バルみたいな雰囲気

焼肉屋さんですが焼肉バルみたいな雰囲気

店舗は焼肉バルみたいな洒落た感じで、コンセプトは「焼肉とワイン」になっていました。

牛肉は「黒毛和牛未経産牛熟成肉」でA4クラスとの表記があり、店主さんが15年前に食べたお肉があまりにも美味しかったことから、同じ経験をお客様にもお届けしたいと始められたそうです。

焼肉とワインの店 Yakiniku221


「黒毛和牛、未経産牛、熟成肉」でA4クラス牛肉

「黒毛和牛、未経産牛、熟成肉」でA4クラス牛肉

焼肉はA4クラスの「黒毛和牛、未経産牛、熟成肉」で、ワインは「国産ワイン」にこだわりがあると告知されていました。

未経産牛というのは出産していない雌牛のことです。

つまり若い雌牛のことですが、この未経産牛は美味しいのでしょうか。

あまり聞き慣れない言葉だと思いますが、日本三大和牛といえば「松阪牛、神戸牛、近江牛」で、一番おいしいのは「松阪牛」だとよく言われます。

この中では「松阪牛」のみが100%未経産牛なので、期待値は高いということになります。

「Yakiniku221」さんの店頭にはブランド牛の記載はありませんが、未経産牛が食べたい方には朗報でしょう。

Yakiniku221 開店告知

Yakiniku221 開店告知

松阪牛(100%未経産牛)
神戸牛(未経産牛または去勢牛)
近江牛(滋賀県内肥育された期間が一番長い黒毛和牛)

Yakiniku221 への行き方(アクセス方法)


Yakiniku221 今出川河原町の南200メートルの所にあります

Yakiniku221 今出川河原町の南200メートルの所にあります

では、この「Yakiniku221」さんの場所ですが、今出川河原町の南200メートルの所にあります。

トヨタレンタカーのすぐ北側で、今出川駅からも歩いていける距離です。

駐車場や駐輪場はないのですが、この界隈には今出川駅に市営の駐車場と駐輪場があるので、比較的行きやすいエリアだと言えます。

京都府京都市上京区梶井町448−33
営業時間:17時~23時
定休日:水曜日
URL:https://yakiniku221.jp/
Twitter:https://twitter.com/yakiniku221


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。