2020年9月近日オープン クラムスバナナ 京都七条店

なんと!大阪の有名なバナナジュース専門店「クラムスバナナ(CRAMS BANANA)」が京都に初進出。オープン日は2020年9月頃と思われ、場所は京都市東山区の七条大橋を東へ入ったところです。テレビやメディアでも話題のバナナジュース専門店が京都にやってくるのです。

2020年9月近日オープン クラムスバナナ 京都七条店


2020年9月近日オープン クラムスバナナ 京都七条店

2020年9月近日オープン クラムスバナナ 京都七条店

七条大橋東入ったところに「クラムスバナナ 京都七条店」が新店オープンすると告知されていました。

京都市東山区の三十三間堂から七条通を七条大橋に向かって走っていたところ、ポスターに「OPEN」と書かれた貼紙を発見

なんだなんだと近づいてみたところ・・・・

バナナジュース専門店 クラムスバナナ 京都七条店(CRAMS BANANA)

と書かれていたのです。

バナナジュース専門店「クラムスバナナ」が京都初進出!

バナナジュース専門店「クラムスバナナ」が京都初進出!

バナナジュース専門店 クラムスバナナ(CRAMS BANANA)さんといえば2019年夏頃までは関西唯一のバナナジュース専門店として知られた有名店です。

そのころから地元では人気のあったお店でしたが、人気テレビ番組『マツコの知らない世界』で紹介されると一気に超有名店へと駆け上がっていきました。

そして大阪で2店舗増えて、現在3店舗で営業(尼崎市や東京の秋葉原にもあります)。

遂に京都にも出店という勢いがあるバナナジュース専門店です。

2020年に入ってから京都にバナナジュース専門店が一気に増加してきていますが、これもバナナジュース専門店「クラムスバナナ」の人気がひとつの理由。

関西のバナナジュース界をけん引する実力店の京都店が「クラムスバナナ 京都七条店」なのです。

このお店のメニューは?


メニューはバナナジュースだらけ!

メニューはバナナジュースだらけ!

新店「クラムスバナナ 京都七条店」のメニューはまだ公式発表されていませんが、2019年7月に大阪の本店へと行った際には「濃厚バナナジュース」の値段は400円でした。

京都店も同様な価格帯になると思われ、お手軽な値段で美味しいバナナジュースが飲めることで話題になりそうなお店です。

ちなみに、京都で最近開業したバナナジュース専門店の価格は「ゴリラ(480円)」で「サンキューバナナ(390円)」です。

京都で初めてバナナジュースを専門に扱ったお店「FACE KYOTO」さんが580円。

すぐに閉店した「BNN」は500円なので、バナナジュース専門店の価格としては「クラムスバナナ」は安い方に位置します。

このお店への行き方や営業時間は?


クラムスバナナ 京都七条店(京都市東山区本町新6丁目216)

クラムスバナナ 京都七条店(京都市東山区本町新6丁目216)

では「クラムスバナナ 京都七条店」はどこに新店オープンするのでしょうか。

住所でいえば「〒605-0989 京都府京都市東山区本町新6丁目216」ですが、分かりやすくいえば七条大橋東詰から東へ、三十三間堂の方に歩いて2つ目の信号のところです。

通りとしては七条通りで三十三間堂へと行く若者の通りが本来であれば多い通りですね。

公式サイトにまだ情報がなく、京都に進出することはまだ告知されていません。開業日も2020年8月31日時点で「近日OPEN」となっていました。

〒605-0989 京都府京都市東山区本町新6丁目216(地図
営業時間:
定休日:
公式Instagram:https://www.instagram.com/cramsbanana/
公式サイト:https://cramsbanana.com/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。