2019年5月1日新店オープン 抹茶共和国MatchaRepublic (京都・河原町)

宇治市にある「抹茶共和国」の京都店「抹茶共和国MatchaRepublic」が2019年5月1日新店オープンとなっています。場所は木屋町の立誠図書館前で、木屋町通沿いになります。宇治市の本店は各種メディアで紹介されるなど話題となったカフェです。

広告

抹茶共和国MatchaRepublic が2019年5月1日新店オープン


2019年5月1日新店オープン「抹茶共和国 京都店」

2019年5月1日新店オープン「抹茶共和国 京都店」

2019年5月1日「抹茶共和国MatchaRepublic」が新店オープンすると告知されています。

木屋町通の立誠図書館前のテナントです。

インク瓶に入った「抹茶インク」で知られています

インク瓶に入った「抹茶インク」で知られています

インク瓶に入った「抹茶インク」という飲み物で知られており、宇治市の本店は各種メディアで紹介されるなど話題となったカフェです。

オープンした「抹茶共和国」2019年5月2日撮影

オープンした「抹茶共和国」2019年5月2日撮影

2019年5月1日にオープンでしたが、翌日に訪問してみました。

まだ開店したばかりなので、行列することなく話題の「抹茶インク」を購入することができました。

持ち帰り専門店です

持ち帰り専門店です

メニューと値段(抹茶共和国)

メニューと値段(抹茶共和国)

値段は510円~660円、量はかなり少ないのでやや割高感があるのですが、ガラス瓶や手提げ袋がオシャレなので、それくらいの値段にはなると思います。

今回は「NO.9 岩塩チーズバブル抹茶ラテ 660円」を飲んでみたいと思います。

抹茶インク 実食レビュー


タピオカ入りを購入、太いストローで吸い上げます

タピオカ入りを購入、太いストローで吸い上げます

ということで、こちらが「岩塩チーズバブル抹茶ラテ」です。

チーズのムースに抹茶ラテとタピオカの組み合わせ、チーズも甘く美味しいドリンクになっています。

ただ、インク瓶で中身はトロッとしているので全部キレイに飲むのは至難の技かなと思いました。また、驚くほど早くなくなります。

飲み物としてはどうかなぁと思いますが、話題性はあるのでOKとしましょう。

抹茶共和国MatchaRepublic 営業情報


場所は立誠図書館のお向かいです(抹茶共和国 京都店)

場所は立誠図書館のお向かいです(抹茶共和国 京都店)

この「抹茶共和国MatchaRepublic」さんの営業時間や定休日についてです。

営業時間は「10時~21時」で定休日は「不定休」のようでした。

住所は「京都府京都市中京区鍋屋町209」付近で、四条通から木屋町通を来たへ徒歩2分程度のところです。

祇園・四条河原町からのアクセスも良い立地です。

京都府京都市中京区鍋屋町209
営業時間:10時~21時
定休日:不定休
公式Twitter:https://twitter.com/MatchaRepublic_
公式サイト:https://www.matcha-republic.com/

抹茶共和国 SNSの口コミや評判(感想)


有名なタピオカドリンクのお店が京都で開店しまくってます! そこで2019年前半に開業する京都のタピオカドリンク専門店を7店舗まとめてみました。主に河原町周辺での開業が目立っており、まさに河原町は「タピオカ戦国時代」へと突入しているのです。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。



主に関西の新店・リニューアルオープンをご紹介します。店舗などをまとめ、それを参考に商品開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。