2019年前半に開業する京都のタピオカドリンク専門店 9店舗まとめ

有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます! そこで2019年前半に開業する京都のタピオカドリンク専門店を9店舗まとめてみました。主に河原町周辺での開業が目立っており、まさに河原町は「タピオカ戦国時代」へと突入しているのです。

広告

2019年前半に開業する京都のタピオカ専門店 9店舗


有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます!

有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます!

2019年前半の京都で開店したタピオカドリンクのお店(専門店)を一気に紹介します。

京都にタピオカドリンクのお店はいくつもあるのですが、今年は河原町で「タピオカ当たり年」となっており、話題性の高いブランド(お店)の出店が相次ぎました。

特に3月~6月までに開店するお店が多く、9店舗の開業が見込まれています。

今回はそんなタピオカドリンクの専門店を紹介したいと思います。

茶茶屋 (嵐電 嵐山駅)


2019年4月20日新店オープン「茶茶屋」で飲んだタピオカティー

2019年4月20日新店オープン「茶茶屋」で飲んだタピオカティー

・2019年4月20日新店オープン
・嵐電 嵐山駅の構内
・宇治抹茶と台湾茶タピオカ専門店
・値段は480円~660円

嵐電「嵐山駅」構内で2019年4月20日に開業した「茶茶屋」さんです。

宇治抹茶と台湾茶タピオカ専門店で、宇治市ご当地キャラクター「チャチャ王国のおうじちゃま」がイメージキャラクターを務めています。

駅構内ですが嵐電は出入り自由なので、電車に乗らなくても飲むことができます。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

THE ALLEY 京都・四条店


THE ALLEY 京都・四条店 は大丸京都店の西側「東洞院通」で新店オープン

THE ALLEY 京都・四条店 は大丸京都店の西側「東洞院通」で新店オープン

・2019年4月26日新店オープン
・河原町の大丸京都店の西側
・台湾のタピオカミルクティー専門店
・値段は500円~700円

河原町の大丸京都店すぐ西側で2019年4月26日に開業した「THE ALLEY 京都・四条店」さんです。

台湾のタピオカミルクティーで知られ、東京にも数多く店舗がある有名店です。

そのお店が京都初出店ということで、メディアでも話題になりましたが、そのため普通で2時間待ちというお店になってしまいました。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

抹茶共和国MatchaRepublic (京都・河原町)


2019年5月1日新店オープン「抹茶共和国 京都店」

2019年5月1日新店オープン「抹茶共和国 京都店」

・2019年5月1日新店オープン
・木屋町通「立誠図書館」東側
・インク瓶に入った抹茶とタピオカのドリンク専門店
・値段は560円~660円

木屋町通「立誠図書館」東側で2019年5月4日に開業した「抹茶共和国MatchaRepublic」さんです。

インク瓶に入った抹茶とタピオカのドリンク専門店で、本店は宇治市にある人気店です。

オシャレなバッグに入ってテイクアウト専門店として開業しました。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

オツモパール (京都・三条)


黒糖牛乳タピオカが美味しい「オツモパール」

黒糖牛乳タピオカが美味しい「オツモパール」

オススメ店舗!

・2019年5月3日新店オープン
・御幸町三条「ギア専用劇場」南側
・台湾茶と台湾産タピオカ専門店
・値段は470円~700円

御幸町三条「ギア専用劇場」南側で2019年5月3日に開業した「オツモパール」さんです。

台湾茶と台湾産タピオカを扱っており、京都にのみお店があります。

かわいらしいシロクマのマークで知名度も高く、オススメは「黒糖牛乳タピオカラテ 570円」です。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

霧社茶町 京都河原町店(MuShaChaMachi)


霧社茶町 黒糖タピオカラテ 650円(税込702円)

霧社茶町 黒糖タピオカラテ 650円(税込702円)

・2019年5月4日新店オープン
・新京極通「ろっくんプラザ」南側
・台湾茶と台湾産タピオカ専門店
・値段は350円~650円

新京極通「ろっくんプラザ」南側で2019年5月4日に開業した「霧社茶町 京都河原町店(MuShaChaMachi)」さんです。

台湾茶と台湾産タピオカを扱っており、京都にのみお店があります。

オススメは「黒糖タピオカラテ 650円(税込702円)」です。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

辰杏珠 Sinanju 京都寺町店


2019年5月24日新店オープンの「辰杏珠 Sinanju 京都寺町店」

2019年5月24日新店オープンの「辰杏珠 Sinanju 京都寺町店」

・2019年5月24日新店オープン
・四条寺町上がったところすぐ
・台湾タピオカドリンク専門店
・値段は350円~600円

四条寺町上がったところすぐで2019年5月中旬に開業予定の「辰杏珠 Sinanju 京都寺町店」さんです。

原宿のお店は人気で、黒糖タピオカミルクティー(560円)が濃くて美味しいと評判になっていました。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

瑪蜜黛(momitoy)京都店 (河原町)


2019年6月3日新店オープン「瑪蜜黛(モミトイ)」

2019年6月3日新店オープン「瑪蜜黛(モミトイ)」

・2019年6月1日新店オープン
・河原町オーパ西側
・台湾タピオカドリンク専門店
・値段は420円~670円

河原町オーパ西側で2019年6月1日に開業「瑪蜜黛(momitoy)京都店」さんです。

関東に吸う店舗あるお店の京都店で、タピオカミルクティーにジャムやクリームがトッピングされたものが販売されていました。

甘さ控えめですが、タピオカは黒糖で甘く味付けされています。

混んでいないのと値段も少し安いので行きやすいお店です。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

生タピオカ専門店モッチャム 京都店 (三条)


2019年6月8日新店オープン「生タピオカ専門店モッチャム」

2019年6月8日新店オープン「生タピオカ専門店モッチャム」

・2019年6月8日新店オープン
・河原町三条
・生タピオカドリンク専門店
・店内でタピオカを手作りしている

河原町三条で2019年6月8日に開業する「生タピオカ専門店モッチャム 京都店」さんです。

2018年に大阪で開業した生タピオカドリンクのお店で、店内でタピオカを手作りしているのが特徴です。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

hana tapioca (ハナ・タピオカ、河原町)


2019年6月24日オープン hana tapioca (ハナ・タピオカ)

2019年6月24日オープン hana tapioca (ハナ・タピオカ)

・2019年6月24日新店オープン
・河原町駅の2番出口(マルイ地下一階)
・生タピオカドリンク専門店
・イートインがある

阪急京都線「河原町駅」の2番出口で2019年6月24日に開業した「hana tapioca (ハナ・タピオカ)」さんです。

こちらも「生タピオカ」を使用しており、大粒のものが使われていました。

ミルク感のあるタピオカミルクになっており、味も上々。

イートインもあるし、地下道なので暑い京都では便利なタピオカドリンク専門店となっています。

※このお店が気になったら、こちらで詳細情報を記事にしていますので、ぜひご覧になってみてください。

2019年前半に開業する京都のタピオカ専門店 9店舗まとめ


ということで「2019年前半に開業する京都のタピオカ専門店 9店舗まとめ」でした。

京都最大の繁華街「河原町」で若い層をターゲットにしたお店がほとんどで、寺町通や新京極通といった若者が多いストリートでの出店が目立ちました。

以下に各店舗のレビューなどを掲載していますので、気になったお店があったらご覧になってみてください。


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。