2019年6月24日オープン hana tapioca (ハナ・タピオカ、河原町、タピオカ新店)

京都を席巻中のタピオカ旋風、まだまだ嵐は吹きやみません。なんと、今度は阪急京都線「河原町駅」改札すぐ近くタピオカ新店「hana tapioca」さんが2019年6月24日にオープンしました。マルイの地下一階で四条通の地下道にあるタピオカドリンク店です。

広告

タピオカドリンク店「hana tapioca(ハナ・タピオカ)」が河原町駅の地下道で新店オープン


タピオカドリンク店「hana tapioca」が2019年6月24日に新店オープンしました

タピオカドリンク店「hana tapioca」が2019年6月24日に新店オープンしました

なんと、今度は河原町駅の地下道にタピオカドリンクの新店が開業です。

お店の名前は「hana tapioca (ハナ・タピオカ)」さん。

マルイの地下一階にある「ハナ・カレー」さんが地下道側に設けたスタンド形式のタピオカドリンクコーナーです。

・マルイの地下一階、四条通の地下道「河原町駅」2番出口にあるタピオカドリンク店
・運営は「ハナ・カレー」さんで場所も同じ
・大粒の生タピオカを使っている
・黒糖はオリジナルブレンドのものを使用
マルイの地下一階(地下道側)で開業した「hana tapioca (ハナ・タピオカ)」

マルイの地下一階(地下道側)で開業した「hana tapioca (ハナ・タピオカ)」

オープンは2019年6月24日、大粒の生タピオカを使った新店です(hana tapioca)

オープンは2019年6月24日、大粒の生タピオカを使った新店です(hana tapioca)

こちらの「hana tapioca(ハナ・タピオカ)」さんは、大粒の生タピオカを使用したタピオカドリンクなのが特徴で、人気の「黒糖ミルク抹茶ミルク」もあるタピオカドリンク店となっています。

黒糖もオリジナルブレンドでシッカリとした甘みと香ばしさがあるものだそうで、なかなか期待できそうなお店のようです。

ということで、早速この「hana tapioca(ハナ・タピオカ)」さんの黒糖ミルクを飲んでみたいと思います!

hana tapioca(ハナ・タピオカ)の黒糖ミルクを実食レビュー


hana tapioca(ハナ・タピオカ)の黒糖ミルク

hana tapioca(ハナ・タピオカ)の黒糖ミルク

ということで、2019年6月24日に新店オープンしたばかりの「hana tapioca (ハナ・タピオカ)」さんへ行って来ました。

オープン当日のオープン時間である11時の到着、さすがに地下道ということもあって行列などはなく、開店ひとり目のお客となりました。

飲んだのはいつも注文する「黒糖ミルク」で、こちらはオリジナルブレンドの黒糖に、大粒の生タピオカを使ったタピオカドリンクとなっています。

ミルク感のある重厚タイプになっています(ハナ・タピオカ)

ミルク感のある重厚タイプになっています(ハナ・タピオカ)

味も結構良くて、他のお店が「ミルク感薄いなぁ」と思うお店が多い中、こちらのハナ・タピオカさんではシッカリとしたミルクの風味を感じる黒糖ミルクになっています。

タピオカも確かに大粒のものです。

先日オープンした同じ生タピオカの「モッチャム」さんよりは、やや弾力感のあるタピオカですが、柔らかいタイプのものでしたよ。

イートインはカレー屋さんの方にありました(ハナ・タピオカ)

イートインはカレー屋さんの方にありました(ハナ・タピオカ)

イートインもあって、マルイ店内入ってすぐ左のカレー屋さん一番手前の二名テーブルが使えるようになっていました。

結構な穴場だし、そもそも地下道は地元の人は使うけど観光客は使わないので重宝するかもしれないタピオカ新店だと思いました。

hana tapioca(ハナ・タピオカ)メニューと値段


黒糖タピオカミルクは480円~580円です(ハナ・タピオカ)

黒糖タピオカミルクは480円~580円です(ハナ・タピオカ)

