カフェ efish 閉店@京都・五条「おしゃれカフェの先駆け的な名店」レビュー

おしゃれカフェの先駆け的な名店で、京都の五条にあるカフェ「efish」さんが、2019年10月16日に閉店するそうです。1999年にオープン以来、四条の喧騒を離れた五条大橋の西詰で静かに営業してきました。

閉店の告知を聞いたファンからも残念がる声が多く、慕われてきたカフェだというのがわかります。

広告

カフェ「efish」が閉店


カフェ「efish」が閉店

カフェ「efish」が閉店

鴨川と五条大橋を眺めながら、悠久の時間を感じられたカフェ「efish」さん。

残念ながら、2019年10月16日に閉店すると告知されています。

1999年にオープン以来、お洒落カフェの先駆けとして人気だったお店です。

efish は刻の流れが止まったように感じるカフェ


外は鴨川、左に五条大橋も見えます

外は鴨川、左に五条大橋も見えます

外には五条大橋と鴨川を眺めることができ、刻の流れにフンワリと漂えるようなカフェです。

注文からコーヒーが出てくるまで少し時間はかかりますが、それが気にならない居心地の良いカフェです。

待っている間は木漏れ日の暖かい日差しのもとで、外を眺めたり、本を読んだりして待ちます。

木漏れ日の暖かい日差しのもとで景色を見ながらコーヒーを待ちます

木漏れ日の暖かい日差しのもとで景色を見ながらコーヒーを待ちます

現在のインスタ映カフェの先駆けのようなお店です

現在のインスタ映カフェの先駆けのようなお店です

抹茶スコーンとコーヒー

抹茶スコーンとコーヒー

今回は「抹茶スコーンとコーヒー」をいただきました。

スコーンは520円、コーヒーは480円でした。

スコーン(520円)

スコーン(520円)

コーヒー(480円)

コーヒー(480円)

抹茶のほろ苦い生地にホワイトチョコが練り込んであり、甘味と苦味が絶妙で美味しいスコーンです。

ホロホロと崩れていくので、じっくりユックリ食べていきます。

不思議なのは、結構な時間食べていたのですが、思うほど時間を感じさせないカフェということです。

40分くらいいたのですが、なんか一瞬の出来事だったように思えました。

わかりやすく言えば「居心地の良いカフェ」それが「efish」

わかりやすく言えば「居心地の良いカフェ」それが「efish」

カフェ「efish」営業時間とアクセス方法


静かな五条の鴨川沿いにあるカフェ「efish」

静かな五条の鴨川沿いにあるカフェ「efish」

四条の喧騒から離れた五条の鴨川沿いにあるカフェ「efish」さん、閉店ということなので残念です。

何度も行ったわけではありませんが、駐輪場があるので立ち寄りやすかったカフェです。

営業時間は「10時~22時」で、オープン直後からファンが訪れます。

場所は五条大橋西詰すぐを南へ、小さい橋を渡った木屋町通沿いにあります。

京都府京都市下京区西橋詰町798-1
営業時間:10時~22時
定休日:不定休
公式サイト:http://www.shinproducts.com/(要Flash)

カフェ efish SNSの口コミや評判(感想)


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。