嵐山の紅葉2017は終了間近@京都「穴場紅葉名所」の写真

今回の「京都紅葉案内」は、京都屈指の観光地「嵐山」の紅葉を紹介します。しかし、誰でも知っている嵐山の紅葉は大混雑だし、半分以上が落葉しています。そこで、今回は嵐山随一の「穴場な紅葉スポット」を紹介します。

嵐山でも一番の絶景を見ることができる展望台があるんです。

広告

京都「穴場紅葉名所」の写真


京都の紅葉ピークはすでに過ぎており終盤です

京都の紅葉ピークはすでに過ぎており終盤です

2017年11月24日の京都は天気も良かったので、嵐山の紅葉を見に行ってきました。

しかし、今年は紅葉があまりキレイではなく、渡月橋から見る紅葉は半分以上が落葉している状況でした。

さらに、今の時期は渡月橋も外国人観光客だらけで大変混雑しています。

ちなみに、地名として言われている「嵐山」というのは山の名前なんです。上の写真が「嵐山」で、並んでいる「イワタ山嵐山カラスヶ岳」を総称して「嵐山」と呼んでいます。

・イワタ山(381m)
・嵐山(360m)
・カラスヶ岳(400m)
・3つの山を総称して「嵐山」という
嵐山「渡月橋」2017年11月25日撮影

嵐山「渡月橋」2017年11月25日撮影

そこで、嵐山の人混みを避けて、穴場の紅葉スポットへと向かうことにしたのです。

その「穴場の紅葉スポット」とは・・・・

嵐山公園亀山地区

です。

紅葉を探して「嵐山公園亀山地区」へ


渡月橋から見た嵐山の「小倉山」

渡月橋から見た嵐山の「小倉山」

上の写真は、渡月橋から見た嵐山の「小倉山」です。

この麓に「嵐山公園亀山地区」があり、そこまではあまり観光客もやってきません。

なだらかな傾斜が続く公園で、紅葉を見ることができるのですが、行くべきは「嵐山公園 亀山地区 展望台」です。

桂川の東側を歩いて公園の入口へ向かいます

桂川の東側を歩いて公園の入口へ向かいます

桂川の東側を歩いて公園の入口へ向かいます。

桂川の渓流下り、お茶屋の紅葉などなど、ここでも見どころはあるのですが、目的地は「嵐山公園亀山地区」の入口です。

入口は山へと続く石段になっているので、そこを登っていきます。

紅葉の穴場「嵐山公園 亀山地区 展望台」


紅葉の穴場「嵐山公園 亀山地区 展望台」から見た紅葉

紅葉の穴場「嵐山公園 亀山地区 展望台」から見た紅葉

公園は広く、ルートがいくつかありますが、上へと登っていけばどのルートからでも「展望台」へ行くことができます。

上がりきったところに「展望台」があり、そこからは桂川を望む絶景を見ることができます。

春なら桜、秋なら紅葉がみられる京都・紅葉の穴場とも言える場所です。

ちなみに、下に見えるのは「星のや京都」というホテルです。

この「嵐山公園 亀山地区 展望台」は、嵐山ではオススメの場所なので、ぜひ行ってみてください。


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。