カフェシュクシュク @京都 建勲神社・大徳寺に近いカフェでモーニング

京都市北区の建勲神社から大徳寺へと向かう道の途中にあるカフェ「カフェシュクシュクCafe ShukuShuku)」さんへ行って来ました。ゲストハウスに併設されたカフェでモーニングが600円、コーヒーは400円とお気軽なカフェです。

広告

カフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)へ行って来た


大徳寺のすぐ近くにあるカフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)

大徳寺のすぐ近くにあるカフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)

今回の「京都カフェブログ」は、京都市北区の建勲神社から大徳寺へと向かう道の途中にあるカフェ「カフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)」さんへ行って来ました。

ちょうど大徳寺の高桐院(こうとういん)が2年ぶりに一般拝観を再開したということで、カフェの前は高桐院へと向かうタクシーが往来していました。

カフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)はゲストハウス一階にあるカフェです

カフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)はゲストハウス一階にあるカフェです

そんな場所にある「カフェシュクシュク(Cafe ShukuShuku)」さんですが、ここは地元の方でもないとご存知ないかもしれません。

オープンは2018年だったのですが、地図では「宿々shukushuku」というゲストハウスになっていてカフェの記載はありません。実は、そのゲストハウス一階にある宿直営のカフェなのです。

コーヒーは税込みで400円、モーニングセットは「トースト+サラダ+ドリンク」もしくは「カレーセット」を600円という値段で提供していました。

店内はカウンターにテーブルが3卓ほど

店内はカウンターにテーブルが3卓ほど

店内はカウンターにテーブルが3卓ほど。

先客は外国人観光客らしき1名、気さくな感じの女将さんがひとりです。

ということで、今回はこちらでモーニング(600円)を注文してみました。

カフェシュクシュク のモーニングセット(600円)


モーニングセット(600円)

モーニングセット(600円)

こちらがカフェシュクシュクさんのモーニングセット(600円)です。

トースト一枚にサラダとゆで卵、さらにジャムとバターが付いていました。

パンはすぐ近くの超有名店「雨の日も風の日も」さんのものをいつも使っているそうです。

ただ、最近立て続けに「雨の日も風の日も」さんがテレビで紹介されてお客さん激増ということで、訪問日は近くの「プチフランス」さんのパンを使われていました。

コーヒーは深煎りのものでした

コーヒーは深煎りのものでした

これにホットコーヒーが付いて600円なのでお気軽なモーニングだと思います。

最近は建勲神社に刀剣女子も多く来ますが、次に大徳寺や今宮神社へと行くなら途中で立ち寄れる場所にありますね。

カフェシュクシュクの場所はどこ?


建勲神社の鳥居がある通りを北へ行くとあります

建勲神社の鳥居がある通りを北へ行くとあります

では「カフェシュクシュク」さんはどこにあるカフェなのでしょうか?

場所は北大路通沿いで、建勲神社のある船岡山北側ですが、わかりやすく言うと大徳寺へと至る高桐院に入る道の角にあります。

建勲神社前交差点のところなのでスグに分かると思いますが、赤い看板が目印になります。

営業日と営業時間は不定期みたいで、公式Instagramの方で告知されていました。2019年11月は週末に営業するそうです。

京都府京都市北区紫野東野町20
営業時間:
定休日:
公式Instagram:https://www.instagram.com/shukushuku.kyoto/


京都や大阪に滋賀に三重と奈良など主に関西のカフェ新店などを食べ歩く実食レビューを掲載しているブログカテゴリーです。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。京都の起業家の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。