平安郷の紅葉 2017 @京都・北嵯峨「超穴場な紅葉 秋の一般公開」写真

毎年開催されている「聖地 平安郷 秋の一般公開」を見て来ました。今年は、2017年11月23日~26日まで無料公開されており、無料の野点もあります。京都では唯一の「空いている紅葉スポット」とも言える場所で、超穴場な紅葉スポットでもあります。

11月24日でもまだまだ紅葉がキレイでした。

広告

京都 平安郷 秋の一般公開 2017年


京都 平安郷 秋の一般公開は11月23日~26日まで

京都 平安郷 秋の一般公開は11月23日~26日まで

今年も京都・北嵯峨では「聖地 平安郷 秋の一般公開」が開催されています。

2017年11月23日~26日まで公開されており、普段は入れない広大な庭園を見ることができるようになっています。

こちらは宗教法人が管理する聖地で、春・秋には部外者でも無料で入れるようになっているのです。

北嵯峨の山越にある広大な庭園から紅葉を見ることができます

北嵯峨の山越にある広大な庭園から紅葉を見ることができます

平安郷は、北嵯峨の広沢池の東側(山越)にある広大な庭園です。

今の時期だと、ちょうど紅葉を見ることができるのですが、あまり告知されていないこともあって人は少なめです。

そのため、ゆっくりと紅葉を見ることができる「最後の紅葉スポット」とも言える場所なのです。

2016年も紅葉を見に来たので、今回は2度目の訪問です。

平安郷の紅葉写真(2017年11月24日撮影)


人が少ないのでゆっくり紅葉を見ることができます

人が少ないのでゆっくり紅葉を見ることができます

昨年は天気があまり良くなかったのですが、今年は陽が照っていることが多く、キレイな紅葉を見ることができました。

紅葉がたくさん植えられており、広沢池と山の紅葉を共に見ることができます。

入口すぐから紅葉が続き、左回りで野点(のだて)をいただきながら見て回るのが良いでしょう。

入口すぐから紅葉が続きます

入口すぐから紅葉が続きます

京都で唯一空いている紅葉スポット

京都で唯一空いている紅葉スポット

紅葉の道を歩くと広場に出ます

紅葉の道を歩くと広場に出ます

野点会場では無料で抹茶と和菓子がふるまわれています

野点会場では無料で抹茶と和菓子がふるまわれています

東山へ登山して紅葉を見てみましょう


野点会場から2つの山が見えます(写真は遍照寺山)

野点会場から2つの山が見えます(写真は遍照寺山)

野点会場のある広場からは「2つの山」が見えます。

上の写真は「遍照寺山」で、広沢池の北にある山のことです。

昔はこの辺りに「遍照寺」があったようで、今の場所(池の南側)ではなかったようです。

もうひとつが「東山」です

もうひとつが「東山」です

もうひとつが敷地内にある「東山」です。

こちらの山は比較的上りやすい山で登山することもできます

登山道も紅葉がたくさんあって大変キレイな風景でした。

展望台から見る「広沢池、遍照寺山の紅葉」も見た方が良いと思います。

登山道、往復30分かかりません

登山道、往復30分かかりません

山頂から野点会場と広沢池を眺めることができます

山頂から野点会場と広沢池を眺めることができます

ちなみに、昨年(2016年)の紅葉写真もあります。

そちらがかなり詳しく解説してありますので読んでみてください。

開催期間:平成28年11月23日~26日
時間:10時~16時(入場は30分前まで)
入場料:無料
駐車場:あり(無料)
URL:http://www.heiankyo.org/


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。