イマデガワカフェ @京都・天神市「25日だけの25円コーヒー」レビュー

京都では25日にだけ25円でスペシャリティーコーヒーが飲めるという謎のカフェがあります。天神さんの日に「100年住宅 ゼロホーム」さんの住宅展示場に出現する「イマデガワカフェ」という屋台です。

当日は、25円で「カンオンドウ(KANONDO)」のコーヒーと「カステラ ド パウロ」の焼き菓子をいただくことができました。

最新情報:直近の開催日は2019年3月25日です。次回は5月25日に実施されます。

天神市の日にだけ突如現れるカフェ「イマデガワカフェ」


天神さんの日限定「イマデガワカフェ」を見つけました

天神さんの日限定「イマデガワカフェ」を見つけました

京都の北野天満宮、毎月25日は「天神市」といってとても大きな屋台などの出店で賑わう青空市が開催されています。

その天神市から少しだけ離れた「100年住宅 ゼロホーム」さんの住宅展示場で、25日だけ出店するという青空カフェがあるのです。

それが「イマデガワカフェ」というお店です。

四条烏丸にある「カンオンドウ(KANONDO)」さんのスペシャリティーコーヒーが、なんと25円で飲めるというカフェで、100年住宅ゼロホームさんとタイアップして開催されるという・・・・

なんともお得すぎるカフェなのです。

25日に25円でコーヒーが飲める「イマデガワカフェ」


25日に25円でコーヒーが飲める「イマデガワカフェ」

25日に25円でコーヒーが飲める「イマデガワカフェ」

この「イマデガワカフェ」さん、毎月開催しているわけではありません。

開催される日は25日の「天神市」の日限定なのですが、開催される時には公式Twitterで告知がされることになっています。

というのは行った後に見たTwitterだったので、25円だとは全く知らずに注文。

値段を聞いたら「25円」ですと言われたものだから、驚いた勢いが余って、ついついTwitterでお知らせしたのが以下のTweetです。

これが「イマデガワカフェ」の25円コーヒー


これが「イマデガワカフェ」の25円コーヒーです

これが「イマデガワカフェ」の25円コーヒーです

ということで、これが「イマデガワカフェ」の25円コーヒーです。

25円では当然コーヒーはありえないのですが、それに焼菓子まで付いて来ました。

コーヒーは前述のように四条烏丸にある「カンオンドウ(KANONDO)」さんのスペシャリティーコーヒーで、この日は「イマデガワカフェ・ブレンド」というブラジルベースの深煎りコーヒーを提供されていました。

有名な「カステラ ド パウロ」の焼き菓子がついてきます

有名な「カステラ ド パウロ」の焼き菓子がついてきます

焼き菓子は「カステラ ド パウロ」言わずと知れた超有名店のものがセットという大盤振る舞いです(毎回このセットかは不明です)。

いくらイベントとはいえ、これはお得すぎるので13時過ぎ頃の訪問でたくさんのお客さんが来ていました。

なお、当日は15時前には完売したようです。

※カステラドパウロの詳細紹介はこちらを参照してください。

イマデガワカフェ 営業時間や場所は?

ということで、この「ゼロホーム今出川住宅展示場」で25日に不定期開催される「イマデガワカフェ」さんですが、11時~16時までが営業時間となっています。

しかし、25円なのですぐに売り切れます。

当日は15時前に再度通った時には完売となっていました。

なので、もし行く場合は早めに行くべきでしょう。

京都府京都市上京区東今小路町1005(MAP
営業時間:11時~16時(売り切れ終了)
開催日:25日(天神市)で不定期開催
公式Twitter:https://twitter.com/zerohome100

イマデガワカフェ このお店の口コミは?


京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログの名前を語って「お墨付き!さんの紹介で来ました」と営業されているグルメ情報サイト関係者がいるとの報告があります。当方とは一切無関係なのでご注意ください。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。