平安神宮周辺の紅葉 2017@京都「京都市動物園や噴水」もある蹴上エリア

今回の「京都・紅葉 ニュース」は、2017年11月1日の最新紅葉状況「平安神宮」周辺でチェックしてきました。「平安神宮、京都市動物園、岡崎疎水、南禅寺、蹴上インクライン」などがあり、京都市内でも街路樹があるエリアなので紅葉を見ることができます。

京都は街路樹が少ないので、街中で紅葉を見るならこのエリアでしょう。

広告

琵琶湖疎水の紅葉 2017@京都


岡崎(琵琶湖)疎水「水道疎水事務所」(2017年11月1日撮影)

岡崎(琵琶湖)疎水「水道疎水事務所」(2017年11月1日撮影)

今回の「京都・紅葉 ニュース」は、左京区にある岡崎疎水「水道疎水事務所」から「蹴上」方面まで、京都の最新紅葉状況を見に行ってきました。

上の写真は岡崎の「水道疎水事務所」です。

このエリアは京都観光でも代表的なエリアで「平安神宮京都市動物園岡崎疎水南禅寺蹴上インクライン」といった見所の多い場所でもあります。

紅葉の街路樹が並ぶ二条通を通って平安神宮へ


紅葉の街路樹が並ぶ二条通を通って平安神宮を目指します

紅葉の街路樹が並ぶ二条通を通って平安神宮を目指します

岡崎の「水道疎水事務所」から、二条通を通って平安神宮を目指します。

遠くには大文字山方面が見えていますが、山間部の紅葉はあまり見えません。

京都の山は紅葉する木が少ないのが理由なのですが、「京北」などの山間部でも「紅葉をありがたがる風潮がない」ので、京都で紅葉を見るなら整備された市内の並木道や寺社仏閣(特に寺)の方がキレイです。

岡崎公園の紅葉、朱色になってますねぇ

岡崎公園の紅葉、朱色になってますねぇ

岡崎公園から平安神宮を望むと、公園の木々も紅葉していました。

先日の台風21号や22号による雨で、多くの葉が落ちたり、枯れたりしているので、遠目ではわかりませんが近寄ると実はちょっと汚い紅葉だったりします。

この時期に台風が来ると本当に困ります。

平安神宮への参道、ここは針葉樹が並ぶので紅葉はありません

平安神宮への参道、ここは針葉樹が並ぶので紅葉はありません

遠くに平安神宮が見えますが、この参道にあるのは「松」なので紅葉しません

松は「針葉樹」というのですが、これは紅葉しないのです。

中部~東北の方だと、同じ松でも「落葉松(カラマツ)」が多くて、それは黄色く紅葉して落ち葉となる落葉樹です。

京都より東で「山の紅葉」がキレイなのは「落葉松(カラマツ)」が多くなってくるからです。

参考までに長野県のカラマツ紅葉

参考までに長野県のカラマツ紅葉

京都市動物園の紅葉


京都市動物園の紅葉(2017年11月1日撮影)

京都市動物園の紅葉(2017年11月1日撮影)

二条通から岡崎通を南に向かって京都市動物園方面へと向かいます。

疎水の傍らを通っていくと、秋空の中で遠足をする幼稚園の姿などが見られ、京都市動物園の紅葉も少しながら赤くなっているのが分かります。

もう少し進むと「南禅寺舟溜り乗船場」があって、噴水と「琵琶湖疎水記念館」が見えてきます。

京都市動物園の前にある紅葉のオブジェ

京都市動物園の前にある紅葉のオブジェ

京都市動物園の前にある噴水のところに紅葉のオブジェがありました。

すぐ隣には「琵琶湖疎水記念館」もあり、入場無料の施設なので、誰でも入ることができます。

地元の方もよく言いますが、京都は観光地なので食事も高く、寺は拝観料を結構取るので、こういう無料の施設も上手に観光に組み込んでいくと良いです。

琵琶湖疎水記念館


琵琶湖疎水記念館

琵琶湖疎水記念館

琵琶湖疎水記念館にもちょっとだけ紅葉がありました。

2017年11月1日の京都は2日ほど前から急速に冷え込んだ影響からか、紅葉が朱色になっている場所を多く見かけます。

山間部より、京都市内の街中の方が景観を考えて街路樹が植えられていることから、紅葉を見るなら京都市内の方が早く見ることができますので、京都市内を観光されている方は、今から紅葉を見られるチャンスがどんどん増えていきますよ。

京都府京都市左京区南禅寺草川町17
開館時間:9時~17時(3月~11月)、9時~16:30(12月~2月)※入館は30分前まで
休館日:月曜(祝日は開館し翌日閉館)
URL:http://www.city.kyoto.lg.jp/


京都の秋といえば「紅葉」です。京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」では紅葉の穴場の記事も多いのでぜひご覧になってみてください。



京都の穴場案内 「京いってみた」 や「京都秘境ハンター」。京都の知られざる名所を開拓し、それを参考に観光開発や起業が行いやすくすることが目的です。地元経済への貢献も目標となっています。起業家や行政担当者の方は、ぜひ参考にしてください。


広告

最新記事はトップページで!

京都発・地方が盛り上がるグルメや観光に撮影ロケ地の話題を提供!


購読するならRSSをご利用ください!

RSSはこちらをご利用ください。


マスコミ各社様の記事使用規約についてはこちらをご覧ください。

当ブログでは掲示板やSNSなど他メディアでURLや記事を紹介することはございませんので、掲示板などで記事を紹介されていても一切無関係です。誤解なきようお願いいたします。
当ブログで転載しているTweetはTwitter社の規約(2013/10)に準じた形式(API利用)によって許可された範囲で行われています。また、Tweet内容の所有権はTwitter社の規約によりTweet元のアカウント所有者にあります。そのため、当ブログでその所有権を主張するものではありません。Tweet内容については責任は負いませんので予めご了承ください。