京都にある「激安うなぎ弁当・ジャンボうなぎ弁当」のお店

今回の「京都案内」は、京都で買える「うな重弁当」のお話です。それも激安の「うな重弁当」です。お値段なんと599円(税込647円)で、コンビニでは1000円近い「うなぎ弁当」を買うことができるのです。

こちらには「うな重ダブル(999円)」というジャンボサイズの「うな重」もあります。

広告

250円弁当「元気や」さんで「うな重」が売っていた件


京都の250円弁当「元気や」さん

京都の250円弁当「元気や」さん

京都の250円弁当「元気や」さんでは「うな重」を弁当で売っています。

元気や」さんといえば、250円(税別)でボリュームのあるお弁当を販売している京都の有名店ですが、ハンバーグとか唐揚げとかばかりだと思われていたりします。

しかし、三条商店街にある「250円弁当 元気やPlus 三条商店街店」では、お寿司なんかも売っているのです。

そのため、ウナギがあっても別におかしくはないのですが、実はその「うな重」が安いという点が見逃せないところなのです。

特製うな重(599円)


元気や特製 特製うな重(599円)

元気や 特製うな重(599円)

うな重は2種類あって「特製うな重(599円)」と「うな重ダブル(999円)」があります。

上の写真が「特製うな重(599円)」なのですが、これ普通の「うな丼」くらいの分量があります。

写真だとわかりづらいかもしれませんが、ごはんの量もあってウナギもそこそこ大きいもので、コンビニだと900円くらいするやつです。

これで価格が「税込 647円」なのだからお買い得感が高いお弁当です。

しかし、これの上をいくジャンボサイズもあります。

・特製うな重(599円)
・うな重ダブル(999円)

うな重ダブル(999円)


元気や うな重ダブル(999円)

元気や うな重ダブル(999円)

こちらがジャンボサイズの「うな重ダブル(999円)」です。

お店で「二度見」したくらい大きいサイズで、うなぎ1本使ってそうな分量があります。

専門店の「うな重」よりも分量があるのですが、これで「999円(税別)」と1000円を下回る価格設定なのです。

うなぎは年々高くなっているので、普通にお店で食べたら2500円は軽くします。

かなりのお得感があると言えるでしょう。

特製うな重 実食レビュー


特製うな重

特製うな重

早速、この「特製うな重(599円)」を買って食べてみましたので実食レビューします。

うなぎの大きさはうなぎ専門店の「うな重」の松くらいの大きさがあるので、かなり大きいものです。

それに厚焼き玉子と漬物が入って「税込 647円」はお値打ち価格だと思います。

スーパーで同じ大きさのウナギの値段を調べたのですが、一番安くても同じサイズで400円が最安値だったので、激安と言えるでしょう。

うなぎの大きさが分かりますでしょうか

うなぎの大きさが分かりますでしょうか

味はタレに頼ることなく、よく焼かれているので「うなぎの香ばしさ」が味わえるものでした。

うなぎの味わいというか、香りなどはほとんどないので、そこはやっぱり激安弁当と言わざるをえないのですが、骨もなく柔らかいので食べやすい「うなぎ弁当」です。

値段のことを考えれば、かなりのコスパだと言えました。

250円弁当 元気やPlus 三条商店街店


250円弁当 元気やPlus 三条商店街店

250円弁当 元気やPlus 三条商店街店

この「激安うなぎ弁当ジャンボうなぎ弁当」があるのが、京都にある三条商店街の「250円弁当 元気やPlus 三条商店街店」さんです。

うなぎ取り扱いは、三条商店街のお店だけですが、こちらの記事で「京都にある 元気や 全店舗まとめ」を掲載しているので、そちらもぜひご覧ください。

京都府京都市中京区西ノ京南聖町4−12
営業時間:10時~20時
定休日:


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。