さて、こちらの生タピオカドリンク専門店「hana tapioca(ハナ・タピオカ)」さんのメニューと値段についてです。

黒糖タピオカミルクは「Mサイズ 480円」と「Lサイズ 580円」があり、値段は一般的な価格帯です。

他店と異なるのは「厳選生クリーム」のトッピング(+50円)があることでしょうか。

黒糖タピオカミルク 480円~580円
黒糖ミルクティー 550円~650円
黒糖抹茶ミルク 580円~680円
黒糖ほうじ茶ミルク 530円~630円

hana tapioca(ハナ・タピオカ)営業時間とアクセス方法


hana tapioca(ハナ・タピオカ)さんは、河原町駅の出口2番(マルイ口)にあります

hana tapioca(ハナ・タピオカ)さんは、河原町駅の出口2番(マルイ口)にあります

では「hana tapioca(ハナ・タピオカ)」さんへの行き方(アクセス方法)と営業時間についてです。

前述しましたが、阪急京都線「河原町駅」の地下道沿いで、マルイの地下一階です。

駅改札の近くですが、複数あるので分かりやすくいうと「出口2番(マルイ口)」のところです。

京都の方にはわかりやすい立地ですが、観光客は少なめなので意外に穴場ですよね。

京都府京都市下京区真町68
営業時間:11時~19時
定休日:なし
公式Instagram:https://www.instagram.com/87curry_steak/


有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます! そこで2019年前半に開業する京都のタピオカドリンク専門店を11店舗まとめてみました。主に河原町周辺での開業が目立っており、まさに河原町は「タピオカ戦国時代」へと突入しているのです。


2019年4月19日オープン HELLO!TEA (ハローティー、京都ファミリー店、三十三間堂店)
2019年4月20日新店オープン 茶茶屋 (嵐電 嵐山駅)
2019年4月26日新店オープン THE ALLEY 京都・四条店 (烏丸、京都初進出)
2019年5月1日新店オープン 抹茶共和国MatchaRepublic (京都・河原町)
2019年5月3日新店オープン オツモパール(タピオカ専門店)
2019年5月4日新店オープン 霧社茶町 京都河原町店(MuShaChaMachi)
2019年5月24日新店オープン 辰杏珠 Sinanju 京都寺町店
2019年6月1日新店オープン 瑪蜜黛(momitoy)京都店
2019年6月8日新店オープン 生タピオカ専門店 モッチャム
2019年6月24日オープン hana tapioca (ハナ・タピオカ)
2019年6月27日新店オープン HELLO!TEA 三十三間堂店(ハローティー、東山区)
2018年7月~夏季限定 奥丹清水(豆乳タピオカドリンク 黒糖)
2019年7月4日新店オープン &HANA(四条烏丸、お花のタピオカティー)
2018年7月新店オープン 圓 En (円町、タピオカフルーツフラワーティー)
2019年7月20日オープン タピオカ専門店 hina tea(ヒナティー、出町桝形商店街)
2019年7月26日新店オープン 謝謝珍珠 京都三条通店(シェイシェイパール)
2019年8月9日オープン Unicorn_factory (京都・裏寺町、ユニコーンスイーツ)
2019年8月16日オープン タピックス白梅町店(北野白梅町駅すぐ、生タピオカ専門店)
2019年8月17日オープン タピオカファクトリー琥珀 京都三条木屋町店
2019年8月26日オープン 徳茶 ~お茶とタピオカ専門店~ (京都・河原町、タピオカ新店)
2019年8月29日オープン BOBO TEA (ゼスト御池、台湾・生タピオカ新店)
2019年9月2日 タピオカファクトリー琥珀 同志社前駅店(京田辺市、タピオカ新店)
2019年9月14日 プ.ティーモ(P.teamo、嵯峨嵐山駅南口、タピオカ新店)
2019年9月27日 圓 En (三条高倉、タピオカフルーツフラワーティー)
2019年10月1日 抹茶共和国京都タワーサンド店 (京都駅前)
2019年10月7日 elk 京都河原町店(河原町、タピオカ新店)
2019年10月7日 パールレディ(北大路駅、タピオカ新店)
2019年10月16日 瑠璃茶屋 (京都・祇園、台湾タピオカ専門店)
2019年11月 台湾タピオカ 藏茶 (ZANG CHA、蔵茶、京都・木屋町)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。