静原の大銀杏名所 紅葉 2017 @京都 2017年11月10日の写真

2017年の京都・紅葉は、11月10日に見頃を迎えました。結局、例年通りという感じですが、どこも葉が半分くらいでボリュームがありません。そこで、静原の大銀杏を見に行くことにしました。2016年にも紹介していますが、立派な銀杏が真っ黄色に染まっている名所です。

静原の大銀杏」とはいったいどんな銀杏なのでしょうか。

広告

静原の大銀杏名所 紅葉 2017


静原の大銀杏(2017年11月10日撮影)

静原の大銀杏(2017年11月10日撮影)

2017年11月10日の京都は前日よりも明らかに紅葉が進んだ日でした。

紅葉シーズン(11月11日~)直前の、ちょうどよいタイミングで、真っ赤に染まる紅葉が見られた所も多く、天気も良かった事から写真の出来も良い感じとなっています。

上の写真は、京都・静原にある「静原の大銀杏」という場所です。

2016年に、本ブログの「京都秘境ハンター」で紹介して勝手に「静原の大銀杏」と呼んでいるだけですが、ほとんど知られていない場所でもあります。

京都府道40号線から非常に目立ちます

京都府道40号線から非常に目立ちます

西賀茂から大原へと向かう京都府道40号線を走っていると、ひときわ目立つ黄色い銀杏の紅葉が見えます。

他に紅葉が少ない場所ですが、そこだけ鮮やかな色になっていて、そこに「静原神社」というのがあります。

集落の神社で小さいですが、今の時期はちょうど見事な紅葉を見ることができる場所です。

なかなか穴場の場所なので、静かにゆっくりと紅葉を見たい方にはオススメです。

静原の大銀杏名所 基本情報


静原の大銀杏は「静原」集落の奥「静原神社」にあります

静原の大銀杏は「静原」集落の奥「静原神社」にあります

「静原の大銀杏名所」の場所は、静原行きの京都バスか自家用車で行く必要があります。

車の場合は道が狭いので、バイクなどで立ち寄るのがベストです。

バスで行く場合は、一度「出町柳駅」に出てから、34系統という「静原」行きのバスに乗って行くことができます。(路線図

ま、でも普通の方はバスで大原へ行った方が楽しめると思います。

京都府京都市左京区静市静原町223


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。