コメダ珈琲店が「全品20%引き」でテークアウト販売!ナポリタンは対象外

コメダ珈琲店さんが「全品20%引き」でテークアウト販売を行っています。期間限定で2020年5月20日(水曜日)までですが、テークアウト商品が全品2割引き(20%OFF)で購入できます。喫茶店の王道ナポリタンやシロノワールはテークアウト対象外です。

コメダ珈琲店が「全品20%引き」でテークアウト販売している


コメダ珈琲店が「全品20%引き」でテークアウト販売している

コメダ珈琲店が「全品20%引き」でテークアウト販売している

日本全国に支店を展開している「コメダ珈琲店」さんが「全品20%引き」でテークアウト販売を行っています。

新型コロナウイルスの影響でテークアウト全盛という時代、街のオアシス「コメダ珈琲店」さんも店内はガラガラでテークアウト販売に力を入れている状況です。

2割引き対象の商品は「テークアウト商品」であり、コメダ珈琲店さんのメニュー全品が対象というわけではありません。

2割引き対象の商品は「テークアウト商品」のみです

2割引き対象の商品は「テークアウト商品」のみです

お持ち帰りできるのは「ハムサンド、カツパン、ハンバーガー、ドリンク」などで、ハンバーガーやトーストのように主にパン料理がテークアウト対象になっています。

そのため、定番の「喫茶店の王道ナポリタン」や「シロノワール」などは対象外となっていました(メニューと値段の一覧はこちら)。

老舗喫茶店なのでテークアウトも完璧です

老舗喫茶店なのでテークアウトも完璧です

老舗喫茶店なのでテークアウト対応も完璧です。

ドリンクはこぼれないように、食事類も丈夫なプラケースに入れて、紙袋で持ち帰ることができました。

この辺りはやはり地元の信頼を集めているお店らしい対応だと思いました。

ミックスジュースもこぼさずにお持ち帰りできます(コメダ珈琲店)

ミックスジュースもこぼさずにお持ち帰りできます(コメダ珈琲店)

コメダ珈琲店「ドミグラスバーガー」をテークアウト


コメダ珈琲店「ドミグラスバーガー」をテークアウト

コメダ珈琲店「ドミグラスバーガー」をテークアウト

ということで、今回は「ドミグラスバーガー」をテークアウトしました。

甘いデミグラスソースにレタスのハンバーガーです。

甘いデミグラスソースにレタスのハンバーガー

甘いデミグラスソースにレタスのハンバーガー

値段はドミグラスバーガーが580円ミックスジュースが550円でした。

2割引きでも、それなりのお値段がするのが「コメダ珈琲店」さんですが、そこらへんはコミダ・クオリティー分が上乗せされているという話です。

コメダ珈琲店は京都のどこにある?

では、コメダ珈琲店は京都のどこにあるのでしょうか?

京都市内にまんべんなく店舗があり、今回は二条駅の店舗でテークアウトしました。

2割引きは期間限定で2020年5月20日(水曜日)までという点にはご注意ください。

コメダ珈琲店 京都二条駅前店

コメダ珈琲店 京都二条駅前店

また、新型コロナウイルス防止対策で休業している店舗が京都にもたくさんあるので、最寄のお店は営業していない可能性が高いのも注意点です。

休業店舗一覧はこちらから参照可能です。

京都で営業を確認したのは「京都二条駅前店」と「河原町三条店」の2店舗で、北大路店も営業しているようです。

〒604-8381 京都府京都市中京区西ノ京職司町35−1
営業時間:7時~23時30分
定休日:年中無休
公式サイト:http://www.komeda.co.jp/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新型コロナウイルスと戦う飲食店やお店を紹介しています。店舗などをまとめ、新型コロナウイルスに打ち勝つことが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。