京都・老舗 奥丹清水がタピオカドリンクを販売開始!

京都には1635年から続く老舗のタピオカドリンクがあります。それが「奥丹清水(おくたんきよみず)」で夏季限定販売中の「奥丹清水の豆乳タピオカドリンク(黒糖)」です。味はオカラ味、にがりを地下蔵で自家製する超老舗有名店がつくる豆腐のための豆乳で作ったタピオカドリンクなのです。

広告

奥丹清水のタピオカドリンクが2019年7月から販売開始!


渋いデザインがイイ!奥丹清水のタピオカドリンク

渋いデザインがイイ!奥丹清水のタピオカドリンク

2019年7月初旬、タピオカ旋風が吹き荒れる京都でひとつの老舗がタピオカドリンク界に乱入しました!

その老舗とは・・・・

奥丹清水(おくたんきよみず)

湯豆腐の老舗で超有名店、あの「奥丹清水」がタピタピしちゃったというのが今回のニュースです。

もちろん、タピオカなので流行りのスタンドカフェ形式で販売されています(奥丹清水)

もちろん、タピオカなので流行りのスタンドカフェ形式で販売されています(奥丹清水)

一見すると黒糖タピオカに見えますが、実はアレが入っていました!

一見すると黒糖タピオカに見えますが、実はアレが入っていました!

この奥丹清水さんのタピオカドリンク、一見すると黒糖タピオカに見えますが、実はアレが入っていました!

それは・・・・

豆乳です!

奥丹清水さんといえば「豆腐」、それも1635年から豆腐一筋の老舗で、地下の蔵で自家製にがりから作っています。

その豆腐店の豆乳、つまり豆腐の原料で作ったのが、この「豆乳タピオカドリンク(黒糖)」という商品なのです。

奥丹清水の豆乳タピオカドリンク(黒糖)実食レビュー


奥丹清水の豆乳タピオカドリンク(黒糖)

奥丹清水の豆乳タピオカドリンク(黒糖)

ということで、二年坂にある奥丹清水(おくたんきよみず)さんでタピ活してきました。

名前のとおり、豆乳を使ったタピオカドリンクで、それに黒糖で甘く味付けされています。

しかし!

味は・・・・

オカラ!

さすが、奥丹清水さんです。

時代に逆らう反骨精神、私こういうの大好きです。

豆乳タピオカドリンク(黒糖)は650円です

豆乳タピオカドリンク(黒糖)は650円です

とはいえ、台湾では、豆花(トーファー)と呼ばれる豆乳プリンで作る豆乳タピオカがあったり、豆乳タピオカもメジャーなので、さすが奥丹清水さんだなぁと思いました。

最新の台湾タピオカ事情を巧みに取り込んでいるからです。

また、タピオカはよく煮たものを使っており、これもこれから流行りそうなタピオカのトレンドを取り込んでいました。

で、またこれが・・・・

美味い!

味はやっぱり「オカラ」なんですが、このオカラと黒糖が合っているのです。

奥丹清水の豆乳タピオカドリンクはどこで飲める?


奥丹清水さんがあるのは二年坂の階段登ったところ

奥丹清水さんがあるのは二年坂の階段登ったところ

さて、意外に美味しい豆乳黒糖タピオカですが、これはどこで飲むことができるのでしょうか。

普段は「とうふまんじゅう」を販売している奥丹清水さんのスタンド販売店で、夏だけ「まんじゅうは熱いのでタピオカにしました」とのことでした。

場所は二年坂の階段上がった真正面。

木曜は休みですが、11時から営業しています。

京都府京都市東山区清水3丁目340番地
営業時間:11時~16時30分(土日祝は17時30分まで営業)
定休日:木曜日(臨休有り、情報は公式サイトにて)
公式サイト:http://www.tofuokutan.info/


有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます! そこで2019年前半に開業する京都のタピオカドリンク専門店を9店舗まとめてみました。主に河原町周辺での開業が目立っており、まさに河原町は「タピオカ戦国時代」へと突入しているのです。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。